S-MAX

MVNO

ファーウェイ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」のSIMフリー版を6月15日に発売!価格は税込7万5384円に。縦長ノッチありな5.8インチFHD+液晶やダブルカメラなど


ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI P20」を6月15日発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は11日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン『HUAWEI P20』シリーズ新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 lite」(ともにHuawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格では、HUAWEI P20で税抜69,800円(税込75,384円)、HUAWEI P20 liteで税抜31,980円(税込34,538円)となっており、すでに公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などにて予約販売を開始しています。

販路はファーウェイ・オンラインストア以外に各機種ともに量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、すでに先行して発表されていたUQ mobileおよびY!mobileのHUAWEI P20 liteのSIMフリー版についても同日6月15日に発売するということです。

上位モデルの「HUAWEI P20 Pro」は日本ではNTTドコモ専売となりましたが、標準モデルのHUAWEI P20はこれまで通りにSIMフリーで販売されることになりました。HUAWEI P20はSIMフリーということでNTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro HW-01K」とは異なっておサイフケータイ(FeliCa)には対応しません。本記事では主にHUAWEI P20について紹介します。

発表時点におけるHUAWEI P20の販路は量販店がビックカメラおよびヤマダ電機、ヨドバシカメラほか、ECサイトがエディオンおよび上新電機、ノジマ、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピング、NTT-X Store、Caravan Yu、E-TREND、ムラウチドットコムほか、MVNOではIIJmioおよびイオンモバイル、エキサイトモバイル、QT mobile、DMM mobile、NifMo、BIGLOBEモバイル、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル、LinksMateほかとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」を6月15日に発売!価格は税込3万4538円。UQ mobileやY!mobile以外のMVNOや量販店、ECサイトでも販売し、au版HWV32も同日発売


ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」が6月15日発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は11日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン『HUAWEI P20』シリーズ新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 lite」(ともにHuawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格では、HUAWEI P20で税抜69,800円(税込75,384円)、HUAWEI P20 liteで税抜31,980円(税込34,538円)となっており、すでに公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などにて予約販売を開始しています。

販路はファーウェイ・オンラインストア以外に各機種ともに量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、すでに先行して発表されていたUQ mobileおよびY!mobileのHUAWEI P20 liteのSIMフリー版についてもそれぞれUQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄は11日、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は11日、ともに6月15日に発売すると発表しています。

さらにKDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2018年夏モデル」のうちの「HUAWEI P20 lite(型番:HWV32)」を6月15日に発売すると発表しています。なお、au版のHUAWEI P20 lite HWV32はSIMフリー版(UQ mobileやY!mobile含め)とは異なり、内蔵ストレージが64GBとなってるほか、SIMロックがかかっており、SIMカードスロットは1つのシングルSIMモデルとなっています。

その他のSIMフリー版の販路は量販店がエディオンおよび上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラほか、ECサイトがAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、NTT-X Store、Caravan Yu、E-TREND、ムラウチドットコム、MVNOがIIJmioおよびイオンモバイル、エキサイトモバイル、NTTコムストア by gooSimseller、QT mobile、J:COM MOBILE、DMM mobile、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル、LIBMO、LinksMateほかとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」などの日本向けSIMフリー版を6月11日に発表へ!P20 ProはNTTドコモ専売となったものの、引き続いてオープンマーケットも注力


ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」を日本投入へ!?

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は3日、同社の公式Twitterアカウント( @huawei_japan_pr )において2018年6月11日(月)に最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」シリーズの日本展開について発表することを示唆したティザー画像を公開しています。

すでにHUAWEI P20シリーズは日本においてNTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro」、au向け「HUAWEI P20 lite」、そしてSIMフリー版のHUAWEI P20 liteがUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが発表されています。

このうちのHUAWEI P20 Proについては日本ではNTTドコモのみの販売となることが案内されていますが、一方で引き続いて日本におけるSIMフリー製品を販売するオープンマーケットにも注力していくことが明らかにされています。

すでにHUAWEI P20 liteのSIMフリー版がUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが決まっていますが、ティザーでは「進化したLeicaレンズでSmartphone撮影が変わる」とも書かれており、HUAWEI P20 liteは「Leica」レンズではないため、より上位のHUAWEI P20が投入されるものと見られます。

