S-MAX

MacBook

飛行機の手荷物でもOK!USB PD対応でスマホだけでなくMacBookなどの製品も充電可能なモバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058」を試す【レビュー】


MacBook Proも充電可能なモバイルバッテリーを紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットの普及に伴って充電にモバイルバッテリーを使っているという人も多いかと思います。黎明期は5000mAh程度の容量のバッテリーが主流でしたが、今となっては20000mAhをも超えるほどの大容量バッテリーも多数販売されています。

この度、バッテリーをはじめとしたサプライ品を販売するRAVPowerより最大30WのUSB PDに対応した26,800mAhの大容量バッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058(以下、RP-PB058)」を提供いただきましたのでさっそく使用感をレビューして行きたいと思います。

続きを読む

Apple、新型MacBook Proを発表!薄型・軽量化しつつ高性能に――ファンクションキーがタッチディスプレイ式「Touch Bar」になって指紋認証にも対応、非搭載の通常モデルもあり


Appleが新ノートパソコン「MacBook Pro」を発表!

Appleは27日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州クパチーノにある本社にて発表会「Apple Events - Keynote October 2016」を開催し、新型パソコン「MacBook Pro」やテレビ用「TV」アプリ、動画作成ソフト「Final Cut Pro X」などを発表しています。

新型MacBook Proは既存機種と同様に13インチと15インチの2つの画面サイズが用意され、小型化・薄型化・軽量化されながらも性能は向上しており、さらにキーボードの最上段にファンクションキー(Fnキーと同時に押すと「F1」や特殊キーになるキー)の代わりに表示を切り替えてタッチ操作できる「Touch Bar」やその最右列に指紋認証「Touch ID」を搭載しています。

また、13インチモデルにはTouch Barが搭載されておらず、通常のFnキーを搭載したモデルも用意され、大きく3つのモデルがラインナップされます。なお、新型MacBook Proの発売に合わせて既存の「MacBook Air」のうちの11インチモデルは販売を終了し、13インチモデルは値下げされています。

価格は発表会が行われたアメリカでは13インチのTouch Barなしモデルが1499ドル(約158,000円)から、13インチモデルが1799ドル(約190,000円)から、15インチモデルが2399ドル(約253,000円)から。

日本での価格(税別)は、13インチのTouch Barなしモデルが148,800円から、13インチモデルが178,800円から、15インチモデルが198,000円からで、すでに販売受付を開始しており、Touch Barなしモデルが即日出荷、Touch Barがある2モデルは2〜3週間後に出荷予定となっています。

続きを読む

1つは持っておきたい小型&安価なdodocool製USB Type-C対応USB変換アダプターを試してみた!スマホでホスト機能も利用可能ーー40%OFFクーポンでなんと179円に【レビュー】


dodocoolのUSB Type-C対応USB変換アダプターをレビュー!

スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などで徐々に普及してきている新しい充電およびデータ接続のための端子「USB Type-C」。日本でも昨年発売された「MacBook」や「Nexus 6P」、「Nexus 5X」に続き、今年に入って採用する製品の割合は高くなってきています。

最近ではau向けスマホ「HTC 10」やSIMフリースマホ「HUAWEI P9」、少し遡ればWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」などが採用しており、これまでにもケーブルやUSBハブなどの対応製品を紹介してきました。

一方で持ち歩いて使うなら大きなUSBハブではなく、小型のUSBアダプターのほうが良いという場合もあるでしょう。そこで今回は「dodocool USB-C to USB-A Adapter Convert USB 3.1 Type-C to USB-A Connector(型番:DA73)」を実際に使ってみましたので外観などを写真を交えて紹介します。

実売価格(すべて税込)は記事執筆(2016年7月19日)時点でAmazon.co.jpにて299円となっていますが、さらに販売元から期間限定40%OFFクーポンを配布してもらいましたので適用すると179円とかなり安く手に入りますので是非購入を検討してみてください。

続きを読む

HDMIにも対応したEC Technology製USB Type-Cハブを新しいMacbookやNexus 6P、NuAns NEOなどで試してみた【レビュー】


HDMIにも対応したEC Technology製USB Type-Cハブを試した!

パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などの新しい充電およびデータ接続のための端子「USB Type-C」に対応した製品が徐々に販売されてきており、最近発表された製品では「HUAWEI P9」シリーズや「LG G5」などと増えてきています。

筆者も昨年に発売されたノートPC「新しいMacBook」やAndroidスマホ「Nexus 6P」に続いて、今年もWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」を購入し、少しずつUSB Type-Cに移行しようとしています。

一方で、これまで使っていたUSB A端子やmicroUSB端子などのケーブルやUSBハブなどの周辺機器が使えなくなり、買いかえなければなりませんが、USB Type-Cに対応した製品はまだ数が少ないという印象。

そんな中で今回は、日本でもAmazon.co.jpにて「iEC USBハブ Type-C HDMIアダプタ 充電USB3.0ポート搭載 USBケーブル一体型 シルバー」として今年1月27日から販売されているHDMI出力にも対応したUSB Type-C接続のUSBハブ「IEC Technology Portable High-Speed Type-C USB 3.0 Hub(型番:U10C3S01)」(EC Technology製)を紹介したいと思います。なお、現時点での価格は3,999円(税込)。

続きを読む

Apple、12インチRetinaディスプレイ搭載パソコン「MacBook」をリニューアル!Skylake搭載で、新たにローズゴールドが追加――すでに予約受付中で、4月20日発売


Appleの12インチMacBookがリニューアル!

Appleは19日(現地時間)、昨年4月に発表・発売した12インチRetinaディスプレイを搭載したプラットフォームに「Mac OS X」を採用したノートパソコン「MacBook」(以下、12インチMacBook)を新たにチップセットをIntelのSkylake世代にリニューアルしたモデルを発表しています。

また、新しくiPhoneやiPadシリーズで導入しているカラーバリエーションのローズゴールドも追加され、4色展開となりました。

すでに公式Webストア「Apple Online Store」などにて予約受付が実施されており、発売日は2016年4月20日(水)となっています。

価格(税別)はチップセットと内蔵ストレージ(SSD)がCore m3・256GBで148,000円、Core m5・512GBで184,800円。なお、直販ではCore m7も選択可能。

続きを読む

Apple製ノートパソコン「新しいMacBook」用のInateck製ケース2種類が販売開始!フェルト素材ベースのシックなプロテクターケースを写真で紹介【レビュー】


新しいMacBook専用のケースを紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの周辺機器を開発・販売するInateckがApple製ノートパソコン「The new MacBook」(以下、新しいMacBook)専用のケース2種類を販売開始しています。

1つは持ち手の付いた「Inateck 12インチ インナーケース New MacBook 12/ウルトラブック/ネットブック用(型番:LB1200B/G)」、もう1つはマグネット式の蓋が付いた「Inateck 12インチ ラップトップスリーブ New MacBook 12/ウルトラブック/ネットブック用 プロテクターケース(型番:LC1201)」でそれぞれAmazon.co.jpでは2,199円および2,099円で販売されています。

今回はちょうど新しいMacBookのケースをどうしようか迷っていたのもあり、プロテクターケースのほうをゲットしてみましたので写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Appleの12インチRetinaディスプレイ搭載パソコン「新しいMacBook」を購入したので開封してみた【レポート】


新しいMacBookを購入してみた!

