S-MAX

Macアプリ

LINEアプリのパソコン(Windows・Mac)やChrome向けで新規登録が可能に!ただし、SMSが受信できる電話番号が必要


LINEがWindowsやMac OS Xなどのパソコン・タブレットで新規登録可能に!

LINE Corp.は29日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )におけるパソコン(WindowsおよびMac OS X)とChromeブラウザー向けのアプリにて新規登録が行えるようになったとお知らせしています。

それぞれ8月に入ってからアプリをバージョンアップしており、最新バージョンはWindows 8および10向けが5.3.0、Mac OS X向けが4.8.3、Chrome向けが1.4.4となっています。

続きを読む

日本マイクロソフトがiPhoneやAndroidでも本格的に使える「Office 2016」を発表!Windows 10 Mobileでも動くの?【レポート】

iOSやAndroidでも使えるOffice 2016

日本マイクロソフトは29日、都内にてプレス向けイベント「Microsoft Office Press Conference」を開催し、9月23日より「Office 365」ユーザー向けに提供されているオフィスアプリケーション「Office 2016」についての説明が行われた。

Office 2016は、クラウドベース(Office 365)で提供され、WindowsはじめMac OS X、iOSやAndroidなどのマルチプラットフォームに対応する。新しいOfficeは特にクラウド(OneDrive)連携に力を入れており、グループでの編集やマルチプラットフォームでの閲覧・編集機能を特徴としている。

今回はこのOffice 2016の機能と、スマートフォン(スマホ)、タブレットなどのマルチプラットフォームについて紹介していく。

続きを読む

Google、1600万画素までの静止画と1080pまでの動画が無料で無制限に保存できるクラウドストレージサービス「Google フォト」のWindowsおよびMac向けアップロード用アプリを提供開始


Google フォトのPC用自動アップロードアプリが提供開始!

Google(グーグル)が提供開始した新しい写真・動画用クラウドストレージサービス「Google フォト」( https://photos.google.com )。

サービス提供開始とともにAndroidおよびiOS向けアプリ、そして、パソコン(PC)など向けWebサービスが提供されていますが、今回、新たにPC向けに写真や動画のアップロードを行なうアプリ「Google Photos Backup」が提供開始されています。

対応OSはWindowsおよびMac OS Xで、利用料は無料。アプリは公式Webページ( https://photos.google.com/apps )からすでにダウンロードできます。

続きを読む

Amazon.co.jpにてMac OS X搭載パソコンで「Kindleストア」の電子書籍が読めるアプリ「Kindle for Mac」を提供開始!コミックおよび和書は320万冊以上が対象


Mac版Kindleアプリがリリース!

アマゾン ジャパンは13日、同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて販売している和書やコミックを含む電子書籍「Kindle本」をMac OS X搭載パソコン上で快適に読むことができる無料アプリケーション「Kindle for Mac」( http://www.amazon.co.jp/kindleformac )の提供を2015年2月13日(金)より開始したと発表しています。

利用料は無料。対応OSはMac OS X 10.9.5以上。閲覧可能なコミックおよび和書は320万冊以上としています。

同社ではPCでもKindle本のうちのコミックや雑誌などが閲覧んできるWebブラウザー専用アプリケーション「Kindle Cloud Reader」を昨年9月に提供開始し、その後、今年1月にWindows搭載パソコン向けアプリ「Kindle for PC」を提供していましたが、今回、ようやくコミックおよび雑誌以外の和書がMacでも読めるサービスが提供されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。