S-MAX

MWC2018

HMD Global、ノキアブランドのAndroid Goスマホ「Nokia 1」およびAndroid Oneスマホ「Nokia 8 Sirocco」や「Nokia 7 Plus」、「Nokia 6」、4G対応の復刻版ケータイ「Nokia 8810」を発表


HMD GlobalがAndroid GoやAndroid Oneなどのノキアスマホ4機種とケータイ「Nokia 8810 4G」を発表!

HDM Globalは25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催されている「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、低性能向けプラットフォーム「Android Go」を搭載したスマートフォン(スマホ)「Nokia 1」や「Android One」を搭載したスマホ「New Nokia 6」(以下、Nokia 6 2018)および「Nokia 7 Plus」、「Nokia 8 Sirocco」、そして4G対応フィーチャーフォン「Nokia 8810 4G」を発表しています。

発売時期はスマホの4機種はそれぞれ2018年4月上旬から順次、Nokia 8810 4Gは2018年5月から順次グローバル市場に投入され、価格はNokia 8 Siroccoが749ユーロ(約98,000円)、Nokia 7 Plusが399ユーロ(約52,000円)、Nokia 6 2018が279ユーロ(約37,000円)、Nokia 1が85ドル(約9,000円)、Nokia 8810 4Gが79ユーロ(約10,000円)となっています。

続きを読む

ZTE、縦長画面とデュアルカメラを搭載した高コスパなミッドレンジスマホ「Blade V9」および「Blade V9 Vita」をMWC 2018で発表!Android Go搭載モデル「Tempo Go」なども


ZTEがミッドレンジスマホ「Blade V9」シリーズを正式発表!5GやAndroid Goへの取り組みも

ZTEは25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE Blade V9」および「ZTE Blade V9 Vita」、Android Goスマホ「ZTE Tempo Go」などを発表しています。

発売時期はBlade V9がスペインやドイツ、ロシア、メキシコ、中国で2018年3月より発売され、その他の国・地域でも順次投入される予定で、Tempo Goはすでにアメリカなどで出荷開始しており、日本での販売についてはどの機種については明らかにされていませんが、Bladeシリーズについては前機種「Blade V8」などが発売されていることもあり、投入される可能性はありそうです。

なお、価格はBlade V9が3GB内蔵メモリー(RAM)&32GB内蔵ストレージのモデルで264ユーロ(約35,000円)、4GB RAM&64GBストレージモデルで299ユーロ(約39,000円)など、Tempo Goが79.99ドル(約8,500円)となっています。

続きを読む

次のプレミアムXperiaスマホはデュアルカメラ搭載へ!Sony Mobileが2眼+ISPで超高感度撮影が可能になる技術を発表。最高ISO感度は写真で51200、動画で12800に


次期ハイエンドXperiaではついにデュアルカメラを搭載か!?ソニーが超高感度撮影技術を開発

既報通り、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.7インチの「Xperia XZ2」および5.0インチの「Xperia XZ2 Compact」などを発表しました。

またプレスイベントの最後に同社がスマホ向けにデュアルカメラ技術を開発していることが紹介され、従来はレンズ交換式デジタルカメラ(いわゆる「デジタル一眼カメラ」)でしか成し得なかった最高ISO感度(静止画撮影時51200/動画撮影時12800)の超高感度撮影を実現したことを明らかにしました。

今回は具体的にデュアルカメラを搭載する製品は発表されませんでしたが、今後のXperiaシリーズにてデュアルカメラ搭載製品の投入を示唆しており、認証機関を通過しているハイエンドモデルは3つあったため、恐らく今回発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compactに加えてもう1機種、今年のいずれかのタイミングで投入されそうです。

特に直前にデュアルカメラを搭載した大画面スマホの開発が遅れているといった噂もあり、当初はこのMWC 2018に合わせる予定だったものが、遅れてしまったためにデュアルカメラ技術のみの紹介となったと考えると、そう遠くないうちに製品自体も発表されるのではないかと予想されます。

なお、Xperia XZ2およびXperia XZ2 Compactについてはすでに公開している「Sony Mobile、5.7インチ「Xperia XZ2」と5.0インチ「Xperia XZ2 Compact」のフラッグシップスマホ2機種を発表!デザインを刷新し、縦長ほぼ全画面に。S845や4GB RAMなどを搭載 - S-MAX」をご参照ください。ここではXperia XZ2・XZ2 Compact以外の発表内容をまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

Sony Mobile、5.7インチ「Xperia XZ2」と5.0インチ「Xperia XZ2 Compact」のフラッグシップスマホ2機種を発表!デザインを刷新し、縦長ほぼ全画面に。S845や4GB RAMなどを搭載


ソニーブランドのフラッグシップスマホ「Xperia XZ2・XZ2 Compact」が発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.7インチの「Xperia XZ2」および5.0インチの「Xperia XZ2 Compact」、ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」などを発表しています。

Xperia XZ2・XZ2 Compactは同社初の縦長画面を採用した“ほぼ全画面デザイン”を採用し、デザインを刷新して美しい曲線による丸みのある外観となりました。ともに解像度がフルHD+(1080×2160ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ」を採用し、前面と背面の両方を3Dラウンドガラスを用いています。またスペックも共通でQualcomm製の最新ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」や4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)を搭載し、引き続いて960fpsのスローモーション撮影に対応した「Motion Eyeカメラ」や防水・防塵などの特徴を備えています。

なお、Xperia XZ2およびXpeira XZ2 Compactはともに日本を含めた各市場で発売する予定で、海外ではXperia XZ2およびXperia XZ2 Compactともに3月以降に順次発売され、価格はフィンランドではXperia XZ2が799ユーロ(約105,000円)から、Xperia XZ2 Compactが599ユーロ(約79,000円)からとなっており、日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでも「Xperia」シリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

ファーウェイが次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」を3月27日に発表へ!パリで発表会を開催し、ライブ中継も実施。MWC 2018ではタブレット「MediaPad M5」シリーズなどが発表


ファーウェイの次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」シリーズは3月27日に発表!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M5」シリーズやWindowsパソコン(PC)「HUAWEI Matebook X Pro」、5G対応モデム「HUAWEI 5G CPE」などを発表しています。

また次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)が「HUAWEI P20」シリーズになるとし、その発表会を現地時間(CET)で2018年3月27日(火)にフランス・パリで開催することを明らかにし、発表会はライブ中継も実施するとしています。

ティザー画像には「SEE M◯◯◯RE WITH AI」と記載されており、このうちの「M◯◯◯RE」はトリプルレンズカメラを搭載することを示唆しています。すでに販売中の「HUAWEI Mate 10 Pro」などと同様にAIに対応したチップセット(SoC)「Kirin 970」を搭載しつつ、新たに背面はトリプルカメラになると見られます。

なお、現時点では認証情報などからベースモデル「HUAWEI P20」のほか、上位モデル「HUAWEI P20 Pro」の存在が確認されており、トリプルレンズカメラは上位モデルだけが搭載していると予想されています。本記事では主にMWC 2018のプレスイベントで発表されたMediaPad M5シリーズとMateBook X Pro、5G CPEについて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。