S-MAX

Lenovo

Googleが開発する3Dカメラ「Tango」に世界初対応!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」の実力は?内蔵アプリなどの基本機能やベンチマークを紹介【レビュー】


レノボのSIMフリースマホ「Phab 2 Pro」を1週間ほど利用してみました!

Googleが開発を進める3Dカメラ機能「Tango」に世界初対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)がレノボ・ジャパンから12月2日に予約販売開始されました。

筆者も購入してこれまでに開封レポートやTangoアプリのユーティリティー編ゲーム編を紹介してきました。Tangoアプリは特にゲームではまだまだこれからといった感じで今後に期待したいところです。

さて、それとは別に早くもPhab 2 Proを手に入れてから1週間以上経ち、その間、毎日持ち歩き、紹介したTangoアプリを含めて楽しんできましたが、一方で使っていて気づいたこともありました。そこで今回は「SIMフリースマホとしての実力は?」ということで基本機能や性能などに触れておきたいと思います。

続きを読む

世界初の3Dカメラ「Tango」対応のゲームアプリを紹介!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」で遊んでみた【レビュー】


Tangoを活かしたゲームって?Lenovo Phab 2 ProでAR以外のアプリを紹介

レノボ・ジャパンから12月2日に予約販売が開始された世界初の3Dカメラ機能「Tango」に対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)。これまでに開封レポートで外観や同梱物を紹介し、前回は注目のTangoアプリのユーティリティー編として実用系アプリを紹介しました。

しかし、Tangoの技術の汎用性はわかりやすい実用系のみにはとどまりません。そこで今回は、Tangoにより性能向上が見込まれるAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活かしたゲームアプリを紹介していきたいと思います。

開封レポート時からARやVR、そしてMR(複合現実)の要素技術としてTangoがよりそれらの分野における性能(主にトラッキング)を向上させることについて触れましたが、では同分野で現在主流のアプリやゲームではどう活かされているのか、以下に3つほど試したアプリを紹介させていただきます。

続きを読む

3Dカメラ対応の6.4インチ大画面SIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」の注目「Tango」アプリをチェック!まずはユーティリティー編【レビュー】


3Dカメラ「Tango」アプリをご紹介!まずは実用系のユーティリティーから

Googleが開発を進める3Dカメラ技術「Tango」に世界初対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)が日本でも12月2日に予約販売開始されました。

筆者も購入し、前回はまず開封レポートとして外観や同梱物の紹介をしました。スマホとしては大型な6.4インチ画面を搭載し、メタルな外観、そしてイヤホンなどミドルからミドルハイクラスのものとしては比較的充実した内容だったように思います。

そこで今回は改めまして、目玉機能の3Dカメラを使った「Tango」アプリについてご紹介させていただきます!本記事では主にTangoアプリの中でもユーティリティー系を中心にチェックしていきます。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB3 602LV」を12月22日に発売!手軽に持ち歩けるサイズの低価格モデル


Y!mobile向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB3」が発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は15日、今冬から来春にかけて発売を予定している「2016-2017冬春モデル」のうちのY!mobile向け約8インチWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したAndroidタブレット「Lenovo TAB3(型番:602LV)」(レノボ製)を2016年12月22日(木)に発売すると発表しています。

片手で持てる小型サイズで手軽に持ち歩ける上に、4290mAhバッテリーで電池持ちも良く長時間使えるモデルとなっています。なお、同製品はSoftBank向けにもLenovo TAB3(型番:601LV)として12月2日よりすでに販売しています。

続きを読む

世界初の3Dカメラ「Project Tango」対応!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」を購入――本体外観や同梱物などをチェック【レビュー】


世界初!Project Tango対応スマホが日本国内でもとうとう出荷

Googleが開発を進める3Dカメラ技術「Project Tango」に世界初対応の一般製品となるスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)がとうとう日本でも12月2日に予約販売開始されました。

筆者もさっそくレノボ・ジャパンの直販で予約購入を行い、当初は早ければ到着が12月8日と注文ステータスにあったものの、その後、出荷も遅れてようやく12月16日頃に続々と日本での購入者の到着連絡がありました。

ご多分に漏れず筆者も同様に無事12月16日に受け取れました。そこで今回は、まずはPhab 2 Proの開封レポートとして本体外観や内容物などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

SoftBank向けに発売された8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB3」の価格を紹介!本体価格3万5280円で実質0円に――タブレットずーっと割も適用可能


SoftBank向け8インチタブレット「Lenovo TAB3」の価格をチェック!

