S-MAX

MONO

NTTドコモ、最新コスパ高スマホ「MONO MO-01K」を発表!性能が向上してdocomo with対象にーー価格は一括2万5272円、2年間利用の実質なら“いきなり潜る”マイナス1万3608円相当に


docomoが新スマホ「MONO MO-01K」を発表!12月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2017年12月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

また月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(税抜)が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が25,272円(1,053円/月×24回)。

続きを読む

NTTドコモ、 2017-2018冬春モデルを発表!スマホ11機種やタブレット2機種の合計13機種+新色2機種――PREMIUM 4Gの4波CA対応やdカーシェア、おはなしメモなどの新サービスも


docomoが総勢13機種の 2017-2018冬春モデルを発表!

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「 2017-2018冬春モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「 2017-2018 冬春 新サービス・新商品発表会」から動画配信サイト「YouTube」にてライブ配信を行う予定でいます。

さらに公式Twitterアカウント「@docomo」にて「新商品情報 潜入生レポート」として発表会会場隣の展示会場から生配信されることが告知されています。なお、新機種はすでに本日11時15分から「ドコモショップ丸の内店」にて先行展示されているほか、本日15時からは「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」でも先行展示される予定です。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ1 SO-01K」および「Xperia XZ1 Compact SO-02K」、「Galaxy Note8 SC-01K」、「MONO M-01K」、「M Z-01K」、「arrows NX F-01K」、「V30+ L-01K」、「JOJO L-02K」、「Disney Mobile on docomo DM-01K」、「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」の11機種、タブレットが「arrows Tab F-02K」および「dtab d-01K」の2機種と合計13機種を投入します。また今夏モデルとして販売中の「Xperia XZ Premium SO-04J」に「Rosso」、「Galaxy Feel SC-04H」に「Aurora Green」の各新色が追加されます。

すでにこれらの機種のうちのXperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、Xperia XZ Premium(新色「Rosso」)、arrows NX F-01K、Galaxy Note8 SC-01K、Galaxy Feel SC-04H(新色「Aurora Green」)、MONO MO-01K、AQUOS sense SH-01Kの2017年内に発売予定の8機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において新たに4つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(4CA)を導入して下り最大644Mbpsを全国480都市(2017年11月末時点)で2017年10月末より提供開始し、すでに提供されている4x4 MIMOと3CAによって下り最大788Mbpsのエリア以外でも通信速度が向上されるということです(ともに256QAM適用時)。対応機種はXperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、Galaxy Note8 SC-01K、V30+ L-01K、JOJO L-02Kのほか、今夏モデルのXperia XZ Premium SO-04JおよびAQUOS R SH-03JはOSバージョンアップによって対応予定。

さらに昨年のAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップと同様に今年も 2017-2018冬春モデルのAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)へのOSバージョンアップを早期実施する予定で、今冬以降順次提供予定とのこと。なお、Xperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、V30+ L-01K、JOJO L-02Kはすでに発売時よりAndroid 8.0 Oreoを搭載済み。

また昨年10月に提供を開始した「みえる電話」や今年6月に提供を開始した「ドコモ留守電」に続いて通話における音声のテキスト化を強化し、2017年10月より新サービス「おはなしメモ」を提供開始します。これは通話内容のうちの自分の話した内容をテキスト化するサービスで、電話を受けたときにメモを取れないシーンがあったり、電話で話したことを忘れてしまうことがあるなどからこういった機能にニーズがあるとして開発されたとのこと。

さらにAI(人工知能)によるアシストサービス「AIエージェント」も強化し、2018年春に本格サービス開始するほか、2017年秋から「dヒッツ」や「dリビング」、「dグルメ」、「radiko.jp」にて先行サービスを開始し、より自然な対話型の音声アシストをパーソナライズや先読みと合わせて提供していくということです。

その他、新サービス「dカーシェア」や新映像サービスとして特別な機器を使わずに月額780円(税別)で約30以上の専門チャンネルが見放題になる「dTVチャンネル」、フレッツ系光回線を利用して約50の専門チャンネルや地上デジタル放送・BSデジタル、そして約16万本のVODが楽しめる「ひかりTV for docomo」、新セットトップボックス「ドコモテレビターミナル」などが提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、ZTE製スマホ「MONO MO-01J」にAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!マルチウィンドウには対応せず


docomoスマホ「MONO MO-01J」がAndroid 7.1 Nougatに!

