S-MAX

NECカシオモバイルコミュニケーションズ

スマホでカチカチできる!“折りたたみのN”が放つ、まさかの外側2画面の折りたたみスマートフォン「MEDIAS W N-05E」を写真と動画でチェック【レポート】

1ad4bbc2.jpg

“カチカチできるNスマホ”「MEDIAS W N-05E」は買いだ!

既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の折りたたみ2画面スマートフォン「MEDIAS W N-05E(メディアス・ダブル・エヌゼロゴイー)」(以下、N-05E)を4月中旬に発売することを発表した。

同発表会の展示会場においてN-05Eの展示機を試すことができたので写真と動画で紹介する。


続きを読む

NTTドコモ、NECカシオ製のダブルディスプレイスマートフォン「MEDIAS W N-05E」を発表!大画面と携帯性を両立

b2e2fd92.jpg

2画面ディスプレイのN-05Eが発売に!

NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」の発表会を行い、LTE規格の次世代高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」やスマートフォンとタブレットの良さを1台で満喫できるダブルディスプレイ搭載Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を採用したスマートフォン「MEDIAS W N-05E」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

MEDIAS W N-05E」は携帯性と大画面を両立した新形状となっています。インターネットや地図を約4.3インチqHDを2画面使って約5.6インチの大画面で楽しむことができます。発売予定は2013年4月中旬となっています。

続きを読む

待望のG'zOneが復活!今度のG'zはシェアするタフネススマートフォン「G'zOne TYPE-L CAL21」を写真と動画でチェック【レポート】

d7d3b07c.jpg
待望の防水・防塵・耐衝撃のタフネススマートフォン

既報の通り、KDDIは17日、au向けの2012年冬モデル発表会を都内で開催し、カシオ計算機製の「G'zONE TYPE-L CAL21」(以下、CAL21)を11月2日(金)に発売すると発表した。

同発表会の展示会場で、このCAL21を試すことができたので、写真と動画で紹介する。

続きを読む

新しいメディタブはどう変わった?全部入り「MEDIAS TAB N-06D」と最軽量「MEDIAS TAB UL N-08D」を比較してみた(ソフトウェア編)【レビュー】

9d4ef143.jpg

メディタブの中身はどう進化した?

NTTドコモから発売中のNEC製の7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(以下N-08D)は、約249gの軽量ボディが特徴のモデルです。一方、春モデルとして発売されている同じくNEC製の「MEDIAS TAB N-06D」(以下N-06D)は防水性能に対応のほか、赤外線通信機能、おサイフケータイにも対応、さらにモバキャス放送「NOTTV」を視聴できるなど全部入り端末となっています。

前回はN-08DとN-06Dの外観の違いについてのレビューをお届けしましたが、今回は、内蔵ソフトウェアについてチェックしていきます。

続きを読む

新しいメディタブはどこが進化した?全部入り「MEDIAS TAB N-06D」と、最軽量「MEDIAS TAB UL N-08D」の違いをチェック(外観編)【レビュー】

b0503243.jpg
メディタブ同士でガチンコ勝負!

NTTドコモから発売中のAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)搭載の7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(NEC製)は、春モデルとして発売された「MEDIAS TAB N-06D」(NEC製)が全部入りだったのに対し、防水やFelicaなどの機能を省き、薄さと軽さを重視したモデルとなっています。

この二台は今後も併売されるとのことですが、今回は二つの違いについてチェックしていきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。