S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモがXperia 1 II SO-51AとXperia 10 II SO-41A、Galaxy S20+ 5G SC-52Aの発売時期を6月以降に延期!新型コロナウイルス感染症の影響


docomoがXperia 1 IIやXperia 10 II、Galaxy S20+ 5Gの発売時期を6月以降に延期!

NTTドコモは27日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて今年3月に発表した「2020年春夏モデル」のうちの5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II SO-51A」および「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、スタンダードスマホ「Xperia 10 II SO-41A」の3機種の発売時期を2020年6月以降に変更するとお知らせしたほか、公式Webサイトでも案内しています。

当初はXperia 1 II SO-51Aが4月下旬以降、Galaxy S20+ 5G SC-52AおよびXperia 10 II SO-41Aが5月下旬以降と案内していましたが、その後、Xperia 1 II SO-51Aも技術的に確認する事項が発生したとして5月下旬に延期されていました。なお、他社の「Xperia 1 II」や「Xperia 10 II」、「Galaxy S20+ 5G」は5月下旬から6月初頭での発売日が案内されており、技術的な問題ではないとのこと。

同社では今回の延期は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で緊急事態宣言は解除されたものの、引き続いて感染拡大への対応は不可欠となっており、ドコモショップなどの店頭における混雑の可能性を鑑みてスタッフや来店者の距離を保つソーシャルディスタンスを考慮したためとしています。

ドコモショップでは緊急事態宣言の解除を受けて6月10日(水)からは北海道や東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県でも営業時間短縮や業務内容縮小を終了する予定となっており、すでに発売している「iPhone SE(第2世代)」の販売状況も6月1日(月)以降にようやくすべての条件で予約・販売が行えるようになります。

そうしたことからNTTドコモでは新製品の発売については今後のドコモショップの混雑状況を見ながら判断するとしており、ソーシャルディスタンスを保てるような仕組みなどを順次導入するなどの対策を含め、新製品の発売日も順次案内していくとしています。

続きを読む

NTTドコモ、5月中に失効するdポイントを7月に再進呈で期間延長に!4月中失効分は再進呈時期が変更。新型コロナウイルス感染症の影響で


dポイント(期間・用途限定)の5月失効分も再進呈で実質期間延長に!

NTTドコモは26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴う外出自粛が続いていることからdポイントを利用しにくい環境であったことを踏まえて2020年5月中に失効した「dポイント」について2020年7月に再進呈を行うことで有効期限を実質的に延長するとお知らせしています。

同社ではこれまでに3月中および4月中に失効したdポイントについて再進呈することで有効期限を実質的に延長すると案内していましたが、5月中についても同様の措置が実施されることになりました。

再進呈されるdポイントは期間・用途限定となり、有効期限は2020年8月31日(月)です。対象は期間・用途限定ポイントだけでなく通常ポイントも含まれ、3月中に失効した分の再進呈されたdポイントは有効期限が5月31日までなので利用していなければ再々進呈となります。

なお、4月中に失効した分については当初は6月上旬に再進呈を予定していましたが、同社では新型コロナウイルスの状況を鑑みて5月中に失効した分と合わせて7月(予定)に再進呈され、有効期限は8月31日までとなるとのこと。

続きを読む

ミリ波対応の最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20+ 5G」を写真で紹介!ドコモ版「SC-52A」とau版「SCG02」が発売予定【レビュー】


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20 5G+」を写真でチェック!docomo版とau版が5月下旬以降に発売

サムスン電子が今年2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20」シリーズのうちのミリ波(mmWave)にも対応した「Galaxy S20+ 5G」がいよいよ日本でも5月下旬以降に発売される予定だ。

個々数年は毎年標準モデルと大画面な+(プラス)モデルが同時に発売されてきたGalaxyシリーズのフラッグシップモデルだが、今年はミリ波への対応もあってか、日本では標準モデルの「Galaxy S20 5G」がすでに3月に発売しているものの、大画面モデルのGalaxy S20+ 5Gは発売が遅くなっている。

現時点ではすでに発表されているようにNTTドコモ向け「Galaxy S20+ 5G SC-52A」と、au向け「Galaxy S20+ 5G SCG02」がそれぞれ5月下旬以降に発売予定で、すでに両機種ともにドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などにて事前予約受付を実施している。

価格(税込)は各直営店ではNTTドコモ向けGalaxy S20+ 5G SC-52Aが114,840円、au向けGalaxy S20+ 5G SCG02が133,280円で、それぞれ購入サポート施策の対象となっており、実質負担額はNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」によって76,560円(3,190円/月×24回)、auでは「かえトクプログラム」によって76,475円(3,325円×23回)となっている。

