S-MAX

MVNO

2万円台で高コスパな縦長大画面とダブルレンズカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を写真で紹介【レポート】


縦長ディスプレイとダブルレンズカメラを搭載した高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 2」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、流行りの縦長画面とダブルレンズカメラを搭載したながら2万円台と低価格に抑えたエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologie製)を発表し、翌8日に都内にて記者向けに説明会を行った。

HUAWEI nova lite 2の市場想定価格は25,800円(税抜)で、SIMフリースマホ激戦区にダブルレンズカメラ付きのアスペクト比18:9ワイド大画面ディスプレイモデルを投入し、ターゲット層は価格に敏感な若者やビジネスマン、女性層を狙うという。

主な仕様としてチップセット(SoC)は「Kirin 659」(オクタコアCPU)、内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージはmicroSDXCカード(最大256GBまで)、電池容量は3000mAh、OSはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)などだ。

また背面には指紋センサーを搭載し、IEEE802.11b/b/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.2、micro-B端子(USB 2.0)、加速度センサー、電子コンパス、環境光センサー、近接センサー、nanoSIMカードスロットも搭載する。

販売拠点は、IIJmioイオンモバイルエキサイトモバイルNTTコムストア by gooSimsallerQTmobileDMMモバイルNifMoBIGLOBEモバイルFiimomineoLINEモバイル楽天モバイルLIBMOLInksMateといった仮想移動体通信事業者(MVNO)となる。

今回は、説明会にて実際にHUAWEI nova lite 2にタッチ&トライできたので、プレゼンテーションによる機能紹介と合わせて外観や特徴を写真で紹介していく。

続きを読む

ファーウェイ、2万円台で流行りの縦長画面とダブルレンズカメラなどを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を発表!2月9日より順次発売し、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」が発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、事前の予告通りに同社の新しいエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2月9日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が25,980円(税抜)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所ですでに「gooSimSeller」や「楽天モバイル」、「NifMo」、「mineo」、「エキサイトモバイル」などにて取り扱いが案内されており、gooSimsellerではOCN モバイル ONEとのSIMカードセットで9,800円(税抜)で販売開始されています。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて機種変更時にスマホの本体代を割り引く施策「スマホmoreプログラム」が2月15日より提供!利用料無料で「半額アシスト」と「端末割」が利用可能


J:COM MOBILEの機種変更時における割引施策が発表!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は1日、同社がNTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において24ヵ月目以降の機種変更時にスマートフォン(スマホ)の販売価格を補助する割引施策「スマホmoreプログラム」を2018年2月15日(木)より提供開始すると発表しています。

利用料は無料で、初回請求から24ヵ月目以降の機種変更時に機種変更前に利用していた端末代金の残額分の支払が不要となるプログラム「半額アシスト」と、初回請求から24ヵ月目以降の機種変更時に新しく購入する端末の賦払金相当額(一部または全額)の割り引くプログラム「端末割」の2つ。

これにより、同社のケーブルテレビサービス「J:COM TV」または固定インターネットサービス「J:COM NET」を利用中にJ:COM MOBILEの「Aプラン」(au回線)をスマホとセットで契約時に48回分割払いを選択することで、毎月の支払金額を抑えられるだけでなく、24ヵ月目以降に機種変更すると機種変更前の製品の残額の支払いが不要となります。

さらに新しく購入した製品も割引され、人気機種から支払負担額が実質0円となる製品までニーズに合わせて選択できるようになるということです。

なお、J:COM MOBILEでは外出先でもJ:COM TVで放送中の番組や動画配信サービス「J:COMオンデマンド」を見放題(データ通信量カウントなし)で視聴でき、また加入時の初期設定・操作説明の無料訪問サポートや電話による遠隔サポートを行うなど、お客さまが安心してスマホの利用を開始できるサポート体制を整えています。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて人気スマホ「iPhone 6s」の整備済製品を2月15日に発売!SIMカードとセットで6万4800円で、端末割や半額アシストも利用可能


J:COM MOBILEでiPhone 6sのリファービッシュ品が販売開始!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は1日、同社がNTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )においてスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」(Apple製)のリファービッシュ(整備済)製品を2018年2月15日(木)に取扱開始するとお知らせしています。

販売拠点はJ:COM MOBILEのすべての販路(ジェイコムショップや公式Webサイト、訪問販売)で、公式Webサイトでは2月15日10:00から申込受付を開始するとのこと。

価格はJ:COM MOBILEの「Aプラン」(au回線)におけるSIMカード(携帯電話回線契約)とセットで64,800円(分割1,350円/月×48回)となっており、270円/月×48回の割り引きが受けられる「端末割」や「半額アシスト」といった「スマホmoreプログラム」も利用可能。

続きを読む

携帯電話サービス「楽天モバイル」にて時間制限のない通話定額オプション「楽天でんわ かけ放題」が2月末で終了!利用者は2018年末まで解除料やMNP転出料を免除


楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイルが2月末に終了!

楽天がNTTドコモに回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において提供している時間制限のない定額通話サービス「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」を2018年2月28日(水)23:59に終了するとお知らせしています。

現在、楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイルを契約中の場合にはサービス終了時点で解約となり従量課金の「楽天でんわ by 楽天モバイル」(月額基本料0円、通話料30秒10円)に切り替わるとのこと。

楽天モバイルでは5分まで回数制限なく通話できる「楽天でんわ 5分かけ放題 by 楽天モバイル」は継続して提供するため、通話定額が必要な場合には楽天でんわ かけ放題のサービス終了までに「メンバーズステーション」からプラン変更の申し込めば3月から利用できるとしています。

なお、楽天でんわ かけ放題のサービス終了前に通話を開始し、3月1日(木)0:00以降に通話を終了した場合にも時間超過した分は3月1日以降のプランによって通話料がかかり、従量課金の楽天でんわの場合には30秒10円がかかるとのこと。

さらに楽天では2018年1月31日時点で楽天でんわ かけ放題を契約している場合には楽天モバイルの契約解除料および他社への乗り換え(MNP)における転出手数料を2018年2月1日(木)0:00から2018年12月31日(月)23:59まで免除するということです(金額はすべて税別)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。