S-MAX

MVNO

携帯電話サービス「mineo」が「通信の最適化」を事前告知なく開始したことで謝罪!正当業務行為に当たるなどとして違法性はないと主張も、早急にオフにできる機能などの導入を検討


mineoが通信の最適化について説明!

ケイ・オプティコムは7日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「通信の最適化」を2018年4月10日より実施していると案内しています。

また通信の最適化については「通信の秘密」や「著作権の侵害(同一性保持権侵害)」の観点から違法性も指摘されていますが、同社では弁護士との相談結果も踏まえ、前者は約款での記載を踏まえて円滑なサービスを提供するための「正当業務行為」に当たり、後者は圧縮の度合いを普通に利用する範囲では認識できない程度に留めることで侵害に当たらないと説明しています。

ただし、約款に記載しているとはいえ、実施前に告知および説明ができていなかったこと、さらに実施後も正式な見解をタイムリーに公表できなかったことに対してmineoの責任者で同社のモバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田晃穂氏名義などにて公式コミュニティーサイト「マイネ王」にて謝罪をしています。

なお、同社では現在実施している通信の最適化の具体的な仕様についてもマイネ王にて説明しているほか、通信の最適化自体はネットワークが逼迫していることから今後も継続して最適なチューニングを施していくとするものの、一方で「土日の最適化の非適用」や「最適化の適用除外」については早急に検討するということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:格安SIM「mineo」が「通信の最適化」や「ポート規制」の問題で炎上!?企業倫理と法律の狭間から通信事業の在り方について考える【コラム】


mineoの炎上騒ぎから「通信の最適化」について考えてみた!

企業にとって都合の悪いことはだいたいタイミングの悪い時に起こるというのが「マーフィーの法則」に載っていたかどうかは定かではありませんが、世の中がゴールデンウィークに突入しようかというタイミングで、通信業界ではちょっとした騒動が持ち上がりました。

NTTドコモやauから回線を借り受けて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービスを行っているケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」が送受信データ中の画像などのファイルの圧縮などにより「通信の最適化」やHTTPSやVPNなどの特定の通信経路において速度制限をする「ポート規制」を行っているのではないかというものです。

事の発端はmineoユーザーによるTwitterへの投稿ですが、その後もさまざまな検証が行われ、画像圧縮が行われていることが確認された上、サイトが暗号化され画像圧縮などができないサイト(SSL通信を利用するHTTPSサイト)では通信速度そのものを制限する帯域制限が課せられているのではないかという疑惑まで持ち上がり、いわゆる「炎上」状態となってしまいました。

まさにケイ・オプティコムにとってはゴールデンウィークというユーザーが暇を持て余しSNSでネタ探ししやすい時期に炎上騒ぎを起こすという事態に遭遇し、青天の霹靂といったところかもしれません。いや、状況的には起こるべくして起こったと言ったほうが良いでしょう。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はmineoの炎上騒ぎで再燃した「通信の最適化」にまつわる問題点や解決策について広く考えてみたいと思います。

続きを読む

おサイフケータイや防水・防塵に対応したフラッグシップスマホ「HTC U11」がSIMフリー版で登場!日本では限定色のソーラーレッドをじっくりと紹介【レビュー】


フラッグシップスマホ「HTC U11」のSIMフリー版(ソーラーレッド)をレビュー!

既報通り、HTC NIPPONがフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」(HTC製)のSIMフリー版を2018年3月16日(金)に発売しました。価格は税別69,000円(税込74,520円)で、公式Webストア「HTC e-shop」のほか、一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)で販売されています。

HTC U11は昨年7月にau向け「HTC U11(型番:HTV33)」とSoftBank向け「HTC U11(型番:601HT)」が発売されていましたが、新たにクリスマスキャンペーンとして同社の公式Twitterアカウントのフォロワー数が目標に達したため、SIMフリー版が販売されることになりました。

SIMフリー版はauやSoftBankからは販売されていなかった本体カラー「ソーラーレッド」が日本では限定色として販売されていることも特徴となり、auなどの日本向けと同様におサイフケータイ(FeliCa)にも対応したSIMフリーハイエンドスマホとして注目に値する製品となっています。

そこで今回はもうすぐ夏モデルが発表されるタイミングではありますが、このHTC U11のSIMフリー版ソーラーレッドを実際に使ってみましたので、外観や使用感などを中心に写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

女子高生が集まる中に坂口健太郎さんが先生役でサプライズ登場!トーンモバイルの新サービス「TONE SIM (for iPhone)」の発売記念イベントを写真と動画で紹介【レポート】


トーンモバイルが「TONE SIM (for iPhone)」の発売イベントを開催!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは見守り機能を備えたiPhone向け「TONE SIM (for iPhone)」の発売を記念して4月26日に発売イベントを開催した。

TONE SIM (for iPhone)は同社が回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において家族向け見守りサービス「TONE ファミリー」をiPhoneでも利用可能としたiPhone専用のSIMカードだ。

子どもの見守り機能のほか、夜間の利用制限やapp storeの制限、有害サイトのブロックが利用できる。こうしたiPhone向けのSIMカードおよびサービスを展開する背景には、AndroidではなくiPhoneを使いたいという子どもの要望、そしてiPhoneの親からの“お下がり”利用や中古などのリユース市場の拡大がある。

今後、トーンモバイルと同じCCCグループのリユース製品を販売するイオシスと連携し、リユース製品とTONE SIM (for iPhone)をオンラインで購入できるようにする取り組みも行うという。なお、既存のTONE SIMを利用しているユーザーは、2,000円(すべて税別)でTONE SIM (for iPhone)にプラン変更を可能としている。

今回行われた発売イベントにはイメージキャラクターの坂口健太郎さんが女子高生の前にサプライズで登場するという演出が行われ、先生に扮した坂口さんがTONE SIM (for iPhone)について説明を行った。そこで今回はこのイベントを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

日本通信、携帯電話サービス「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」のNTTドコモ回線版を4月27日に提供開始!同じ料金体系でiPhoneだけでなく、Androidにも対応。Sは“スーパー”に


b-mobile S 990ジャストフィットSIMのdocomo版が提供開始!

日本通信は25日、移動通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「b-mobile S」( http://www.bmobile.ne.jp/sb/ )における音声通話に対応した「[[990ジャストフィットSIM]]」にNTTドコモ回線の料金プランを新たに2018年4月27日(金)より提供開始すると発表しています。

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは月当たりの高速データ通信が1GBで月額990円(金額はすべて税別)から使える音声通話対応プランで、最大月間15GBまで1GBごとに使った分だけ加算される段階性定額プランです。これまでソフトバンク回線を使ったサービスが提供されていましたが、新たにNTTドコモ回線が追加されます。

NTTドコモ版ではSIMカードが標準・マイクロ・ナノに対応したマルチSIMで、OSもソフトバンク版ではiPhoneのみが公式対応となっていますが、NTTドコモ版ではiPhoneだけでなく、Androidにも公式で対象となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。