S-MAX

Motorola

モトローラ、デュアルSIMで3Gと4G LTEが同時に利用できるSIMフリースマホ「Moto Z」と「Moto Z Play」を日本で10月中旬に発売!ともに拡張機能「Moto Mods」に対応し、すでに予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z」と「Moto Z Play」が10月中旬に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは27日、MotorolaブランドのSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto Z」および「Moto Z Play」(ともにMotorola Mobility製)を日本で発売すると発表しています。Amazon.co.jpや各家電量販店のほか、DMM Mobileなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)も取り扱う予定。

発売時期は2016年10月中旬から出荷開始予定で、本日9月27日からすでに予約受付を実施しています。価格(特に記載がない場合はすべて税別)はオープンながらメーカー希望小売価格がMoto Zが85,800円、Moto Z Playが53,800円で、予約受付をしているAmazon.co.jpではMoto Zが92,664円(税込)Moto Z Playが58,104円(税込)でともに10月30日(日)に出荷予定となっています。

また両機種ともにすでに販売中の「Moto G4 Plus」と同様に「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応し、これらの「Moto Z」シリーズ専用で背面に装着できる拡張機能「Moto Mods」が利用可能。なお、Moto Modsはバッテリーパックやハッセルブラッドのレンズカメラ、プロジェクター、スピーカーなどの8種類がラインナップされています。

続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の指紋認証や基本機能を紹介!ロック解除速度をiPhone 6sとも比較【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の指紋認証や基本機能をレビュー!

日本初のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)対応のスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)がモトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売されました。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ(eMMC)の違いによって2GB RAM・16GB eMMCモデルと3GB RAM・32GB eMMCモデルがあり、それぞれ価格が32,800円および35,800円(ともに税別)。Amazon.co.jpでは3GB RAM・eMMCモデルのみが販売されています。

筆者も予約して購入し、これまでに開封して外観や同梱物を紹介したほか、注目のDSDSについて伝えてきました。レビュー3回目の今回は、指紋センサーによる生体認証や基本機能について画面画像と動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

Motorola、指紋センサーやUSB Type-Cを搭載した低価格スマホ「Moto Z Play」を発表!Hasselbladから10倍光学ズーム対応Moto Modsモジュールも


Motorolaが新スマホ「Moto Z Play」を発表!光学10倍レンズモジュールも

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2016年9月2日(金)から9月7日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2016」に合わせて新しい約5.5インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ搭載のAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto Z Play」を発表しています。

Moto Zシリーズとして機能拡張できるカバー「Moto Mods」に対応しており、指紋センサーやUSB Type-Cを搭載していながら普及帯の低価格なミドルレンジモデルとなっています。

発売は欧州では2016年9月以降、米国では2016年9月8日を予定しており、価格は欧州では499ユーロ(約57,400円)、米国では449.99ドル(約46,500円)またはVerizon向け「Moto Z Play Droid」が408ドル(約42,100円)。

また、スウェーデンのカメラメーカー「Hasselblad(ハッセルブラッド)」からMoto Modsに対応した光学10倍に対応したレンズモジュール「Hasselblad True Zoom」も発表されています。発売は2016年9月を予定し、価格は299ドル(30,900円)。

続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の注目機能デュアルSIM・デュアルスタンバイを写真と動画で紹介!格安SIMなどの動作状況もチェック【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の注目機能「DSDS」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売された人気となっているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ(eMMC)の違いによって2GB RAM・16GB eMMCモデルと3GB RAM・32GB eMMCモデルがあり、それぞれ価格が32,800円および35,800円(ともに税別)となっています。販売拠点もAmazon.co.jpに加えて、ビックカメラ系列などのほか、NTTレゾナントの公式Webストア「SIMフリースマホ Moto G4 Plus + 選べるOCNモバイルONEセット 【送料無料】goo SimSeller」でも販売開始され、ようやく在庫も追いついてきた印象です。

前回に少し遅くなったものの、購入したので開封して外観や同梱品を紹介しましたが、今回は注目の日本初デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)について紹介したいと思います。

続きを読む

日本初のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応!モトローラの指紋センサー搭載SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を購入したので外観や同梱品を紹介【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)。日本初のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応した機種ということで人気となり、発売当初は在庫がまったくない状態でした。筆者も発売前に「Amazon.co.jp」にて事前予約をしていたものの、予約時期が遅かったのもあって届いたのは8月に入ってからでした。

その後もNTTレゾナントが公式Webストア「SIMフリースマホ Moto G4 Plus + 選べるOCNモバイルONEセット 【送料無料】goo SimSeller」で販売開始するなど、販売拠点は増えているものの、goo SimSellerでも現時点ではホワイトは在庫切れとなっており、Amazon.co.jpでもブラックが1〜3週間以内、ホワイトが3〜5週間以内に配送と在庫薄となっているようです。

