S-MAX

Motorola

Motorola、広角+超広角レンズ搭載のデュアルカメラや防水・防塵などに対応した新ミッドハイレンジスマホ「Moto X4」を発表!前面も1600万画素で自撮り機能が強化


モトローラが新しいスマホ「Moto X4」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、デュアルカメラを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用の防水対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Moto X(第4世代)」(以下、Moto X4)を発表しています。

発売時期はヨーロッパでは9月を予定し、価格は399ユーロ(約52,000円)。また今秋以降にアメリカを含む他の国・地域でも順次販売する計画となっています。なお、日本への投入については明らかにされていません。

続きを読む

Motorola、Moto G5シリーズを強化した新ミッドレンジスマホ「Moto G5S」と「Moto G5S Plus」を発表!Plusはデュアルカメラになって奥行き情報取得やボケ効果などに対応


モトローラが新しいスマホ「Moto G5S」と「Moto G5S Plus」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは1日(現地時間)、同社のミッドレンジ向けスマートフォン(スマホ)「Moto G」シリーズのAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載の新製品「Moto G5S」および「Moto G5S Plus」を発表しています。

これらの2機種は今年2月に発表され、日本でも3月31日に発売された「Moto G5」および「Moto G5 Plus」をベースによりパワーアップした製品で、。

どちらの機種も今月よりグローバル市場で販売が順次開始され、今秋にはアメリカで発売予定。価格はヨーロッパではMoto G5Sが249ユーロ(約32,000円)から、Moto G5S Plusが299ユーロ(約39,000円)からとなっています。

日本での販売については明らかにされていませんが、最近のモトローラ・モビリティ・ジャパンは積極的にSIMフリー市場に投入してきているだけにMoto G5やMoto G5 Plusに続いて発売に期待したいところです。

続きを読む

Motorola、割れにくい5.5インチWQHD有機ELディスプレイやSnapdragon 835、デュアルカメラなどを搭載したMoto Mods対応スマホ「Moto Z2 Force」を発表!360°カメラモジュールも発売


薄くてタフなMoto Mods対応スマホ「Moto Z2 Force」が発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは25日(現地時間)、拡張機能「Moto Mods」に対応した新しい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Force(Moto Z Force 第2世代)」を発表しています。

アメリカではすでに予約がはじまっており、公式Webストア「Motorola.com」やBest Buy、AT&T、Sprint、T-Mobile、US Cellular、Verizonなどで2017年8月10日(木)より販売され、価格は月額30ドルもしくはSIMフリー版の本体一括で720ドル(約80,000円)。今夏の後半にはメキシコやブラジル、ヨーロッパ、中東、アフリカの各国に展開されます。

また新しいMoto Modsとして360°カメラ「Moto 360 Camera」も発表され、同じくアメリカでは8月10日に発売され、価格は299ドル(約33,000円)。その後、グローバル市場で販売される予定となっています。

続きを読む

カメラやプロジェクターにトランスフォームするモトローラの個性派スマホ「Moto Z2 Play」と「Moto Mods」を写真と動画で紹介!Hasselblad True Zoomも試す【レポート】


拡張して楽しめるSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」をチェック!

今やSIMフリースマートフォン(スマホ)市場は“格安スマホ”だけではなくプレミアムモデルや個性派モデルなど、大手携帯電話会社のスマホにはない魅力的な製品が登場している。

その中でも個性的な製品がモトローラ・モビリティ・ジャパンが6月29日に発売したSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」だ。Moto Z2 Playはモトローラのプレミアム「Moto Z」シリーズで、上位機種にはフラグシップモデルの「Moto Z」がある。

主なスペックとして、5.5インチFHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ、CPUにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 626(MSM8953 Pro)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDはUHS-Iの2TBに対応。

一見ごく普通のミドルレンジクラスのスマホだが、背面にカメラやプロジェクター、バッテリーなどの機能モジュール「Moto Mods」を取り付けることで様々なニーズに対応する。価格はオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」では53,800円(税抜)。

今回は、Moto Z2 PlayとMoto Modsを6月20日に行われた新製品発表会のタッチ&トライと、前モデル「Moto Z Play」で試用したMoto Modsの使用感を交えて紹介していく。

続きを読む

モトローラが発売直後の新製品「Moto Z2 Play」などを試せるタッチアンドトライイベントを秋葉原駅構内で開催!拡張機器「Moto Mods」の体験も可能【レポート】


駅ナカでモトローラ製品を体験できるイベントを秋葉原で開催!