ソフトバンクから12月2日に発売されたSoftBank向け「2016-2017冬春モデル」のうちの約8インチWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したAndroidタブレット「Lenovo TAB3(型番:601LV)」(レノボ製)。

片手でも持てるコンパクトサイズで手軽に持ち歩けるほか、4290mAhバッテリーで電池持ちも良く長時間使える低価格モデルとなっています。今回、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて価格が案内されていましたので紹介したいと思います。

続きを読む

レノボ、Googleの3Dマッピングカメラ「Project Tango」に初対応したSIMフリーの6.4インチスマホ「PHAB2 Pro」を12月2日に発売!価格は4万9800円に


レノボが初のTango対応スマホ「PHAB2 Pro」を12月2日を発売!

レノボ・ジャパンは2日、Googleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応する世界初のスマートフォン(スマホ)「PHAB2 Pro」を2016年12月2日(金)に発売すると発表しています。

SIMフリーで、価格はオープンながら直販販売価格が49,800円(税抜)。今年9月に日本で発売することが発表されたときには、11月下旬に予約販売開始予定とされていましたが、若干遅れた12月2日に正式に決定しました。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB3」を12月2日に発売!手軽に持ち歩けるサイズの低価格モデル


SoftBank向け8インチAndroidタブレット「Lenovo TAB3」が発売!

ソフトバンクは29日、今冬から来春にかけて発売を予定している「2016-2017冬春モデル」のうちのSoftBank向け約8インチWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したAndroidタブレット「Lenovo TAB3(型番:601LV)」(レノボ製)を2016年12月2日(金)に発売すると発表しています。

片手でも持てるコンパクトサイズで手軽に持ち歩けるほか、4290mAhバッテリーで電池持ちも良く長時間使える低価格モデルとなっています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け初のWindows 10 Mobileスマホ「503LV」を11月11日に発売!Continuum対応で法人向けモバイルソリューションを提供


SoftBank向けWindows 10 Mobileスマホ「503LV」が11月11日に発売!

ソフトバンクは1日、携帯電話サービス「SoftBank」において法人向けに「Windows 10 Mobile」を採用した約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶搭載スマートフォン(スマホ)「SoftBank 503LV」(レノボ製)を2016年11月11日(金)に発売すると発表しています。

当初は10月下旬発売予定でしたが若干遅れました。なお、ソフトバンクがWindows 10 Mobileスマホを発売するのは初めてで、日本国内の大手携帯電話会社(MNO)向けのレノボブランドスマホも初となります。

続きを読む

拡張機能「Moto Mods」が楽しい!本日発売の新しいSIMフリースマホ「Moto Z」と「Moto Z Play」の外観や基本仕様などをじっくり使って紹介【レビュー】


MotorolaのSIMフリースマホ「Moto Z」と「Moto Z Play」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから本日10月19日に発売された新しいMotorola Mobility(以下、モトローラ)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto Z」および「Moto Z Play」。

まずはじめに筆者の感想を書いてしまうが、Moto ZとMoto Z Playは「触ると欲しくなるスマホ」だった。ライターとしてこれまでにもたくさんのレビュー用貸出機を試してきたが、正直、こんなに試して面白い機種は久しぶりだ。

Lenovoブランドになったモトローラだが、Moto Zシリーズのその思想は明らかにモトローラのDNAを受け継いでいる。きっと、往年のモトローラファンの人たちもMoto ZとMoto Z Playは認めてくれるに違いない。

そんな少々興奮気味で申し訳なく思うが、今回から数回に分けて、Moto ZとMoto Z Playの両機のレビューをお届けしようと思う。まずは外観およびスペックを確認しつつ、ベンチマークなどでそのフラッグシップたるやを確認してみたいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。