S-MAX

NTT

NTTグループが熊本県を中心に公衆無線LANサービスや公衆電話を無料化!Wi-Fiは九州地方の稼働状況を確認できるエリアマップも公開


00000JAPANだけでなく、自治体・地域Wi-Fiや公衆電話も無料開放!

NTTグループ各社が4月14日からの「熊本地震」の発生を受けて熊本県を中心に九州地域における公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを無料開放しているほか、熊本県と大分県の全域で公衆電話を無料で使えるようにしています。

すでに紹介しているように、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」が災害用無料Wi-Fiサービス「00000JAPAN」として利用できるほか、NTTメディアサプライが提供するWi-Fiサービス「DoSPOT」や自治体のWi-Fiサービス、NTTブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)が運用する地域Wi-Fiサービスなどが無料開放されています。

その他、これらのNTTグループが無料開放しているWi-Fiサービスの稼働状況をGoogleマップ上にプロットした「九州地方 公衆無線LAN稼働状況」をNTT空間情報が公開しています。

続きを読む

ソフトバンク、フレッツ光回線を借り入れた独自固定サービスを提供予定!SoftBank携帯電話とのセット割引も導入へ


ソフトバンクもフレッツ光の独自固定サービスと携帯電話とのセット割を提供へ!

ソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBBは31日、東日本電信電話(以下、NTT東日本)および西日本電信電話(以下、NTT西日本)が提供する光回線サービス「フレッツ光」を借り入れた独自の固定ブロードバンドサービスをソフトバンクBBが提供する予定だと発表しています。

また、ソフトバンクモバイルはソフトバンクBBが提供する予定の光回線による独自の固定ブロードバンドサービスを取り扱い、一緒に契約するとソフトバンクのスマートフォン(スマホ)などの通信料金から一定金額を割り引くセット割引サービスを提供する予定。なお、サービスの内容などは準備が整い次第、案内するとしています。

続きを読む

NTTドコモ、携帯電話と固定回線のセット契約「ドコモ光パック」を2015年2月に提供へ!上位プランほどお得に


NTTドコモが携帯電話と固定回線のセット契約「ドコモ光パック」を提供予定!

NTTドコモは31日、2015年3月期第2四半期(2014年7〜9月)決算説明会を開催し、同社の携帯電話回線と固定のインターネット回線(光回線)のセット契約で利用料を割り引く「ドコモ光パック」を2015年2月より開始する予定であることを明らかにしています。

グループ会社のNTTが提供する「光コラボレーションモデル」を利用し、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」回線を借り入れて固定向けデータ通信サービス「ドコモ光」を提供し、これと携帯電話向け新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」とのセットにすると割り引きを受けられるようにします。

続きを読む

NTTドコモ、トレーニング支援サービス「Runtastic for docomo」の発表!機能素材「hitoe」を活用したトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse」シリーズも発売


NTTドコモが着るだけで活動量が測定できる服を発売!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、ランニングやサイクリングなどのトレーニング時に計測したデータを記録・管理し、ユーザーのトレーニングについての各種サポートを行なうサービス「Runtastic for docomo」を2014年12月から提供すると発表しています。

Runtastic for docomoはフィットネスアプリのベンダーである「Runtastic」とNTTドコモが共同開発したサービスで、ランニングやサイクリングをはじめとしたトレーニング支援アプリ6種類が月額350円(税抜)で利用できます。

スマートフォン(スマホ)などの対応デバイスを身に付けてトレーニングすると、GPS位置情報などをもとに、運動時間や距離、ペース、消費カロリー、移動経路などのトレーニングデータを計測し、計測したトレーニングデータはクラウド上に蓄積され、専用のアプリケーションやWebページから手軽に確認できるほか、詳しい分析やコーチングを受けたり、友人と活動記録を共有することが可能です。さらに、楽しみながらトレーニングを継続してできるようにRuntastic for docomoオリジナルの機能として、トレーニング量に応じたドコモポイントをプレゼントします。

他にも、Runtastic for docomoはゴールドウインが販売するウェア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズに対応。C3fit IN-pulseシリーズは着用するだけで心拍数などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を活用したウェア型の計測用デバイスで、取得した心拍数データはhitoe専用のトランスミッター「hitoeトランスミッター 01」(パナソニックシステムネットワークス製)とスマホなどを連携させることでアプリに表示できます。

C3fit IN-pulseシリーズは着るだけのウェア型のため、長時間のトレーニング時の着用でも違和感やセンサーの位置のズレが少なく、正確に心拍数が計測できるので、目的に合わせた効果的なトレーニングが可能となります。

今後、C3fit IN-pulseシリーズ以外にも連携できるデバイスを追加するとともに、計測できるトレーニングデータの種類を拡大するなど、サービスの拡充を図っていくとしています。

続きを読む

NTT、視覚障がい者用のスマホ向け文字入力インターフェース「Move&Flick」を開発!今後、アプリ提供なども検討


NTTが視覚障がい者用のスマホ向け文字入力アプリ「Move&Flick」を開発!

