S-MAX

Lumia520

日本ではパッとしないけど?GSMAがベストスマホに「HTC One」、最も革新的なメーカーにLGを表彰――ベストタブレットは「iPad Air」に


GSMAが2014 Global Mobile Awardsを発表!

現在、スペインのバルセロナで2014年2月27日(木)まで開催されている世界最大のモバイル関連イベント「Mobile World Congress 2014(MWC 2014)」。このMWC 2014を主催する携帯電話関連の業界団体である「GSMA(GSM Association)」が優れた製品や企業などを表彰する「2014 Global Mobile Awards」を発表しています。

2014 Global Mobile Awardsでは幅広い領域で賞が用意されていますが、その中で最も注目すべきベストスマートフォン(スマホ)には「HTC One」が、低価格スマホ部門では「Nokia Lumia 520」が、ベストエントリーレベルフィーチャーフォン(ケータイ)部門には「Nokia 105」が選ばれています。

また、ベストタブレットは「Apple iPad Air」が、最も革新的なメーカーはLG Electronics(LGエレクトロニクス)が受賞しています。

さらに、ここ最近では日本でも最も注目されているLTE規格に最も貢献した企業として韓国の移動体通信事業者であるSK TelecomとKTがそれぞれ商用LTE-Advancedネットワークが評価されて移動通信帯全体の技術への貢献とともに選ばれています。

続きを読む

Windows Phone 8を採用したNokiaの最新スマートフォン「Lumia 520」を開封!本体や付属品などを写真でチェック【レポート】

0c3afec8.jpg

Nokiaの新しいWP8スマホLumia 520を開封!

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも以前お伝えしたが、今年2月にNokia(ノキア)が発表した新しいスマートフォン「Lumia 520」は、マイクロソフトのモバイル向けOS「Windows Phone 8」(以下、WP8)を搭載したモデルだ。

Lumia 520はWP8の普及促進をめざした低価格帯モデルで、海外では発売が開始されたようだが、残念ながら日本国内での販売は予定されていない。

そこで今回は日本国内で、このLumia 520を購入するために、SIMフリーのスマートフォンやタブレットなど海外モデルを多数扱うオンラインショッピングサイト「EXPANSYS(エクスパンシス)」を利用して入手した。無事に手元に届いたので、開封レポートをお届けする。

続きを読む

Nokia、新しいWindows Phone 8スマホ「Lumia 720」と「Lumia 520」を発表!MWC2013にて展示中

2224b278.jpg

Lumia 720とLumia 520が発表!

Nokia(ノキア)は25日(現地時間)、マイクロソフトのスマートフォン向け最新プラットフォーム「Windows Phone 8」を採用した新しいモデル「Lumia 720」および「Lumia 520」を発表しています。それぞれWindows Phone 8の普及促進をめざし、低価格帯モデルとなっており、Lumia 720の市場予想価格が249ユーロ、Lumia 520のし上予想価格が139ユーロとなっています。

また、発表に合わせ、2013年2月25日(月)からスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC2013)」にて展示が行われているとのこと。

さらに、スマートフォンでカバーできないさらなる低価格帯市場などに向けたSymbianOSを採用する「Nokia 301」および「Nokia 105」も発表されています。Nokia 301がデュアルSIM対応で、2013年第2四半期に発売予定で、市場予想価格が65ユーロ、Nokia 105がさらに低価格モデルで、市場予想価格15ユーロとなっています。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。