またHUAWEI P20 liteについてもUQ mobileやY!mobile以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、ECサイトといった販路でも取り扱われるといった発表もあるかもしれません。なんと言っても、販売台数では「lite」シリーズが中心ですし、販路が広がることでこれまでの「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI P10 lite」に続く人気機種になりそうです。

続きを読む

UQ mobileにて「紹介キャンペーン」第2段が実施!紹介元と紹介先の両方が1ヶ月分の月額基本料が無料に。ハーゲンダッツが抽選でもらえるTry UQ mobileお試しキャンペーンなども


UQ mobile紹介キャンペーン」第2弾が8月31日まで実施中!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は1日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )において「UQ mobile紹介キャンペーン」第2弾を2018年6月1日(金)から2018年8月31日(金)まで実施すると発表しています。

また同日より公式Webページ「UQクリニック」を公開し、CMキャラクターでお馴染みの“三姉妹”からの質問に答えるだけで、簡単にスマホの料金診断が行えるようになっています。

さらにUQ mobileを15日間無料でお試しいただける「Try UQ mobile」も同日にサイトリニューアルを実施し、2018年8月31日まで抽選でプレゼント「ハーゲンダッツ ミニカップ 1個(1000人)」が当たる「お試しキャンペーン」( https://www.uqwimax.jp/beginner/mobile/tryuqmobile/ )を実施しています。

その他、UQ mobile向けに同じくKDDI傘下のワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)が展開するアプリ「ギガぞう」を利用した公衆無線LANサービスの提供を開始し、利用開始から30日間はすべての機能が無料で利用でき、31日目以降はスタンダードプラン(月額500円/金額はすべて税抜)へ申し込むと最大2ヶ月間月額料金が無料となります。

ギガぞうはVPN通信によって海外渡航時のホテルやカフェなどの無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」スポット)でのアクセスも安心して利用でき、LTE通信を圧縮して通信量を節約する機能(ON・OFF可能)も備え、国内ではWi2が提供する日本全国の飲食店をはじめとするWi-Fiスポット約8万カ所にて都度手続きを行うことなく自動でWi-Fi接続が可能です。

続きを読む

ケイ・オプティコムが「mineoキャリア決済」や「エンタメ系オプション」を提供開始!mineoアプリご利用感謝キャンペーンやパケットシェア・ギフトの制限緩和なども


mineoでもキャリア決済がスタート!まずはドコモプラン(デュアル)のGoogle Playのみ

ケイ・オプティコムは31日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )において「エンタメ系オプション」および「mineoキャリア決済」の提供、「mineoアプリご利用感謝キャンペーン」の実施、「パケットシェア」 および「パケットギフト」の制限緩和、SIMカード発行料の改定を2018年6月1日(金)より順次実施すると発表しています。

エンタメ系オプションはmineoのオプションとして「AWA」(960円)や「ANiUTa」(600円)、「U-NEXT」(1,069円)、「雑誌読み放題タブホ」(518円)が契約でき(カッコ内は月額オプション料)、mineoキャリア決済はドコモプラン(デュアル)を利用している場合に「Google Play」の支払いをmineoの利用料金とまとめて支払えるいわゆる「キャリア決済」サービスです。

mineoアプリご利用感謝キャンペーンは今年3月より順次配信している「mineoアプリ」をeo ID連携済みのマイネ王アカウントでログインして利用して期間に応募すればデータ容量1GBがプレゼントされるもの。期間は2018年7月31日(火)までですでに応募が可能となっています。

またパケットシェアおよびパケットギフトの制限緩和はこれまでパケットシェアが最大5回線まででしたが、最大10回線に拡大し、パケットギフトが同一名義で契約している回線間では利用できませんでしたが、要望に応えて同一名義で家族などの利用者が異なる場合でも利用できるようになり、さらにギフトできるパケット容量も1MB単位で可能となっています。

最後にSIMカード発行料の改定についてはmineoでは従来、新規契約時やSIMカード・プラン変更時などの際にSIMカード発行料がかかるようになっていますが、これがこれまでのauプラン438円、ドコモプラン438円からそれぞれ6月1日より248円と368円に値下げされます(金額はすべて税込)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。