S-MAX

MIL

京セラ製タフネススマホがよりスマートなデザインに!低価格なミドルクラスのSoftBank向け「DIGNO F」とY!mobile向け「DIGNO E」を写真と動画でチェック【レポート】

dignof-001
タフネスな双子スマホがSoftBankとY!mobileから登場!DIGNO FとDIGNO Eを写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクは5月11日、今夏に発売予定のSoftBank向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を発表しました。

また、5月24日にはソフトバンクおよびウィルコム沖縄が同じ製品を「Y!mobile」向け「DIGNO E(型番:503KC)」として発表。DIGNO Fは6月中旬以降に発売予定、DIGNO Eは6月10日(金)に発売されます。

ソフトバンクでは今夏モデルについて大規模な発表会を行わない方針としたことからこれまで試作機などに触れる機会がありませんでした。

そこで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではソフトバンク本社まで取材に出向き、その試作機に触れることができましたので、今回はDIGNO FとDIGNO Eをまとめて写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」を発表!かんたんビギナーホームやケータイ入力に対応し、フィーチャーフォンからの乗り換えでも安心に


SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」が発表!

ソフトバンクは11日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月下旬以降を予定し、発売に先立って2016年5月17日(火)よりソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施するとのこと。

また、2016年夏商戦向けスマホを購入した人の中から抽選で合計1万人に公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」製品など好きな商品をプレゼントする「選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン」を対象機種の発売日より2016年9月11日まで実施します。

防水・防塵やアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能に加え、手が濡れている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレイを搭載したほか、従来の携帯電話に近い感覚や操作が可能な「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」などを搭載したミドルレンジクラススマホです。

続きを読む

NTTドコモ、最強タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を11月12日に発売!気になる価格をチェック――本体価格5万8968円で実質2〜3万円に


NTTドコモが小型タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を11月12日に発表!

NTTドコモは9日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」のうちのNTTドコモ史上最も"強い"製品となるAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を2015年11月12日(木)に発売すると発表しています。

すでに9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

ママにも使って欲しい!?落下・水濡れに強い安心のドコモ史上最強タフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を写真と動画で紹介【レポート】

落としても壊れない濡れても大丈夫なコンパクトスマホ

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、水と衝撃、落下に強い安心のタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を発表した。

発売時期は2015年11月上旬を予定し、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で2万円台後半を予定。

Galaxy Active neo SC-01Hは、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」の21項目に準拠したほか、メーカー独自試験4項目に準拠するタフネススマホで、これらの性能を日常生活にフォーカスすることで普段使いでも安心して使えることを強みとしている。今回は発表会展示会場のタッチ&トライコーナーでの実機レポートを行っていく。

続きを読む

NTTドコモ、MIL規格21項目準拠のタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を発表!手袋などをしたままでも押せる物理キーに加え、4.5インチと小型でよりしっかりと持ちやすく


NTTドコモがタフネススマホ「Galaxy Active neo SC-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、NTTドコモ史上最も"強い"製品となるAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)を発表しています。2015年11月上旬に発売開始予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

Galaxy Active neo SC-01Hは昨年冬に発売された「GALAXY S5 Active SC-02G」に続く、Galaxyシリーズのタフネルモデルで、防水(IPX5、IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)に加えてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に新たに21項目準拠したほか、独自基準のテストもクリアしているとのこと。

約4.5インチWVGA(480×800ドット)TFT液晶ディスプレイ(約207ppi)で比較的小型で、アウトドアやウィンタースポーツ、マリンスポーツなどでも携帯しやすくなっており、手袋をしたままでも操作できる高感度タッチパネルや落としにくいストラップ穴、衝撃や傷に強いCorning製強化ガラス「Gorilla Glass 4」、そして、操作しやすい物理キーなどを搭載しています。

続きを読む

デル、軍事や産業現場などでの酷使に耐えられる11.6インチ高耐久性Windowsタブレット「Latitude 12 Rugged タブレット」を国内にて発売


ゼロから始めるスマートフォン

デルは23日、高耐久性が特長の「Dell Rugged」シリーズのラインアップに11.6インチのWindowsタブレット「Latitude 12 Rugged タブレット」を日本国内にて追加すると発表しています。価格は311,100円(税抜)で、2015年7月28日(火)に発売とのこと。

軍事や各種産業現場といった環境下での酷使に耐えられるように設計された製品で、アメリカ(米国)の国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」に準拠し、4フィート(約1.2m)の高さからの落下に耐える耐衝撃性能などを備えています。

また、IP65の侵入保護(防塵)やHZOのナノテクノロジーコーティングによる完全防水が実現されており、11.6インチのタッチディスプレイには高い耐久性を誇るゴリラガラス3が採用されています。さらに、低反射で日光の下でも視認性が高く、手袋でのタッチ操作にも対応。

続きを読む

iPhoneやiPadの落下時の傷防止対策に!超頑丈なMIL規格準拠のスマホ&タブレットケース「UAG URBAN ARMOR GEAR」を紹介――タフさを求める人にオススメ【レビュー】


米国MILスペック対応超タフケース2種を紹介!

