S-MAX

Lenovo

Lenovo、Googleの奥行き計測による3Dマッピングカメラ「Project Tango」に世界初対応したスマホ「PHAB2 Pro」を発表!海外では9月発売で、約5.3万円に――PHAB2とPHAB2 Plusも


世界初のGoogle Project Tangoによる立体認識カメラに対応したスマホ「Lenovo PHAB2 Pro」を発表!

Lenovo(レノボ、聯想)は9日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにて報道関係者向け発表会「Lenovo Tech World 2016」を開催し、Googleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応する世界初のスマートフォン(スマホ)「PHAB2 Pro」を発表しています。

グローバル市場で今年9月から発売予定で、SIMフリーモデルの価格が499ドル(約53,000円)から。現時点で日本での発売ついては明らかにされていません。

また、同時にデュアルカメラモデル「PHAB2 Plus」と通常モデル「PHAB2」も発表しており、価格は同じくSIMフリーでPHAB2 Plusが299ドル(約32,000円)から、PHAB2が199ドル(約21,000円)からとなっています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB2 501LV」を3月中旬以降に発売!LTEとAXGPに対応した低価格モデル


低価格タブレット「Lenovo TAB2 501LV」がY!mobileからも登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は9日、Y!mobile向け約8.0インチWXGA(800×1280ドット)IPS液晶(最大1677万色表示)を搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用タブレット「Lenovo TAB2(型番:501LV)」(レノボ製)を2016年3月中旬以降に発売すると発表しています。

海外向け「Lenovo TAB2」をベースに「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)だけでなく、「SoftBank 4G」(TD-LTE互換AXGP方式)にも対応した「Hybrid 4G LTE」モデルで、SoftBank向けに「2015-2016冬春モデル」として昨年11月に発売したモデルがY!mobileからも発売されます。

続きを読む

タブレットモードに変化するモバイルワークステーション「ThinkPad P40 Yoga」や大画面タッチパネルPC「Yoga Home 900」を写真と動画で紹介【レポート】

レノボのThinkシリーズを紹介!

レノボ・ジャパンは19日、都内にて「Thinkシリーズ新製品発表会」を開催し、法人向け新製品を披露した。発表会ではThinkシリーズの堅牢性やユーザビリティをもつノートPCの新製品や周辺機器などの展示。

ThinkPadのモバイル製品は重量1.3Kgの11.6インチ、12.5インチ、14インチのモデルがあり、その中でも薄型14インチモデルが増加傾向にあのだという。特に14インチは「ThinkPad X1 Carbon」が貢献しているそうで、今後は14インチモデルにもフォーカスしていくと明かした。

今回は展示会で実際に触ることができた14インチのモバイルワークステーション「ThinkPad P40 Yoga」、27インチ2-in-1マルチモードPC「YOGA HOME 900」を使ったビジネスソリューションを紹介していく。


続きを読む

今後も「Motorola」ブランドは継続!Lenovoは「Moto」と「Vibe」シリーズに注力し、Motorola Mobilityも会社として存続――一部メディアの報道を否定


Motorolaブランドは今後も継続に!

Motorola Mobilityは8日(現地時間)、一部メディアで系他電話から「Motorola」ブランドが徐々に消えていくと報道された件について今後も継続することを公式ブログにて案内しています。

現在、Motorola Mobilityは親会社がGoogleからLenovoに移って完全子会社として、スマートフォン(スマホ)ではLenovoの「Vibe」シリーズ、Motorola Mobilityの「Moto」シリーズを展開しています。

ブログでは今後もこれらの2つのVibeとMotoのシリーズに注力するとし、さらに会社としてもMotorola Mobilityを継続するとしています。なお、中国ではVibeシリーズは以前に紹介したように「Le Meng(楽檬)」(「レモン」の意)として展開しています。

続きを読む

Lenovo、3Dマッピング可能な「Google Project Tango」対応スマホを今夏に発売へ!北米を含むグローバルで出荷し、初の一般販売モデルで価格は6万円以下を予定


レノボがGoogle Project Tango対応スマホをCES 2016で披露!

Lenovoは7日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(水)から9日(土)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2016 International CES(CES 2016)」にてGoogleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応するスマートフォン(スマホ)を発表しています。

発表が行われたアメリカを含む北米を中心にグローバル市場で今夏に発売を予定し、価格は500ドル(約59,000円)以下になる見込み。Project Tangoはこれまでにも開発者向けの「Project Tango Smartphone」や「Project Tango Tablet」が提供・販売されてきましたが、初の一般販売モデルとなります。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けHybrid 4G LTE対応8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB2 501LV」を写真と動画でチェック!タブレットずーっと割適用で低価格で使える【レポート】


SoftBank向けタブレット「Lenovo TAB2 501LV」を写真と動画で紹介!

