S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモが他のポイントサービスから「dポイント」への変換で25%増量するキャンペーンを実施中!JALやVISA、JCB、東京ガス、マツモトキヨシなど全42社が対象


他のポイントサービスから「dポイント」への変換で25%増量するキャンペーン!

NTTドコモが昨年12月に会員サービス「dポイントクラブ」に合わせてリニューアルしたポイントサービス「dポイント」。先行する他社への対抗もあるのか、リニューアル後にさまざまなキャンペーンを行ってきており、現在もすでに紹介したように多く実施されています。

そんなdポイントは、NTTドコモの携帯電話利用料金の支払いにも使えるなど、なかなか便利に使えますが、今回、紹介した以外にNTTドコモでは2016年8月1日(月)から10月19日(水)までの期間限定で他にもポイントサービスからポイントを移行した場合に1.25倍になる「dポイント 25%増量キャンペーン!!」( http://smt.docomo.ne.jp/portal/dpoint/src/dpc_lp_25perup_main.html )を実施しています。

続きを読む

NTTドコモ向けVoLTE対応フィーチャーフォン「SH-01J」がFCC通過!冬モデルで「AQUOSケータイ」としてF-02Jとともに投入か


NTTドコモ向けシャープ製VoLTE対応ケータイ「SH-01J」がFCC通過!写真は「AQUOSケータイ SH-06G」

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、NTTドコモ向けフィーチャーフォン(従来型携帯電話)と見られるシャープ製「SH-02J」(FCC ID「APYHRO00240」)が通過したことを公開しています。

資料にはバッテリーカバーを外した背面や各種認証情報などが記載されたラベルが示されており、型番からNTTドコモ向けであると予想されます。ペットネームは不明ですが、順当なら「AQUOSケータイ SH-01J」となりそうです。

形状は折りたたみ型と見られ、現行機種「AQUOSケータイ SH-06G」と同様にOSにはAndroidを採用し、FDD-LTE方式にも対応していることから投入が示唆されているVoLTE対応フィーチャーフォンになると見られます。

なお、すでに紹介したようにVoLTE対応フィーチャーフォンと見られる富士通コネクテッドテクノロジーズ製「F-02J」もFCCを通過しており、場合によってはF-02Jはらくらくホン系になる可能性もあるかと思われます。

続きを読む

NTTドコモ、GALAXY S5 SC-04FやGALAXY S5 ACTIVE SC-02G、GALAXY Note Edge SC-01GにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


GALAXY S5 SC-04FやGALAXY S5 ACTIVE SC-02G、GALAXY Note Edge SC-01GがAndroid 6.0に!

NTTドコモは25日、同社が2014年に発売したサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「GALAXY S5 SC-04F」および「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」、「GALAXY Note Edge SC-01G」の3機種に対してより新しいプラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年8月25日(木)より提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでネットワーク(Wi-FiまたはXi、FOMA)経由で行う方法とUSBケーブルでパソコンと接続して行う方法が用意されており、更新時間はそれぞれGALAXY S5 SC-04FとGALAXY S5 ACTIVE SC-02Gが約18分および約30分、GALAXY Note Edge SC-01Gが約23分および約39分。なお、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとしています。

更新によって変更される点は主にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップに伴う内容で、案内されている変更点は3機種ともに同じで以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)Now on Tapの追加
アプリを使用中にホームボタンを長押しすると、起動中のアプリで表示されている内容から欲しい情報を予測して提案します。

2)消費電力の最適化
スマートフォン/タブレットを使用していないときの消費電力を低減します。また、普段あまり使用していないアプリの消費電力も低減します。

3)アプリに渡す情報をコントロール
アプリからの必要な情報へのアクセス許可について、これまでインストール時に一括で確認してきましたが、これからは情報を必要とするときに個別に確認します。また、アプリへ渡す情報は設定メニューから変更でき、より安全にお使いいただけるようになります。

4)指紋センサーによるWEBサインイン機能追加(GALAXY S5 ACTIVE SC-02G除く)
Samsungブラウザ経由で指紋センサーによるWEBサインイン機能が追加されました。

5)スマートマネージャーの追加
・バッテリー・ストレージ等を最適化することができます。
・スマートマネジャーの「最適化」を選択するとバックグラウンドのアプリを終了することができます。

6)ペン機能の追加
・エアコマンドのビジュアル変更。ショートカットのアプリ追加が可能(+2個)です。
・ペンを抜いている間はアイコンが常駐し、簡単にエアコマンドを呼び出せます。
・画面消灯時にペンを抜いて、そのままメモを書くことが可能になります(書いたメモはSノートに保存されます)。

7)改善される事象
・特定の条件下において、着信拒否が正常に動作しない場合がある。(GALAXY Note Edge SC-01G除く)
・特定の条件下において、VoLTE通話中に通話が切断される場合がある。(GALAXY Note Edge SC-01Gのみ)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモ向けと見られるZTE製スマホ「MO-01J」がBluetooth認証を通過!独自ブランドのマルチメディア特化製品か


NTTドコモ向けZTE製「MO-01J」がBluetooth.org通過!写真はイベント時のZTEブース

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは25日(現地時間)、同社の公式Webサイト「Bluetooth Qualification Program」( http://bluetooth.org )にてNTTドコモ向けと見られる未発表のZTE製スマートフォン(スマホ)「MO-01J」を認証したとしています。