Lenovo傘下で「Moto」シリーズのスマートフォン(スマホ)などを展開するモトローラ・モビリティ・ジャパンが2017年7月15日(土)から16日(日)にかけて東京・秋葉原駅構内にて同社の製品を体験できるイベント「Motto Moto Touch and Try Event in Tokyo」を開催しています。

イベントは駅構内のイベント区画にて開催され、週末という人通りが多い環境の中、多くの人がイベントに参加していました。開催は両日ともに11時から19時まで。筆者も同イベントに参加して来たので会場の様子をレポートします。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーで高級感のあるSIMフリースマホ「Moto G5 Plus」に新色オックスフォードブルーを追加!G5・Z・Z Playとともにベータ機能でNTTドコモとauのVoLTEに対応


SIMフリースマホ「Moto G5 Plus」に新色ブルーが追加!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは3日、今年3月より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus(型番:XT1685)」の新色「オックスフォードブルー」(型番:AP3824AE3J4)を2017年7月6日(木)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格は既存色と同じ35,800円(税抜)で、公式Webショップ「Moto ストア」でも同額の38,664円(税込)ですでに事前予約受付を開始しています。

これにより、Moto G5 Plusはこれまで販売されてきたルナグレーまたはファインゴールドと合わせて3色展開となります。なお、Moto G5 Plusでは同時に発売された「Moto G5」や「Moto Z Play」、「Moto Z」とともにベータ機能としてNTTドコモおよびauのVoLTEに対応する方法を案内しています。

続きを読む

モトローラ、薄く軽くなったMoto Mods対応のSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を日本で6月29日に発売!Moto ModsもTurbo Powerパックやワイヤレス充電キャップを販売


モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」が6月29日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは20日、都内にて「スマートフォン新機種およびMoto Mods新ラインナップ記者発表会」を開催し、新たに約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Play(Moto Z Play 第2世代)」を2017年6月29日(木)に発売すると発表しています。

またMoto Z2 Playも対応する「Moto Z」シリーズ用の拡張機能「Moto Mods」の製品として「Turbo Powerパック」および「ワイヤレス充電キャップ」も発売し、それぞれ7月1日(土)および7月中旬に販売開始するということです。

価格(税別)はそれぞれオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」ではMoto Z2 Playが53,800円、Turbo Powerパックが9,800円、ワイヤレス充電キャップが4,680円。

さらに発表会ではMoto Modsのラインナップのひとつであるゲームコントローラー「moto GAMEPAD」を夏の終わり頃に日本で発売することを明らかにしています。

続きを読む

Motorola、薄く軽くなってスペックアップしたMoto Mods対応の第2世代スマホ「Moto Z2 Play」を発表!5.5インチフルHD有機ELやデュアルピクセルカメラなどを搭載


モトローラがMoto Mods対応の新スマホ「Moto Z2 Play」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは1日(現地時間)、拡張機能「Moto Mods」に対応した新しい約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Play(Moto Z Play 第2世代)」を発表しています。

日本でも発売された「Moto Z Play」の後継機種で新たにMoto Modsに対応しながらも薄く軽くなり、さらにCPUのクロック数が上がったり、各種スペックアップしており、日本でも発売された「Moto G5 Plus」と同じく「Galaxy S7 edge」などが搭載している1画素が1.4μmと大きなデュアルピクセルセンサーを背面のカメラに採用するなどしています。

同日よりブラジルにて発売され、価格は1,999ブラジルレアル(約69,000円)となっているほか、グルーバル市場で今月より順次販売開始され、アメリカではVerizonから販売され、今夏にMotorola.comで499ドル(約56,000円)で販売される予定となっています。現時点では日本への投入については不明。

また新しいMoto Modsも発表され、「Moto TurboPower Pack」は79.99ドル(約9,000円)、「Moto Style Shell」は39.99ドル(約4,500円)、「JBL SoundBoost 2」は79.99ドル(約9,000円)、「Moto GamePad」は79.99ドル(約9,000円)で販売されるということです。

続きを読む

ハイエンドクラスのカメラ機能を搭載するSIMフリースマホ!モトローラ「Moto G5 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


低価格ながらGalaxy S7 edgeにも採用されているデュアルピクセルオートフォーカスを搭載!

既報通り、モトローラ・モビリティは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、メタルボディーでAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus」および「Moto G5」、さらに「Moto Z」シリーズ用機能モジュール「Moto Mods」として「ビークル・ドック」など4種類の発売を発表した。

Moto G5 Plusは3月31日発売を予定しており販売価格は35,800円、Moto G5も3月31日発売予定で販売価格は22,800円、ビークル・ドックは2017年春以降の発売予定で販売価格は9,800円だ(価格はすべて税抜)。

今回は発表会のタッチ&トライコーナーでMoto G5 Plusの試作機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーになったミドルレンジのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を日本で3月31日に発売!Moto Zシリーズ用拡張機能「Moto Mods」も新製品を投入


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」が3月31日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5(型番:XT1676)」および「Moto G5 Plus(型番:XT1685)」などを日本で2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

海外でも今年2月26日にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表されたばかりの新機種で、新たにメタルボディーになって低価格ながら高級感のある外観や1画素のサイズが大きいセンサーを搭載したカメラなどが特長となっています。

価格はオープンながら市場予想価格はMoto G5が22,800円、Moto G5 Plusが35,800円(ともに税別)。発売に先立って本日3月16日より事前予約受付を開始。内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは海外ではいくつかのモデルが販売されていますが、日本ではMoto G5が2GB RAM+16GBストレージ、Moto G5 Plusが4GB RAM+32GBストレージとなっています。

また合わせて昨秋に発売した「Moto Z」および「Moto Z Play」で使える周辺機器「Moto Mods」の新製品として車載用「Incipio Vehicle Dock」および「Charging Adapter」、「Wireless Charging」、「Turbo Charger Vehicle」の4つを2017年4月以降に発売するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。