Apple(アップル)が4月10日から販売開始したプラットフォームに「Mac OS X」を採用した12インチRetina(レティーナ)ディスプレイ搭載ノートパソコン「The new MacBook」(以下、新しいMacBook)。

解像度が高いRetinaディスプレイになっただけではなく、1Kgを切る約920gの軽量ボディーに新しいキーボードと押したかのように思える新しい感圧タッチトラックパッド、そして、新しい標準規格「USB type C」を搭載するなど、形は標準的な折りたたみノートパソコンですが、薄型ノートパソコンの完成形とも思われていた「MacBook Air」をさらに先に行くモデルになっています。

そんな新しいMacBookですが、MacBook Airの新機種が2年近くなかったことも影響して人気となり、発売日に公式Webショップ「Apple Online Store」では直後こそ納期が2〜3日以内に出荷でしたが(カスタマイズすると4〜6週間)、すぐに4〜6週間となり、今ではカラーによっては6月となっています。

発売日のApple Online Storeにおけるスタートダッシュに打ち合わせで参加できずに購入が遅くなりましたが、ヨドバシカメラのWebショップ「yodobashi.com」で注文していたものが届きましたので開封の模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Apple、13インチ「MacBook Pro」と11および13インチ「MacBook Air」をリニューアル!第5世代Core iプロセッサーや新しいフォースクリック対応トラックパッドなどを搭載――すでに販売中


13インチ「MacBook Pro」と11および13インチ「MacBook Air」がリニューアル!

Apple(アップル)は9日(現地時間)、新製品などを発表するプレス向けスペシャルイベント「Spring Forward.」を開催し、約13.1mmや約920gというより薄く軽い12インチRetinaディスプレイを搭載した「新しいMacBook」を発表したことに伴い、13インチの「MacBook Pro」および11および13インチの「MacBook Air」をアップデートして併売すると発表しています。

新しいMacBook ProとMacBook Airには第5世代のIntel Core i5およびi7プロセッサー(開発コード名:Broadwell)が搭載されているほか、新しいMacBookに搭載されたカーソルを正確にコントロールできる圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、マルチタッチジェスチャーが利用可能)が搭載されています。

それぞれすでに販売されており、公式Webショップ「Apple Store」では1〜3営業日で出荷となっています。価格は13インチのMacBook Proは148,800円(税抜)から、11インチのMacBook Airは102,800円(税抜)から、13インチのMacBook Airは112,800円(税抜)から。

続きを読む

Apple、12インチRetinaディスプレイ搭載パソコン「新しいMacBook」を発表!薄さ13.1mmや920g、Core M、ファンレス、USB Cなど――4月10日発売で、価格は14万4800円から


軽く薄い12インチノートパソコン「新しいMacBook」が発表!

Apple(アップル)は9日(現地時間)、新製品などを発表するプレス向けスペシャルイベント「Spring Forward.」を開催し、12インチRetinaディスプレイを搭載したプラットフォームに「Mac OS X」を採用したノートパソコン「The new MacBook」(以下、新しいMacBook)を発表しています。

発売日は2015年4月10日(金)に出荷予定。現時点では公式Webショップ「Apple Store」にて「まもなく登場」となっており、事前予約受付は開始されていません。

カラーバリエーションは最近の同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズと同様にシルバーおよびゴールド、スペースグレイの3色が用意されています。

価格は1.1GHzデュアルコアCPU(Turbo Boost時最大2.4GHz)および256GB内蔵ストレージ(SSD)で148,800円(税抜)、1.2GHzデュアルコアCPU(Turbo Boost時最大2.6GHz)および512GB内蔵ストレージ(SSD)で184,800円(税抜)となっています。

続きを読む

Haswell搭載MacBook Airを購入!AndroidスマートフォンでUSBテザリングをする方法を紹介【ハウツー】


MacでUSBテザリングをする!

基本的にWindowsユーザーではありますが、諸般の理由から現在はMacをメインユースしています。使っていたのがMacBook Airの2011年モデルだったので、そろそろ買い換えてもいいかなということでHaswell搭載モデルが発表されてすぐに購入しました。

ぼちぼち初期設定などを行い、そろそろ乗り換えてもいいかなというところで、AndroidスマートフォンのUSB経由による「テザリング」の設定も行なっておくことにしましたので、ついでなので紹介しておきます。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。