S-MAX

LINEPay

ミニストップでスマホを利用したQR・バーコード決済が12月17日より利用可能に!楽天ペイおよびPayPay、LINE Payが対応し、各サービスでキャンペーンも実施


ミニストップが12月17日より楽天ペイ・PayPay・LINE Payに対応!

ミニストップは3日、全国のコンビニエンスストア「ミニストップ」(2018年10月末時点で2225店舗)にて2018年12月17日(月)0時より新たな決済手段として注目を集めているスマートフォン(スマホ)を活用したコード払いを導入すると発表しています。

対応するコード払は「楽天ペイ(アプリ決済)」および「PayPay」、「LINE Pay」となっており、導入に合わせて各コード払いにてキャンペーンが実施されますが、PayPayについてはすでに「100億円あげちゃうキャンペーン」の還元額が100億円に到達したため、ミニストップで利用できる前に12月13日に終了しています。

その他のキャンペーンは、楽天ペイでは常時開催ですが、はじめて利用する人を対象にエントリー後、同月内に合計支払額が5,400円(税込)以上で「楽天スーパーポイント」を1,000ポイントプレゼント、LINE Payではコード払いを利用すると通常のポイント還元率(0.5〜2%)に「+3%」を2019年7月31日(水)まで上乗せして還元します。

なお、LINE Payではさらに別途、支払額の20%還元する「Payトクキャンペーン」を2018年12月31日(月)まで実施しており、併用可能とのことなので最大25%還元となります。還元はLINEポイントとなりますが、LINEポイントは1ポイントからLINE Pay残高に1ポイント=1円で交換できるので、交換すれば買い物や送金などに利用可能です。

続きを読む

LINE Payが20%還元するキャンペーン「Payトク」を12月末まで実施!ローソンやファミマ、ジョーシン、ロフト、ZOZOTOWNなどで利用可能。PayPayの100億円あげちゃうは終了


LINE Payも20%還元キャンペーンをスタート!年内の買い物がお得に

LINE Payは14日、コミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( https://line.me )上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」( https://line.me/pay )において期間中いつでも20%還元が受けられる「【2018年もありがとう】Payトクキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

対象店舗は街中では街中のお店では、全国のローソンやファミリーマートのほか、ジョーシンやLOFT、Right-on、和民、白木屋、笑笑、金の蔵、阪神百貨店、阪急百貨店などとなっており、またオンラインでは「ZOZOTOWN」や「honto」など、さらに「請求書支払い」での利用も対象となるとのこと。

期間は2018年12月14日(金)から12月31日(月)まで。キャンペーンは事前の申し込みなどは不要で、買い物に時にLINE Payの「コード支払い」またはオンライン決済、請求書支払いのいずれかで支払うだけとなっています。ただし、LINE Pay カードやLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay(QUICPay+)での支払いは対象外。

また還元上限は5,000円分(支払額25,000円分)までで、還元時期は2019年2月中を予定。なお、LINE Payが実施している「マイカラー」のポイントや2019年7月末までの「コード支払い」に+3%を上乗せするキャンペーン、その他に実施しているキャンペーンも併用可能となっています。

続きを読む

LINEが決済プラットフォーム化を加速!LINE PayとWeChatPay・Naver Payが連携、みずほとともに銀行「LINE Bank」や信用情報「LINEスコア」、ローン「LINEポケットマネー」などを提供


LINEがフィンテック事業領域を他社との連携によってさらに拡大!

LINE Corp.は27日、都内にてFintech事業領域における今後の戦略・新規構想に関する戦略発表会「LINE Financial Conference」を開催し、子会社のLINE FinancialやLINE PayがFintech事業における今後の戦略および新規構想を発表し、JapanTaxiやみずほフィナンシャルグループと提携するほか、訪日旅行者(インバウンド)向けに国内の電子決済加速のための「LINE Pay Global Alliance」などを発表しています。

これにより、JapanTaxiの広告タブレットや決済機付きタブレットを備えた全国のタクシーにおいて決済サービス「LINE Pay」による支払いが2018年12月10日(月)より可能となり、みずほ銀行の協力の元で銀行業に参入して「LINE Bank」を提供するほか、独自の個人向けスコアリングサービス「LINEスコア」および個人向けローンサービス「LINEポケットマネー」を提供していく予定だとのこと。

またLINE Pay Global Allianceでは、2019年早期にLINE Payと中国の「WeChatPay」の連携を開始し、その後にLINE Payと韓国の「Naver Pay」とのサービス間の連携も年内に対応していく予定だということで、さらに日本および台湾、タイ、インドネシアの各国で独立して展開していたLINE Payを統合していくとしています。

続きを読む

決済サービス「LINE Pay」がAndroidではお店のQUICPay+対応レジで“かざす”だけで支払い可能に!LINEポイント1000ポイントがもれなくもらえるキャンペーンも実施中


LINE PayがAndroidならかざして支払えるように!Google PayにQUICPayを登録することで実現

LINE Payは22日、コミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( https://line.me )上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」( http://line.me/pay )においてAndroid搭載製品で2018年11月21日(水)より非接触電子マネーサービス「QUICPay(クイックペイ)」での支払いが可能になったと発表しています。

これにより、Android向けスマートフォン(スマホ)用「LINE」アプリ内のLINE Payのメインメニューから登録することで、QUICPay+に対応する街中の店舗でスマホをかざして支払うことが可能になっており、店員には「QUICPayで支払う」と伝えます。なお、利用するにはおサイフケータイ(FeliCa)対応のAndroid搭載機種が必要です。

合わせて同社では『「Google Pay(QUICPay)」連携開始記念キャンペーン』を2018年11月21日(水)~2018年12月31日(月)まで実施し、AndroidスマホでLINE Payアカウントを「Google Pay」に登録完了した人にもれなく初回登録時に限って一律「LINEポイント」を1,000ポイントをプレゼントしています。

なお、LINEポイントは利用登録が確認され次第すぐに連携したLINEアカウントに付与されますが、ポイント受け取りに時間がかかることがあるとしています。LINEポイントは1ポイント1円分のLINE Pay残高として街中の店舗やオンラインショッピング、LINEの友だち間での送金などに利用可能。

さらにLINE Payではお金の流通で生じる時間や手間、手数料などさまざまな摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけていくとし、将来のキャッシュレス・ウォレットレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることをめざすということです。

続きを読む

LINEで毎日の収支の入力が簡単にできるスマホなど向け家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」が提供開始!専用のiPhone・Androidアプリも用意


LINEで手軽に家計簿・資産管理ができる「LINE家計簿」がスタート!

LINE小会社のLINE Payは13日、新たにスマートフォン(スマホ)など向け家計簿・資産管理サービス「LINE家計簿」( https://planner.line.me )を2018年11月12日(月)より提供開始したと発表しています。

LINE家計簿は、コミュニケーションサービス「LINE」( https://line.me )上から利用できるLINE版とiPhoneおよびAndroidに対応したアプリ版が用意されており、どちらも無料で利用可能です。

これにより、LINE PayではLINE家計簿がLINEのさまざまな金融サービスのハブとなってお金の流れを可視化し、決済や収支の管理はもとより、賢く効率的な貯蓄を可能にして資産形成・資産運用をサポートする家計簿・資産管理サービスをめざすとのこと。

なお、LINE家計簿では今後、家族や恋人などのLINE上の友だちと一緒に貯金や収支・資産が共有できるグループ機能も予定しているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。