既報通り、ソフトバンクは20日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」のうちの手軽に持ち歩けるSoftBank向け8インチタブレット「Lenovo TAB2(型番:501LV)」(レノボ製)を2015年11月27日(金)に発売すると発表した。

SoftBank向けでは初のレノボ製品で、海外向け「Lenovo TAB2」をベースに「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)と「SoftBank 4G」(TD-LTE互換AXGP方式)にも対応した「Hybrid 4G LTE」モデルだ。

特長としては画面占有率77%の狭額縁デザインで片手で気軽に持ち歩けるタブレットながら、本体前面にデュアルスピーカーを搭載することで、迫力のある音量が出せ、画像処理エンジン「MiraVision」によって明るく、コントラストの高いディスプレイで映像や音楽を楽しむことができるようになっている。

また、発売に合わせて現在提供中の「タブレットずーっと割」のキャンペーン期間を延長し、Lenovo TAB2もキャンペーンの対象機種となるため、本体代金込みで月々の利用料込みで安く利用できるようになるのも魅力となる。今回は発表会終了後の展示会場でLenovo TAB2 501LVを試すことができたので、写真と動画でレポートしていく。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けHybrid 4G LTE対応8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB2 501LV」が11月27日に発売!タブレットずーっと割を延長して対象に


SoftBank向けタブレット「Lenovo TAB2 501LV」が11月27日に発売!

ソフトバンクは20日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」のうちの手軽に持ち歩けるSoftBank向け8インチタブレット「Lenovo TAB2(型番:501LV)」(レノボ製)を2015年11月27日(金)に発売すると発表しています。

また、発売に合わせて現在提供中の「タブレットずーっと割」のキャンペーン期間を延長し、Lenovo TAB2もキャンペーンの対象機種となります。

さらに公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」よりLenovo TAB2」(レノボ製)向けの専用アクセサリー2種4アイテムを発売に合わせて販売開始し、すでに予約受付を開始しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB2 501LV」を発表!LTEとAXGPに対応した低価格モデルで、Netflixなどのマルチメディアアプリをプリイン


SoftBank向けタブレット「Lenovo TAB2 501LV」を発表!

ソフトバンクは8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、SoftBank向けに約8.0インチWXGA(800×1280ドット)IPS液晶(最大1677万色表示)を搭載したAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用タブレット「Lenovo TAB2(型番:501LV)」(レノボ製)を発表しています。発売時期は2015年11年下旬を予定。

SoftBank向けでは初のレノボ製品で、海外向け「Lenovo TAB2」をベースに「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)だけでなく、「SoftBank 4G」(TD-LTE互換AXGP方式)にも対応した「Hybrid 4G LTE」モデル。

画面占有率77%の狭額縁デザインで片手で気軽に持ち歩けるタブレットながら、本体前面にデュアルスピーカーを搭載することで、迫力のある音量が出せるほか、画面は画像処理エンジン「MiraVision」によって明るく、コントラストの高い画面で映像や音楽を楽しむことができるようになっています。

また、日本で開始されたばかりでソフトバンクが取り扱いを行っている定額制映像配信サービス「Netflix」のアプリをプリインストールしているほか、これらのコンテンツ利用を促進することを含めて戦略的に価格を低めに設定して販売するということです。

続きを読む

レノボ、Androidスマホ「Lenovo K80」を発表!中国市場向けで、64bit対応Intel Atomプロセッサーや4GB内蔵メモリー搭載モデルもラインナップ


4GB RAM搭載スマホ「Lenovo K80」が発表!

Lenovo Mobile Communication Technology(聯想移動通信科技、以下、レノボ)は22日(現地時間)、Androidを採用したスマートフォン(スマホ)の最新モデル「Lenovo K80」を中国市場向けに発売すると発表しています。

先日日本でも発売することが発表されたASUSTeK Computer(以下、ASUS)製「ZenFone 2」に続き、64bit対応Intel製Atomプロセッサー「Silvermont」(最大1.8GHz)や4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したモデルとなっています。

なお、ZenFone 2と同様に通常モデルと高機能モデルが用意されており、通常モデルは2GB内蔵メモリーおよび32GB内蔵ストレージ、高機能モデルは4GB内蔵ストレージおよび64GB内蔵ストレージとなっています。

価格および発売日は通常モデルが1,499人民元(約29,000円)および2015年4月30日(木)、高機能モデルはともに未定。

続きを読む

レノボ・ジャパンが日本のスマホ市場に2015年後半に参入へ!MWC 2015で重要なパートナーとの打ち合わせで決定


Lenovoが日本のスマホ市場に参入へ!

レノボ・ジャパンは26日、Lenovo(レノボ)傘下のNECパーソナルコンピュータの米沢事業場(山形県米沢市)で企業向けサーバーを生産する発表会において2015年内に日本国内におけるスマートフォン(スマホ)市場に参入することを発表しています。発表会に参加した複数のメディアが伝えています。

これまでにも何度かLenovoが日本のスマホ市場に参入することが伝えられていましたが、今回は公式にかつ具体的な時期も含めて明らかにされました。

具体的な内容は後日発表予定としながらも、参入時期は2015年半ばから後半とし、今月にスペイン・バルセロナにて開催された「Mobile World Congress 2015(MWC 2015)」(上記写真はそのときのLenovoブース)にて重要なパートナーと打ち合わせをして決めたとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。