またキャンペーンも実施され、NTTドコモではGalaxy S20+ 5G SC-52Aを含む5Gスマホ全製品を対象に「5G WELCOME割」を実施し、機種変更となる契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)ではdポイント20,000ポイント還元するとのこと。

そんなGalaxy S20+ 5Gについて本記事ではNTTドコモとau向けのそれぞれについて外観や仕様の違いを写真を交えつつ紹介していく。なお、NTTドコモとau向けは基本的なハードウェアは共通となっているものの、ソフトウェアによって対応する周波数帯などが変えられている。

なお、NTTドコモが当初発売を予定していたGalaxy S20+ 5G SC-52Aをベースにした2020年東京オリンピックモデル「Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A」はイベントが延期されたことによって非常に残念ながら発売を中止することが発表されている。

続きを読む

ソニーの新スマホ「Xperia 10 II」をファーストインプレッション!外観や基本機能を紹介。NTTドコモやau、ワイモバイルから発売【レビュー】


ソニーの新スタンダードスマホ「Xperia 10 II」を試す!前作からかなり改善

ソニー子会社のソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が投入する新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 II(エクスペリア テン マークツー)」の発売が日本でもいよいよ近づいてきました。

発表当初から日本で発売されることが案内され、その後、NTTドコモから「Xperia 10 II SO-41A」、auから「Xperia 10 II SOV43」、Y!mobile(ワイモバイル)から「Xperia 10 II(型番:A001SO)」が発売されることが発表されました。

すでにワイモバイルではXperia 10 IIを5月29日に発売すると発表し、現在、ワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて事前予約受付を実施しています。またNTTドコモとauでも5月下旬以降に発売を予定しています。

ワイモバイルオンラインストアおける価格(金額はすべて税込)は本体価格が54,000円で、新規契約および他社から乗り換え(MNP)ではスマホベーシックプランSで12,240円割引の41,760円、スマホベーシックプランM・Rで15,840円割引の38,160円、機種変更(PHSから含む)で7,200円割引の46,800円となっています。

なお、SoftBankからの乗り換えは割引なしで54,000円。またワイモバイルではのXperia 10 IIおよび「Xperia 8(型番:902SO)」を購入して専用のキャンペーンWebページから応募した人全員にXperia 10 IIでは5,000円相当、Xperia 8では2,500円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「Xperiaを買ってPayPayもらおうキャンペーン」を実施します。

さらにワイモバイルのXperia 10 IIを購入した人の中から抽選で「人気アーティスト・ブランドとのコラボ記念Tシャツ」をはじめとした豪華景品をプレゼントする「Xperia 10TH ANNIVERSARYキャンペーン第2弾」をソニーマーケティングが実施するということです。

一方、NTTドコモやauでは現時点ではまだ価格を案内していませんが、NTTドコモでは予価として本体価格47,520円を見込んでいるとしていました。そこで本記事では発売に先立って実際にXperia 10 IIを試してみましたので、まずは外観や基本機能について写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ドコモオンラインショップで「iPhone SE(第2世代)」の購入手続きが開始!AppleCare+を選択するとエラーに。購入後に加入は可能


ドコモオンラインショップのiPhone SE(第2世代)の購入手続きがスタート!

NTTドコモは8日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて4.7インチサイズの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)」(Apple製)の購入手続きを2020年5月8日(金)10時に開始したとお知らせしています。お届けは発売日となる5月11日(月)以降を予定。

価格(金額はすべて税込)はすでに紹介しているように本体価格が64GBで57,024円、128GBで62,568円、256GBで75,240円となっており、他社から乗り換え(MNP)の場合には各ストレージ容量ともに22,000円が割り引かれます。また「スマホおかえしプログラム」も利用可能。

なお、同社では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響でドコモショップの業務内容縮小を実施しており、ドコモショップで購入する場合は機種変更の場合に故障などを伴わないならすでに公式WebサイトにてWeb予約(一時停止中)した場合のみとしています。

また購入手続きがはじまったドコモオンラインショップですが、購入手続き時に現在は販売していないiPhone SE(第2世代)向け保証サービス「AppleCare+ for iPhone」が表示される事象が発生しており、選択した場合はエラーとなって購入が完了できないとお知らせしています。

iPhoneシリーズのAppleCare+ for iPhoneは加入せずに購入した場合、購入日から30日以内なら別途、後から追加で購入でき、同社ではAppleCare+ for iPhoneの購入を希望する場合は購入後にAppleサポートセンター(0120-277-535)へ連絡するよう案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。