最近のスマートフォン(スマホ)やタブレットは価格が高い!特に大型モデルの「iPhone 6 Plus」なんて10万円を超えるものも存在しますよね。

しかし、手から「ぽろっと」落としてしまうと、すぐに画面に"ヒビ"が入ってしまうことも良くあります。修理や交換も高いので、そのまま使っている人も多いようです。

そんな「落として割れる」こと自体なくなればどれだけハッピーでしょう!ということで、今回はMIL規格に対応したUAG製ケース「UAG URBAN ARMOR GEAR」をレビューしようと思います!

今回使ってみたのはUAG URBAN ARMOR GEARの「iPhone 6 Plus」用と「iPad Air 2」用の2種類。では、さっそくじっくりと紹介したいと思います。

続きを読む

使いやすさはそのままに、さらに薄く!軽く!強く!au向けVoLTE対応京セラ製スマホ「URBANO V02」を写真と動画でチェック【レポート】

URVANO V02
今度のURBANOは一味違う!?

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは14日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「au発表会 2015 Summer」を開催し、4G LTEやWiMAX 2+に対応したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のau向けスマートフォン(スマホ)「URBANO V02」(京セラ製)を発表しました。発売時期は2015年7月上旬を予定し、5月15日(金)からauショップおよび公式Webストアなどにて事前予約受付が開始されています。

URBANOブランドはauのエントリー向け機種として長い歴史があり、2008年にシャープ製のフィーチャーフォン(ガラケー)「URBANO W63SH」が発売されて以降継続的にシリーズ化され、5代目の「URBANO PROGRESSO KYY04」からスマホとして京セラが開発を担当し、本機でスマホとしては6代目、シリーズ通算では10代目となります。

いわゆる「エルダー層」の40代から50代をメインターゲットとした使いやすいエントリーモデルとして登場し、その後も一貫してシンプルさや使いやすさ、そして高級感に重点を置いた設計が受け継がれてきたシリーズですが、スマホになってからのシリーズは京セラの特長でもある「丈夫さ」という新しい要素も加わり、同シリーズを支える重要な柱となっています。

節目となる10代目のURBANOはどのような進化を遂げたのでしょうか。発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

世界初の海水対応スマホ「TORQUE G02」を写真と動画でチェック!米軍採用MIL規格の19項目準拠――au向けタフネスモデルがVoLTEやAndroid 5.1などの最新仕様に【レポート】

TORQUE G02
アウトドアファン待望のシリーズがアップデート!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは14日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「au発表会 2015 Summer」を開催し、防水・防塵に加え、さまざまな耐性を持ったAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用の京セラ製タフネススマートフォン「TORQUE G02」を発表しました。発売時期は2015年7月上旬を予定し、昨日5月15日からauショップおよび公式Webストアなどにて事前予約受付が開始されています。

auといえばケータイ(フィーチャーフォン)時代から定期的に「G'z One」シリーズのような対衝撃性能や防水・防塵性能を高めたタフネスモデルを発売し、常に一定のユーザー層を獲得してきた実績があります。京セラの「TORQUE」シリーズもまたタフネススマートフォンとして登場した機種で、日本では昨年夏に初代の「TORQUE G01」を発売。本機はその後継機種となります。

米国国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験(MIL-STD-810G規格)にも準拠する高い堅牢性はそのままに、どういった進化とアプローチが施されたのでしょうか。今回はそんな注目度の高いTORQUE G02を発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向けVoLTE対応Android 5.1 Lollipopスマホ「URBANO V02」を発表!上質なデザインを継承しながらMIL準拠のタフネスモデルに


au向け最新スマホ「URBANO V02」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは14日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「au発表会 2015 Summer」を開催し、4G LTEやWiMAX 2+に対応したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のau向けスマートフォン(スマホ)「URBANO V02」(京セラ製)を発表しています。2015年7月上旬に発売開始予定。

上質なデザインと使いやすい操作性を備えた「URBANO」シリーズの最新モデルで、前機種「URBANO V01」に続いて高音質通話サービス「VoLTE」に対応したほか、前々機種「URBANO L03」から対応している防水および防塵、耐衝撃に加えて、新たに耐振動や温度耐久のアメリカ(米国)の軍隊が採用するMIL-STD-810G規格にも準拠してより安心・安全に使えるようになっています。

一方、ここ最近のURBANOシリーズはハイエンドモデルと遜色のないハイスペックになっていましたが、URBANO V02は約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や1.4GHzクアッドコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 400 MSM8928」)、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)などのミドルレンジのスペックで、価格が抑えられた普及機種になっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。