S-MAX

Mate

進化したLeicaトリプルカメラや画面内指紋センサーなどを搭載した次世代高性能スマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」をファーストインプレッション!外観と主な機能をチェック【レポート】


静止画も動画もAIで進化!ファーウェイのフラグシップスマホ「Mate 20 Pro」が発売

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は28日、東京・八芳園にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、新たに超広角カメラを加えたLeicaトリプルカメラを搭載するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」(Huawei Technologies製)を11月30日より順次発売すると発表した。

HUAWEI Mate 20 Proは、デュアルNPU(Neural network Processing Unit)とオクタコアCPUなどを搭載する最新ハイエンド向けチップセット(SoC)「HUAWEI Kirin 980」を搭載し、ハイパフォーマンスとAIによる使いやすさが操作性やカメラ、電池持ちなどの各所に活かされているフラッグシップモデルだ。

基本スペックとしてシステムにはAndroid 9(開発コード:Pie)をベースとした独自ユーザーインターフェース「EMUI 9.0」を採用し、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、そして外部ストレージとしてファーウェイが独自規格として立ち上げたnanoSIMカードサイズの「NMカード」を新たに採用する。

その他、画面内指紋認証や3D顔認証、防水(IPX8)、防塵(IP6X)にも対応するほか、通信面では無線LAN(Wi-Fi)がIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz対応)、BluetoothがVersion 5.0、キャリアアグリゲーション(CA)をサポートし、高音質通差サービス「VoLTE」についてはNTTドコモとソフトバンクに加え、au VoLTEにも発売後にソフトウェア更新で対応予定としている。

販路は家電量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)に加え、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて2018年12月中旬以降より取り扱うことも発表されている。価格はSoftBank版以外のSIMフリー版の市場想定価格およぼ公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では税抜111,880円(税込120,830円)となっている。

今回は発表会終了後に行われたタッチ&トライ会場で実機に触れることができたので、まずはファーストインプレッションをしていきたいと思う。詳細なレポートおよび動画は別記事で行う予定である。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」を発表!シングルSIMで、本体色にブラックも用意し、12月中旬発売。NMカードは12月10日発売で128GBが約2万円


SoftBankからもプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」が登場!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は28日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」を日本で2018年11月30日(金)より順次発売すると発表しました。

販路は家電量販店およびECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)に加え、ソフトバンクが移動体通信事業者(MNO)では唯一取り扱うとのこと。ソフトバンクは同日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年冬モデル」としてHUAWEI Mate 20 Proを発売すると発表しています。発売時期は2018年12月中旬以降を予定。

またSoftBankでは発売に先立って12月7日(金)からソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を開始するとのこと。価格は別途案内予定。

なお、家電量販店やECサイト、MVNOで販売される製品はSIMフリー版となっていますが、SoftBankが販売する製品は購入時にSIMロックがかかっており、さらにSIMカードスロットが1つのシングルSIMモデルとなっているほか、プリインストールされているアプリがSoftBank向けとなっています。

さらに本体カラーがSIMフリー版はミッドナイトブルーおよびトワイライトであるのに対し、SoftBank版はミッドナイトブルーおよびブラックとなっていて、ブラックは日本ではSoftBankからのみ販売されることになります。

またSIMフリー版と同様にSoftBank版もファーウェイ・ジャパンが実施する2018年12月31日(月)までに購入して専用Webサイトで2019年1月15日(火)までに申し込みをした人全員にもれなくQUOカード1万円分をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

続きを読む

ファーウェイ、最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」を日本で11月30日より順次発売!量販店・ECサイト・MVNOのSIMフリー版に加え、SoftBankからも販売


高性能なSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」が日本でも発売に!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は28日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 Pro」およびスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」(ともにHuawei Technologies製)を日本で発売すると発表しています。

発売日はHUAWEI Mate 20 Proが2018年11月30日(金)順次、HUAWEI WATCH GTが2018年12月7日(金)より順次となっており、価格は市場想定価格およぼ公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」ではHUAWEI Mate 20 Proが税抜111,880円(税込120,830円)、HUAWEI WATCH GTのスポーツモデル(ブラック)が税抜24,880円(税込26,870円)、 クラシックモデル(シルバー)が税抜25,880円(税込27,950円)。

販路は家電量販店およびECサイトに加え、HUAWEI Mate 20 Proについては仮想移動体通信事業者(MVNO)およびソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて取り扱い、SoftBank版は発売時期が2018年12月中旬以降を予定し、SoftBank版のみ購入時にSIMロックがかかっており、それ以外はSIMフリー製品となっています。

またファーウェイ・ジャパンではHUAWEI Mate 20 Proの発売を記念して発売日から2018年12月31日(月)までに店頭またはオンラインで購入した人全員に10,000円分の商品券をプレゼントするキャンペーンを実施するとのこと。商品券の発送は2019年1月下旬を予定しており、詳細はキャンペーンページ( http://huawei-cpn.jp/mate20/ )をご覧ください。

さらにHUAWEI Mate 20 Proの購入者限定特典としてファーウェイ独自のアプリ配信マーケット「Huawei AppGallery」における10%割引コード(最大5,000円分)をもれなくプレゼントするほか、Trip.com提供の抽選で白馬東急ホテル2泊&スキー場リフト2日券をプレゼントするとのこと。

その他、西日本初のファーウェイ・ショップが11月30日にヨドバシカメラマルチメディア梅田(ヨドバシ梅田)内にオープンし、一部のヨドバシカメラやビックカメラ、イオンにて体験イベントが実施され、HUAWEI Mate 20 Proをベースにしたポルシェデザインモデル「HUAWEI Mate 20 RS」も参考展示されるということです。

続きを読む

ファーウェイ、最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 20」シリーズの発表会を11月28日に開催!ハイエンドチップセット「Kirin 980」搭載の新機種がいよいよ日本発売へ


ファーウェイが最新プレミアムスマホ「Mate 20」シリーズの上位モデルを11月28日に発表へ!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は22日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )において2018年11月28日(水)に最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20」シリーズの日本向け新製品を発表することを予告しています。

ツイートには「2018年11月28日 スマホ新時代の到来」という日付およびキャッチコピー、そして「HIGHER INTELLIGENCE IS COMING 2018.11.28 TOKYO.JP」という文字が入ったティザー画像が投稿されており、同日に発表会も開催されると見られます。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリープレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」のプリインストールアプリを紹介!AI処理に特化したSoC「Kirin 970」を活かした機能も【レビュー】


AI対応CPUを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」のプリインアプリをチェック!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月1日に発売されたSIMフリーの最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」(Huawei Technologies製)。価格はオープンながら希望小売価格は89,800円(税別)ですが、各種割引などを行っている販売拠点もあり、6万円台から購入可能となっています。

製品としては同社の最上位スマホ「Mate」シリーズの縦長ディスプレイによる“ほぼ全画面デザイン”などの流行を取り入れて上位機種で、AI(人工知能)機能を内蔵した専用プロセッサー「NPU(Neural-network Processing Unit)」を搭載した最新チップセット(SoC)「Kirin 970」を採用したフラグシップモデルとなっています。

そんなHUAWEI Mate 10 Proを購入した筆者ですが、前回は個装箱と内部の同梱品などの開封レポートをお送りしました。そこで今回は、HUAWEI Mate 10 Proのプリインストールアプリや主な機能などを紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。