日本電信電話(以下、NTT)は21日、視覚障がい者用のスマートフォン(スマホ)向け文字入力インターフェース「Move&Flick」を開発したと発表しています。

開発した文字入力インタフェースでは常に始点を画面中央に置き、そこから8方向のフリックによって子音、その後に母音を決定するという2回の指の移動方向を検知し、正確な文字入力を実現しています。

続きを読む

NTTドコモ、株主総会で「NTTの光回線」とのセット割引提供を明言!auと同程度の1410円前後の割引へ


NTTドコモがNTT東西の光回線とのセット割引を導入へ!

NTTドコモは19日、東京にあるホテルニューオータニにて「第23回 定時株主総会」を開催し、その中で同社取締役社長の加藤薫氏がグループ会社のNTTが提供する「光コラボレーションモデル」を受けて、同社の携帯電話サービスと組み合わせることで利用料金を割り引くセット割引を提供する意向を明らかにしました。

株主総会で加藤氏は、今後の業績予想および2014年度の取り組みを紹介する中で「できるだけ早期に光とモバイルを組み合わせた魅力的なサービスを提供したい。」と語りました。

また、27日にはNTT持株会社の日本電信電話社長の鵜浦博夫氏がNTTの規制緩和などを議論する総務省の審議会でにおいてauの固定とモバイルのセット割引である「auスマートバリュー」と同程度の1,410円程度になる可能性があるという見通しを示しました。

続きを読む

タウンページにスマホをかざすと詳細情報を取得できる「つながるタウンページ」が開始!まずは3月1日発行の東京23区分から


ゼロから始めるスマートフォン

NTTタウンページは27日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのカメラをタウンページの広告にかざすことで情報を取得できる新サービス「つながるタウンページ」の提供開始したと発表しています。

合わせて対応する専用アプリを配信開始。専用アプリ「つながるタウンページ」はiOS版およびAndroid版の両方が提供されており、iOS 6以上またはAndroid 4.1以上を搭載した機種で利用できます。利用料は無料。

まずは2014年3月1日(土)発行の東京23区エリアのタウンページで提供し、5月には青森・山形・滋賀・奈良エリアに拡大。その後全国に拡大する予定です。

続きを読む

総務省がNTTグループで携帯電話と固定通信のセット割引を解禁することを検討!NTT法を一部改正へ――代わりにNTT光回線を開放か!?


NTTドコモの携帯電話と固定通信のセット割ができる!?

日本経済新聞は10日、総務省がNTTグループに対して携帯電話と自宅で使う固定通信サービスの「セット割引」を解禁する検討を始めると報道しています。その他のメディアでも報道同様の内容が伝えられています。

記事では他の携帯電話事業を行っているKDDIグループやソフトバンクグループではすでに提供されていますが、NTTグループはシェアが高かったことにより、現在は市場の独占につながるとして禁止しています。

しかしながら、競争激化でNTTグループのNTTドコモの国内シェアが4割まで低下したため、通称「NTT法」と呼ばれる電気通信事業法の一部見直しの必要があると判断したとしています。NTTの1985年における民営化以来、NTTを縛ってきた「独占規制」が転換点を迎えるということです。

続きを読む

東レとNTTが着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を開発!NTTドコモが2014年中をめどにスマホ連携サービスを提供へ


心拍数や心電波形などを取得できる機能素材「hitoe」を使ったサービスが今年中に登場!

東レと日本電信電話(以下、NTT)は30日、着衣するだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe(ヒトエ)」を開発し、実用化したと発表しています。

また、NTTドコモが2014年中をめどにhitoeを利用した生体情報計測用ウェアとスマートフォン(スマホ)などを活用したサービスの提供を開始する予定だということです。

今回、東レとNTTは、最先端繊維素材であるナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性に優れ、生体信号を高感度に検出できる機能素材のhitoeの実用化に成功。

hitoeは肌へのフィット性や通気性などを兼ね備えており、この素材を使用した生体情報計測用ウェアを着用することによって、日常生活のさまざまなシーンにおいて心拍数や心電波形などの生体情報を快適かつ簡単に計測できるようになるということです。

今後、hitoeを活用した生体情報計測用ウェアの商品化への取り組みを開始し、NTTドコモは、hitoeのようなウェアラブル製品を活用し、ドコモ・ヘルスケアの健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」と連携するほか、スポーツ分野や健康増進分野などを中心とした新しいサービスの提供をめざすとしています。

続きを読む

NTT西日本、LTE対応のモバイルWi-Fiルーター「光ポータブルLTE」のレンタルを開始!SIMフリーでドコモやイー・アクセスのMVNOなどで利用可能

LTEに対応したモバイルWi-Fiルータのレンタルを開始!

NTT西日本は30日、固定回線サービス「フレッツ光」の契約者向けに、SIMフリーでLTEに対応したモバイルWi-Fiルーター「光ポータブルLTE」(NECアクセステクニカ製)のレンタルを2013年8月1日(木)より開始すると発表しています。

光ポータブルLTEのレンタル料金は月額315円で、通信サービスについては別途モバイルデータ通信事業者と契約を行う必要があります。

NTT西日本では、光ポータブルLTEのレンタル提供の開始に合わせて、フレッツ光とモバイルデータ通信サービスをセットにした「フレッツ光モバイルパック」にLTE対応プランを追加します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。