NTTドコモは3日、同社が「2016-2017冬春モデル」として2016年12月に発売した約4.7インチHD(720×1280ドット)液晶や2GB内蔵メモリ(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミッドレンジクラススマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)に対してより新しいラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年7月20日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約38分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

アップデート内容
・主なアップデート内容
1)他のアプリを利用中に、手軽にメッセージへ返信ができます。
2)設定要らずで、無駄な電池消費をおさえます。
3)「音声による自動終話機能」搭載の進化した「スグ電」に対応
4)ブルーライトフィルターに対応

・改善される事象
5)まれにメッセージ(SMS)アプリのスレッド内の日付が正しく表示されない場合があります。
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2017年9月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモ向けZTE製スマホ「MONO MO-01K」がFCC通過!外観写真なども公開され、低価格で好評なdocomoオリジナルモデルの後継機種、2017年冬モデルとして投入へ


NTTドコモ向け未発表スマホ「MO-01K」がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は17日(現地時間)、未発表のNTTドコモ向けZTE製スマートフォン(スマホ)「MO-01K」(FCC ID「SRQMO01K」)が通過したことを公開しています。

昨年冬モデルとして低価格なdocomoオリジナルモデルとして発売されて好評だった「MONO MO-01J」の後継機種と見られれ、恐らく型番から同じ「MONO」シリーズの「MONO MO-01K」として投入されると見られます。

例年通りであれば「2017年冬モデル」として10〜11月頃に発売されそうで、FCCでは外観写真やさまざまな情報が掲載されていますので、わかる範囲でまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

一括648円で買えるのに出費が1万円を超えちゃう!?ドコモオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」を使って感じた良い点と気になった点をまとめてみた【レビュー】


NTTドコモ独自ブランドのシンプルスマホ「MONO MO-01J」の感想をまとめ!

NTTドコモから12月9日に発売された同社オリジナルブランドのスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)。端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛りが発生する代わりに大幅な端末価格の割引を得られる施策「端末購入サポート」によって一括価格税込648円で購入可能ということで話題となっています。

MONO MO-01Jは、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能などを搭載していないものの、CPUにはミドルハイクラスの「Snapdragon 625」を採用するなど、前回紹介した内蔵アプリやホーム画面、ベンチマーク結果などの記事でも示したように機能面ではシンプルながら動作そのものは快適に動くようになっている製品となっています。

一方で、前々回の開封レポートでわかった通り、付属品も少なく、製品そのものの質感などはかなり良いものの、本当にシンプルと言う言葉が当てはまると思われます。そこで今回は、筆者が「MONO MO-01Jを実際に利用していて気がついたこと良い点や悪い点」などをまとめてみました。


続きを読む

一括648円で話題!ドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリとベンチマーク性能をチェック――艦これも動かしてみた【レビュー】


基本性能は結構イイ!ウワサの格安スマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリやベンチマーク性能を紹介!

NTTドコモから12月9日に発売された「端末購入サポート」適用(端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛り)で価格が一括648円(税込)で話題となっているスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。

おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能を搭載しないシンプルな製品としてだけでなく、NTTドコモの「2016-2017年冬春モデル」としては画面サイズが5インチ未満のモデルは「Xperia X compact SO-02J」(4.6インチ)とこのMONO MO-01J(4.7インチ)のみとなるため、片手で手軽に操作できる小型スマホを使いたいユーザーからも注目の1台となっています。

前回は箱も中身もシンプルだったことが判明した開封レポートをお送りしましたが、今回は内蔵アプリや初期状態のホーム画面の紹介、そしてベンチマークアプリをいくつか利用して、MONO MO-01Jの基本性能を調べましたのでまとめて紹介します。