すでに他の認証機関などから今年9月以降のNTTドコモの製品型番は現在の末尾「H」の次の「I」ではなく、富士通製「F-02J」などのように「J」になることが明らかになっています。

さらに公開された情報ではソフトウェアバージョンが「DCM_JP_AnakinV0.0.1B08」となっており、MO-01JがNTTドコモ向けであることが予想されます。

なお、スマートフォンとは明記されていませんが、タッチスクリーンであり、2Gおよび3G、4Gに対応した携帯電話であると記載されていることから恐らくスマホに類する製品となり、型番や説明文からマルチメディアに注力または特化した製品になるのではないかと思われます。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、山陽電鉄 本線の「西代駅~東須磨駅」区間トンネル内において携帯電話サービスを8月26日始発より提供開始


山陽電鉄 本線の西代駅~東須磨駅区間トンネル内で携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは25日、山陽電鉄が運行す「山陽電鉄 本線」における「西代駅~東須磨駅」区間のトンネル内において携帯電話サービスを2016年8月26日(金)始発より提供開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用可能となります。

続きを読む

クラウドファンディングも1日で達成!今ならまだ安く手に入る4枚のSIMカードを使い分けられる「SIM CHANGER ⊿」を紹介【レポート】

1回の充電で30日間使える通信回線切替デバイス「SIM CHANGER ⊿」の発表会をレポート!

Cerevo(セレボ)およびNTTドコモは2日、都内にて「ポータブルSIMの技術を活用した新商品発表会」を開催し、NTTドコモが開発した「ポータブルSIM」の技術を使ってSIMカードを切り替えて通信できるデバイス「SIM CHANGER ⊿(SIMチェンジャー・デルタ)」の開発を発表した。

発売はクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて200台限定で59日間の先行申し込みを開始し、目標台数に達した時点で一般販売を開始するというものだったが、すでに公開当日時点で目標を達成している。申し込みが殺到し、8月5日現在で500件を超える状況だ。

今回はこのスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのようなSIMカードを利用するデバイスをより便利に使えるSIM CHANGER ⊿について紹介していく。

続きを読む

高島屋、dカード支払いでポイント3倍キャンペーンを8月23日まで延長!dポイント加盟店参加は8月下旬を予定


shimajiro@mobiler

高島屋は1日、NTTドコモが提供するポイントサービス「dポイント」の加盟店への参加(2016年8月下旬予定)を記念して今年4月から開催しているポイント3倍キャンペーンを2016年8月23日(火)まで延長して実施するとお知らせしている。当初、延長前までは7月末までの予定となっていた。

キャンペーンでは高島屋にてクレジットカード「dカード」や「DCMX」(各GOLD含む)で支払うとdポイントが3倍貯まるというもの。対象店舗はタカシマヤ各店舗だけでなく、髙島屋オンラインストアなどのWebストアや通販などでもOKだ。

続きを読む

NTTドコモがキャンペーン「夏のスーパァ~チャンス!」を開始!dマーケットでポイント最大20倍、ローソンで10人に1人dポイント全額バック、マクドナルドでポイント5倍など


shimajiro@mobiler

NTTドコモは1日、会員サービス「dポイントクラブ」にてキャンペーン「dポイント 夏のスーパァ~チャンス!」( https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/dpoint/summer_cp/ )の実施を開始している。

dケータイ払いプラス支払対応のWebサイトにてdケータイ払いプラスで支払うと「dポイント」が最大20倍付与されるほか、NTTドコモの提供する「dマーケット」にて最大20倍ポイント還元、また、dカード特約店にて5,000円以上をdカードで支払うと抽選で20倍ポイントが付与されるなど、dポイント関連の多様なキャンペーンとなっている。

続きを読む

NTTドコモとエイベックス通信放送、スマホで360度パノラマ映像が楽しめるVR視聴専用アプリ「dTV VR」を提供開始!dTV会員以外も無料で視聴できるオリジナル作品も配信


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモとエイベックス通信放送は29日、スマートフォン(スマホ)などで360度パノラマの3D映像が楽しめるVR(バーチャルリアリティー)視聴専用アプリ「dTV VR」を配信開始したとお知らせしています。

対応プラットフォームはAndroid 4.3(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 7.0以降で、アプリは無料。また、dTV VRのリリースを記念して「dTV」の会員だけでなく誰でも無料で視聴できるオリジナルVR作品も配信開始。

またdTV会員限定となりますが、2016年8月27〜28日の2日間に東京・味の素スタジアムで開催される「a-nation stadiumfes. powered by dTV」のライヴステージのVR配信も行われます。配信時期は今秋を予定。

続きを読む

NTTドコモ、手軽に立てかけられる「grip edge」採用のハイスペックな10.5インチAndroidタブレット「arrows Tab F-04H」を7月29日に発売!気になる価格をチェック


NTTドコモが10.5インチAndroidタブレット「arrows Tab F-04H」を7月29日に発売!

NTTドコモは26日、今夏に発売する「2016年夏モデル」のうちの約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)有機ELディスプレイや64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2016年7月29日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、発売日発表に合わせて価格も案内されていましたので紹介します。

なお、富士通コネクテッドテクノロジーズではarrows Tab F-04Hなどの発売を記念して2016年9月30日(金)までLINEギフトコード最大2,000円分がもらえる「arrowsを体感して当てよう!LINEギフトコードプレゼントキャンペーン」を実施しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。