S-MAX

MotoG

モトローラ、デュアルSIMで3Gと4G LTEが同時に利用できるSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!価格は3万2800円からで、すでに予約受付中


モトローラがSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは13日、SIMフリーの指紋センサーを搭載したAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)を日本で発売すると発表しています。

注目は3G(W-CDMA)と4G(FDD-LTE方式)の同時利用ができるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応している点。発売日は2016年7月22日(金)で、すでに本日7月13日(水)から事前予約受付が開始されています。

価格は内蔵ストレージが16GBモデルで32,800円、32GBモデルで35,800円(ともに税別)。各仮想移動体通信事業者(MVNO)やオンラインストア、家電量販店にて販売されます。

続きを読む

国内初の4Gデータ通信と3G音声通話の同時利用か?モトローラの最新スマホ「Moto G4 Plus」が日本で発売へーーIIJmio meeting 12で展示され、技適取得済み【レポート】


モトローラの最新スマホ「Moto G4 Plus」が日本で発売へ!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」( http://www.iijmio.jp )のユーザー参加型勉強会イベント「IIJmio meeting 12」を2016年7月2日(土)に大阪、2016年7月9日(土)に東京で開催し、それぞれの会場にてMotorola Mobility(以下、モトローラ)製の最新スマートフォン(スマホ)「Moto G Plus」(以下ではMoto Gの第4世代であることがわかるように「Moto G4 Plus」と記載)を実機展示していました。

また、展示機では少なくとも電磁式の日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が確認できませんでしたが、すでに取得しているということで日本で発売されそうです。

実際にSIMカードが装着されており、デュアルSIM対応かつ両方のSIMカードスロットで3G以上の待受に対応した「デュアル・スタンバイ(DS)」に対応しているということで、日本初のDS対応機種になる可能性も出てきました。

続きを読む

Motorola Mobility、Moto Gの第4世代シリーズ「Moto G4」と「Moto G4 Plus」、「Moto G4 Play」を発表!Plusは急速充電や指紋認証などに対応


Motorolaが海外向けに新スマホ「Moto G4」と「Moto G4 Plus」、「Moto G4 Play」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは17日(現地時間)、同社のミドルレンジからミドルハイレンジのスマートフォン(スマホ)「Moto G」シリーズの最新モデル「Moto G(第4世代)」(以下、Moto G4)として「Moto G」(以下、Moto G4)および「Moto G Plus」(以下、Moto G4 Plus)、「Moto G Play」(以下、Moto G4 Play)の3機種を発表しています。

Moto G4はブラジルで、Moto G4 Plusはブラジルとインドで発表日から発売され、順次、北米や中南米、欧州、アジア・パシフィックにて販売される予定。また、Moto G4 Playはグローバル市場にて今年の晩夏に投入するとしています。

現時点では各機種ともに日本での販売については明らかにされていません。Moto Gシリーズの第3世代では「Moto G」が販売されているほか、「Moto X Play」も販売されたのでどの機種かは投入されるかもしれません。

続きを読む

モトローラ・モビリティ・ジャパン、SIMフリースマホ「Moto G(第3世代)」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを提供開始


SIMフリースマホ「Moto G(第3世代)」にAndroid 6.0 Marshmallowに!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは15日、NTTレゾナントが販売するSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G(第3世代)」(Motorola Mobility製)に最新プラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」の提供を開始したとお知らせしています。

ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が2016年1月15日(金)より順次提供されるとのこと。なお、更新後のビルド番号は「MPI24.65」。

続きを読む

NTTレゾナント、gooSimsellerにて防水対応SIMフリースマホ「Moto G(第3世代)」を2万4800円で限定先行販売開始!2016年1月にAndroid 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップ予定


SIMフリースマホ「Moto G (2015)」がgooSimsellerにて販売開始!

NTTレゾナントは21日、SIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G(第3世代)」(Motorola Mobility製)を「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMパッケージ付でWebストア「NTTコムストア by gooSimseller」にて2015年12月21日(月)11時から限定先行販売を開始すると発表しています。

価格は特別価格で24,800円(税抜)。同社では出荷時はOSがAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)ですが、今後に最新のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)にOSバージョンアップを予定していると案内しています。現時点では2016年1月を予定していますが、ソフトウェア更新(OTA)の開発状況によって遅れる可能性があるとしています。

続きを読む

Google Playストアにて「Moto G」のPure Androidモデルが登場!Android 4.4 KitKat搭載で米国のみ179ドルから販売中


Moto GのGoogle Playエディションが登場!

Google(グーグル)は14日(現地時間)、直営Webショップ「Google Playストア」にてモトローラ・モビリティー製スマートフォン「Moto G」の「Google Play Edition」を発売しています。

現在、米国のみで販売されており、価格は8GBモデルが179ドル(約18,000円)、16GBモデルが199ドル(約20,000円)。なお、日本での発売については現時点では予定がないとのことです。

続きを読む

Motorola、低価格と手堅いスペックが特徴のAndroidスマートフォン「Moto G」を発表!SIMフリーかつキャリア縛りなしで8GBが179ドルと安い


ゼロから始めるスマートフォン

Motorola(モトローラ)は13日(現地時間)、Androidスマートフォンの新製品「Moto G」を発表しました。

廉価モデルで、SIMフリーおよびキャリア契約なしの8GBモデルで179ドル(18,000円弱)、16GBモデルは199ドル(20,000円弱)という非常に安価な価格設定がされています。

今週中にブラジルと欧州の一部で発売されます。その後、数週間以内に中南米、欧州、カナダ、そして一部のアジアでも発売します。今のところ日本での発売については言及されていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。