S-MAX

NTTコミュニケーションズ

携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」にて混雑時における通信速度改善を実施!https通信のペーシングを9月27日より導入し、YouTubeなどだけでなく全体で品質向上へ


OCN モバイル ONEが9月27日より順次https通信におけるページングで通信品質を改善!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は31日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )において同社が持つトラフィックコントロール装置の機能を活用し、インターネット利用時の通信速度を改善する取り組みを2017年9月27日(水)より順次実施すると発表しています。

具体的にはユーザーの利用が集中する混雑時間帯に「https通信のペーシング」を導入し、暗号化通信の一種であるhttps通信が行われる際にトラフィックコントロール装置によってスマートフォン(スマホ)やタブレットなどの利用端末に届くデータパケットを最適なペースにコントロールするということです。

これにより、YouTubeのような動画配信サービスでもよく用いられているURLが「https://」で始まるWebサイトを読み込む際などのhttps通信にて通信品質が改善するとしています。なお、本施策は自動的に適用され、利用者が特に設定変更や申込手続きなどをする必要はありません。

続きを読む

OCNモバイルONEの公式LINEアカウントがAIエンジン「COTOHA」を導入!格安SIM・スマホの初心者でも最適なプランや機種が見つけられる――プレゼントキャンペーンも実施中【レポート】


格安SIMについて分からないことはAIで解決!OCN モバイル ONEがCOTOHA導入

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は31日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )においてNTT Com LINE公式アカウントにAIエンジン「COTOHA」を2017年8月31日(木)より導入すると発表しています。

OCN モバイル ONEは低料金のかけ放題サービスや容量別のデータ通信プランの豊富なメニューを用意しているが、スマホ初心者やフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)からMVNOへ移行するユーザーにはハードルが高い。

そこで自然な話し言葉や書き言葉を理解し、人との高度なコミュニケーションを実現するAIエンジンのCOTOHAを導入してフォローを行う。これにより、SIMフリースマートフォン(スマホ)や格安SIMの初心者をサポートするという。

今回はCOTOHA導入について記者向けに事前説明会が行われたので、その内容を紹介していく。なお、COTOHAはNTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用したAIエンジンとなっている。

続きを読む

OCNモバイルONEにて良くかける相手への通話料が0円になる月額850円からの定額料金プラン「トップ3かけ放題」と10分かけ放題も使える「かけ放題ダブル」を発表【レポート】


OCNモバイルONEがMVNO業界初のちょうどいいかけ放題プラン発表!

NTTコミュニケーションズは30日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )において、新通話定額サービス「トップ3かけ放題」と「かけ放題ダブル」を発表した。

トップ3かけ放題は月額850円で、通話料金の合計が多い上位3番号の通話を0円する仕組み。かけ放題ダブルをトップ3かけ放題にプラスして10分かけ放題が利用可能となるもので、月額1,300円だ。

今回はこのMVNOの新たなトレンドになりそうな、2つのかけ放題プランについて記者向けに事前説明会が行われたので、その内容を紹介していく。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、日本のMVNOでは初の「eSIM」の実証実験を開始!GSMAの規格に準拠したM2Mモデルとコンシューマーモデルで日本・香港で実施


NTT Comが日本のMVNOで初のeSIM実証実験!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は24日、日本における仮想移動体通信事業者(MVNO)として初となる通信関連の世界的な業界団体GSMAの規格に準拠した「eSIM(embedded SIM)」の実証実験を開始したと発表しています。

SIMカードの通信プロファイル(携帯電話事業者・電話番号・契約内容などの情報)を遠隔から書き換えられるeSIMに対応する環境を香港のモバイル通信基盤上に構築し、IoTにおける活用やコンシューマー(一般消費者)の利用を想定した実証実験を日本および香港で行うとのこと。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、月額108円で利用できるセキュアなIoT向け低価格SIM「100円SIM」が提供開始!アメリカや中国、インドなど25カ国で利用でき、閉域網に接続可能


月額108円で利用できる、セキュアなIoT向け低価格SIMをNTTコミュニケーションズが提供開始へ!

NTTコミュニケーションズは3日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している企業向けモバイルネットワークサービス「Arcstar Universal Oneモバイル グローバルM2M」において月の通信量が1MB以下であれば月額108円(税込)で利用できるIoT向け低価格サービス「100円SIM」を2017年7月3日(月)より提供開始したと発表しています。

一般的な「格安SIM」サービスと違ってArcstar Universal Oneモバイル グローバルM2Mの閉域VPN網にアクセスすることができ、閉域網なのでパブリックなインターネットには接続できないようになっています。なお、月の通信量が1MBを超えた場合は、1MB超過毎に108円別途料金が発生します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。