S-MAX

Motorola

モトローラのSIMフリースマホ「moto z3 play」を写真と動画で紹介!10倍ズームカメラやプリンターと合体する拡張機能「moto mods」に対応【レポート】


moto modsが使える最新スマホ「moto z3 play」が日本でも発売!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンが都内にて「スマートフォン新製品発表会」を10月12日に開催し、拡張機能「moto mods」で機能拡張可能なSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto z3 play」(Motorola Mobilities製)を10月13日に発売することを発表した。

主なスペックとしてQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 636(SDM636)」(1.8GHzオクタコアプロセッサ-)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDカードスロット(最大2TBまで)、3000mAhバッテリー、NFCなど。なお、microSDカードはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)使用時にはnanoSIMカードと排他利用となる。

通信機能は高音質通話サービス「VoLTE」に対応し、NTTドコモおよびau、ソフトバンクの携帯電話網をサポートするほか、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4/5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 5.0に対応する。また同梱品として18Wターボパワー充電器が付属。

市場想定価格は56,800円(税抜)で、性能としてはミッドレンジクラスとなるが、moto mods対応製品としてはエントリーモデルとなり、さまざまなmoto modsを楽しむためのベースモデルとしては、コストパフォーマンスが良いと言える。

今回はそんなmoto z3 playについて発表会のプレゼンテーションのスライドを交えて実機をタッチ&トライしてきたので外観や特徴などをまとめて写真と動画で紹介していく。

続きを読む

モトローラのエントリー向けSIMフリースマホ「moto g6 play」を写真と動画で紹介!アマゾン限定販売で実売2万円台半ばのお手頃価格が魅力【レポート】


モトローラのエントリースマホ「moto g6 play」を写真&動画でレポート!




モトローラ・モビリティ・ジャパンは12日、都内にて「新製品発表会」を開催し、アスペクト比9:18の約5.7インチ・HD+(1440×720ドット)Max Visionディスプレイや4,000mAhの大容量バッテリーを搭載したエントリー向けスマートフォン(スマホ)「moto g6 play」(Motorola Mobilities製)を展示しました。

本機は日本国内向けのSIMフリースマホとして9月28日よりオンラインショップのAmazon.co.jp限定で発売が開始されており、実売価格が24,624円(税込)と安価な点が特徴です。同社のスマホは各シリーズごとにスタンダードな「無印」、大型な「Plus」、エントリー向けの「Play」の3つにカテゴライズされており、今回のモデルはエントリー向けモデルとなります。

発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

モトローラ、拡張機能「moto mods」に対応したSIMフリースマホ「moto z3 play」を10月13日に発売!価格は約6万円で、上位モデルでは初の国内3キャリアに対応


モトローラのSIMフリースマホ「moto z3 play」が日本でも発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは12日、都内にて新製品発表会を開催し、海外では今年6月に発表したアスペクト比9:18の縦長な約6.01インチFHD+(1080×2160ドット)有機ELディスプレイ搭載のAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「moto z3 play」(Motorola Mobility製)を2018年10月13日(土)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「moto ストア」では56,800円(税抜)で、moto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われます。

販売されるのはディープインディゴ(型番/SKU:PABH0005JP)の1色。なお、moto z3 playはSIMフリー版で、はじめて「moto z」シリーズで日本国内のNTTドコモおよびau、ソフトバンクのすべてのネットワークに対応するということです。

続きを読む

Motorola、新フラッグシップスマホ「moto z3」と装着すると5G対応になるmoto modを発表!縦長6インチFHD+有機ELやS835、4GB RAMなど。アメリカでVerizonから発売


モトローラが5G Readyなmoto mods対応の新スマホ「moto z3」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは2日(現地時間)、拡張機能「moto mods」に対応した新しいアスペクト比9:18の約6.01インチフルHD+(1080×2160ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「moto z3(moto z 第3世代)」および第5世代移動通信システム(5G)に対応した「5G moto mod」を発表しています。

同社の最上位「moto z」シリーズの最新機種で、同シリーズでは日本でも発売された初代Moto Zに続いてとなり、最大の特徴は“5G Ready”を謳った5G moto modを装着することで5Gに対応するところとなります。一方でチップセット(SoC)が昨年のハイエンド向け「Qualcomm Snapdragon 835」となっていたりします。

まずはアメリカにて2018年8月16日(木)にVerizonより発売され、価格は24回分割払いで月々20ドルの総額480ドル(約53,000円)で、さらにより5Gへ移行しやすくするようにすでに使っている機種からのアップグレードで交換すると300ドル(約33,000円)となっています。一方、5G moto modは2019年初頭にアメリカにて発売される予定。

現時点ではどちらも日本への投入については不明ですが、これまでにもMoto Zが販売されているだけにmoto z3については日本での発売も期待されます。なお、Verizon向けのmoto z3についても日本で使われている4G(LTE)のBand 18やBand 19などに対応しています。

続きを読む

2万円を切る低価格からラインナップ!流行りの縦長画面と使いやすさが魅力のモトローラの新スマホ「Moto G6」および「Moto G6 Plus」、「Moto E5」を写真と動画で紹介【レポート】


モトローラのミドルクラススマホ「Moto G6」シリーズと2万円を切るエントリースマホ「Moto E5」をレポート!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は7日、都内にて新製品発表会を開催し、海外では今年4月に発表した流行りの縦長画面などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Moto G6 Plus」および「Moto G6」、そしてエントリースマホ「Moto E5」(ともにMotorola Mobility製)を2018年6月8日(金)より順次発売すると発表した。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではMoto G6 Plusが税抜38,800円(税込41,904円)、Moto G6が税抜28,800円(税込31,104円)、Moto E5が税抜18,500円(税込19,980円)である。その他にも家電量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などでも取り扱われる。

今回は発表会終了後に行われたタッチ&トライにて実機に触れることができたので、おおよそ4万円、3万円、2万円と売れ筋の価格帯に投入されるMoto G6 PlusおよびMoto G6、Moto E5の各機種を写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。