また、価格.comの「スマートフォン 人気ランキング」でもXperia X Performanceやarrows M03、HUAWEI P9 liteなどを抑えて1位になっており、購入後の満足度などの評価が高い製品となっています。

今回は少し紹介が遅くなりましたが、そんなMoto G4 Plusを購入したので何回かに分けてレビューしていきたいと思います。まず最初は開封して外観や同梱品を写真で紹介していきます。

続きを読む

モトローラ、デュアルSIMで3Gと4G LTEが同時に利用できるSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!価格は3万2800円からで、すでに予約受付中


モトローラがSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは13日、SIMフリーの指紋センサーを搭載したAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)を日本で発売すると発表しています。

注目は3G(W-CDMA)と4G(FDD-LTE方式)の同時利用ができるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応している点。発売日は2016年7月22日(金)で、すでに本日7月13日(水)から事前予約受付が開始されています。

価格は内蔵ストレージが16GBモデルで32,800円、32GBモデルで35,800円(ともに税別)。各仮想移動体通信事業者(MVNO)やオンラインストア、家電量販店にて販売されます。

続きを読む

国内初の4Gデータ通信と3G音声通話の同時利用か?モトローラの最新スマホ「Moto G4 Plus」が日本で発売へーーIIJmio meeting 12で展示され、技適取得済み【レポート】


モトローラの最新スマホ「Moto G4 Plus」が日本で発売へ!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」( http://www.iijmio.jp )のユーザー参加型勉強会イベント「IIJmio meeting 12」を2016年7月2日(土)に大阪、2016年7月9日(土)に東京で開催し、それぞれの会場にてMotorola Mobility(以下、モトローラ)製の最新スマートフォン(スマホ)「Moto G Plus」(以下ではMoto Gの第4世代であることがわかるように「Moto G4 Plus」と記載)を実機展示していました。

また、展示機では少なくとも電磁式の日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が確認できませんでしたが、すでに取得しているということで日本で発売されそうです。

実際にSIMカードが装着されており、デュアルSIM対応かつ両方のSIMカードスロットで3G以上の待受に対応した「デュアル・スタンバイ(DS)」に対応しているということで、日本初のDS対応機種になる可能性も出てきました。

続きを読む

Motorola Mobility、Moto Gの第4世代シリーズ「Moto G4」と「Moto G4 Plus」、「Moto G4 Play」を発表!Plusは急速充電や指紋認証などに対応


Motorolaが海外向けに新スマホ「Moto G4」と「Moto G4 Plus」、「Moto G4 Play」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは17日(現地時間)、同社のミドルレンジからミドルハイレンジのスマートフォン(スマホ)「Moto G」シリーズの最新モデル「Moto G(第4世代)」(以下、Moto G4)として「Moto G」(以下、Moto G4)および「Moto G Plus」(以下、Moto G4 Plus)、「Moto G Play」(以下、Moto G4 Play)の3機種を発表しています。

Moto G4はブラジルで、Moto G4 Plusはブラジルとインドで発表日から発売され、順次、北米や中南米、欧州、アジア・パシフィックにて販売される予定。また、Moto G4 Playはグローバル市場にて今年の晩夏に投入するとしています。

現時点では各機種ともに日本での販売については明らかにされていません。Moto Gシリーズの第3世代では「Moto G」が販売されているほか、「Moto X Play」も販売されたのでどの機種かは投入されるかもしれません。

続きを読む

モトローラ、Android Wearスマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」の国内販売を本格化!Googleストア以外でも販売し、42mmモデルも登場


ゼロから始めるスマートフォン

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は5日、Android Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」を日本にて2016年4月下旬に発売すると発表しました。同日より予約受付けを開始しています。市場想定価格(税抜)は37,500円~41,204円。

すでに紹介したようにMoto 360(2nd Gen)の国内販売は先月末より「Googleストア」を通じて行われていますが、今後販売が本格化され、4月下旬からは仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、オンラインストアなどの各所でも販売されるようになります。

続きを読む

グーグル、Android Wearスマートウォッチ「Moto360 2nd Gen」を日本のGoogle ストアにてようやく販売開始!価格は44,500円で、1~2営業日以内に出荷予定


ゼロから始めるスマートフォン

グーグルは31日、日本の公式Webストア「Google ストア」( https://store.google.com )にてウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したMotorola Mobility製スマートウォッチ「Moto 360 2nd Gen(第2世代)」を販売開始しています。

当初は昨年12月上旬以降に発売予定であると案内していましたが、かなり発売が遅れました。価格(税込)は44,500円で、1~2営業日以内に出荷すると案内されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。