S-MAX

MMS

Googleが新しいメッセージ規格「RCS」の取り組みを促進!日本でもNTTドコモやau、ソフトバンクが年内導入で打倒LINE?課題はiPhoneの対応か


Googleも促進する新メッセージ規格「RCS」を日本のNTTドコモとau、ソフトバンクが対応へ!

Googleは22日(現地時間)、ショートメッセージサービス「SMS」を拡張して長文や画像・動画などを含んだより“リッチ”なメッセージが送受信できる規格「RCS(Rich Communication Services)」を利用したコミュニケーションサービスの取り組みを強化し、今後数ヶ月でより多くの国・地域における通信事業者においてRCSに対応したサービスが提供されると発表しています。

同社ではスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に通信事業者やメーカーといったパートナー企業がRCSを使った展示を行うとしています。

また日経BPでは日本においてもNTTドコモおよびau(KDDI)、ソフトバンクの移動通信体事業者(MNO)3社がRCSに対応したサービスを年内にも導入予定で、特にKDDIとソフトバンクは「準備をしている」ことを認めて近く3社で発表すると伝えており、見出しでも「打倒LINE」と銘打っています。

続きを読む

Google、SMS・MMSクライアントアプリ「Android メッセージ」をアップデートして通知エリアで既読にできるように!地味ながらバッジが気になる人はありがたい!?


Androidメッセージアプリがアップデート!通知欄からSMSを既読できるように

Googleは2日(現地時間)、Android向けのSMS&MMSクライアントアプリ「Androidメッセージ」をVersion 2.3.270にアップデートし、次期プラットフォーム「Android O(Android 8.0)」をサポートするなどしています。また新たに通知エリアから届いたSMSやMMSといったメッセージを既読できるようになっています。

これはいわゆるコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」などのような相手に既読を通知する機能ではありませんが、自分自身で通知エリアにて既読とすることで、バッジの未読件数を消費できるのは地味にありがたいという人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

Androidの95%が対象の非常に深刻な脆弱性が見つかる!MMSやハングアウトで動画を受け取ると遠隔で乗っ取られる危険性


ほとんどのAndroidが乗っ取られる危険性!?

モバイル関連セキュリティー会社のZimperiumは27日(現地時間)、Android 2.2(開発コード名:Froyo)から最新のAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)までを搭載した機種が対象になる深刻な脆弱性を発見したと報告しています。

同社ではAndroid搭載機種のおよそ95%(約9億5000万台)が影響を受ける"史上最悪"の脆弱性と呼んでおり、悪用されると遠隔からその製品を乗っ取れるとしています。

続きを読む

Google、SMSとMMSに対応した新しいAndroid向けメールアプリ「メッセンジャー」を配信開始!多機能になった「ハングアウト」の代わりにシンプルに使いたい人に


GoogleがAndroid向けアプリ「メッセンジャー」を提供開始!

Google(グーグル)がSMSとMMSに対応した新しいAndroid向けメール(テキストメッセージング)アプリ「メッセンジャー」を提供開始しています。

対応機種はAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降を搭載した機種ですでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてダウンロードできます。利用料は無料。

続きを読む

ソフトバンク、ケータイメールをパソコンやタブレットなどから送受信できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を11月28日に再開


S!メール(MMS)どこでもアクセスが再開!

ソフトバンクモバイルは26日、ソフトバンク携帯電話のケータイメール「S!メール(MMS)」がパソコンなどから送受信できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を2013年11月28日(木)から再開するとお知らせしています。

S!メール(MMS)どこでもアクセスは、今年7月には発表され、一度は発表通りに8月29日から提供開始されましたが、サービス直後に不具合が見つかったとして提供を一時中止していました。

なお、当初10月31日まで無料トライアルを実施するとしていたものの一時停止していたため、無料トライアルの期間を2014年1月31日(金)までに変更しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。