続きを読む

シンプルなスマホはパッケージもシンプル!?NTTドコモのウワサの648円スマホ「MONO MO-01J」を購入!パッケージや内容物などをチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
今季のダークホース!NTTドコモの"648円スマホ"こと「MONO MO-01J」を購入&開封レポート

NTTドコモから12月9日に「2016-2017年冬春モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。約1年間(端末購入翌月から12か月)のいわゆる縛りの発生する割引施策「端末購入サポート」の適用が必須ではあるものの、税込価格648円という破格の安さが発表当初より話題を呼んでいました。

製品としてもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどは搭載せずにコストを抑えつつ、防水やスライドスイッチによるマナーモード、VoLTE対応といった"わかりやすい便利機能"に対応し、いわゆる「格安スマホ」に対抗するような価格にミドルレンジクラスのスペックを備えています。

また、NTTドコモとしては初の自社ブランドスマホであり、非常にシンプルながら実用的という無印良品のブランドイメージのような製品に仕上がっています。

そんな注目のMONO MO-01Jのブラックを筆者の親の回線契約をダシにさっそく購入しましたので、まずは恒例の"開封の儀"を実施しました。そこで今回は、MONO MO-01Jの製品版における個装箱や本体細部、付属品などを写真で紹介したいと思います。


続きを読む

発売時から一括648円!NTTドコモ、初のオジリナルブランドスマホ「MONO MO-01J」を12月9日に発売


NTTドコモがオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」を12月9日に発売!

NTTドコモは5日、今冬から来春に発売する「2016-2017冬春モデル」のうちの約4.7インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)を2016年12月9日(金)に発売すると発表しています。

すでに発表日からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)もすでに紹介しているように新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が32,400円、端末購入サポートが-31,752円の一括支払額648円となっています。

続きを読む

いきなり一括648円でいいの!?NTTドコモ初のオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」の気になる価格をチェック


ドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO MO-01J」の価格を紹介!

NTTドコモ初のオリジナルブランドのスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J 」(ZTE製)が発売時から0円に近い一括648円(税込)で販売されると大々的に発表されて話題となっています。

というのも、これまではiPhoneなどの人気機種を中心に新製品は一括0円や実質0円といった大幅な割引を伴うような販売が総務省によって制限されているから。

つい最近も「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の販売でクーポンを適用すると実質0円になるとしてNTTドコモなどの大手携帯電話会社3社が厳重注意を受けていた。

これらは今年3月に総務省が策定した「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿ったもの。

一方でガイドラインでは3万円(税抜)以下の低価格製品は対象外としており、今回のMONO MO-01Jはこれに該当するため、仮に実質0円や一括0円であってもOKということになっています。

今回はそんなMONO MO-01Jについてすでに予約受付を実施している公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で正式な価格が案内されていましたので紹介したいと思います。

続きを読む

ドコモオリジナルスマホは一括648円!マナーモードスイッチやストラップホールもある「MONO MO-01J」を写真と動画で紹介【レポート】

一括648円のドコモオリジナルスマホ「MONO」

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、約4.7インチHD(720×1280ドット)ディスプレイや2GB内蔵メモリ(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「 MONO MO-01J 」(ZTE製)を2016年12月上旬に発売すると発表した。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約を実施。価格は発売直後から12ヶ月間同一製品利用が条件の「端末購入サポート」が適用されて新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で一括648円(税込)だ。

主なスペックとして、オクタコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 617 MSM8952」)や約1330万画素リアカメラ・約490万画素フロントカメラ、防水(IPX5・IPX7)、防塵(IP5X)、高音質通話サービス「VoLTE」、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、GPS、スグ電、WORLD WING、エリアメールなど。通信速度は、下り最大150Mbpsおよび上り最大50Mbpsだ。

そんなNTTドコモ初のオリジナルブランドで格安スマホであるMONO MO-01Jを発表会終了後のタッチ&トライコーナーで触ることができたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。