S-MAX

NTTドコモ

Sペンの手書き感が良くなった!NTTドコモ向け6.3インチ大画面プレミアムスマホ「Galaxy Note8 SC-01K」を写真と動画で紹介――6GB RAMやデュアルカメラなどを搭載【レポート】


docomoが約6.3インチの大画面+筆圧検知対応のSペンで新しい使い心地のGalaxy Note8を発売!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、ワコムの技術によるペン入力「Sペン」に対応した約6.3インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約521ppi)搭載の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8 SC-01K」(サムスン電子製)を2017年10月26日(木)に発売することを発表した。

昨年モデル「Galaxy Note7」ではバッテリーの問題で未発売となったこともあり、日本では前モデル「GALAXY Note Edge SC-01G」から3年、久々の「Galaxy Note」シリーズの登場だ。

今でこそあまり使われなくなった言葉だが、Galaxy Noteといえば“ファブレット”の草分け的な存在であり、大画面+ペンという独自スタイルを持つことでファンを獲得してきた。今回は発表会でGalaxy Note8の実機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTドコモのシニア向けスマホ「らくらくスマートフォン me F-03K」を写真と動画で紹介!機能を絞り込み、docomo with対応でよりお求めやすい価格に【レポート】


らくらくスマートフォンがdocomo with対応になって新登場!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、シニアなど向けに簡単に操作できるようにしたAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン me F-03K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

主にシニア層向けのエントリーモデルとして永く好評を博している「らくらくスマートフォン」シリーズも本機で6代目(「らくらくスマートフォン2」派生の「らくらくスマートフォン プレミアム」含む)。ここ数年は機能や本体性能の充実に伴い大きなブラッシュアップもなく、デザイン的にも丸みを帯びたデザインと使いやすいUIが好評だった「らくらくスマートフォン3 F-06F」を踏襲したマイナーアップデートが続いています。

今回のらくらくスマートフォン me F-03Kは久々に商品名から連番が外され、「me(私の)」という親しみのある呼称となっています。その名前の印象の通り本機は端末の使いやすさはそのままに、NTTドコモの長期割引施策「docomo with」の対象機種となったことで、ランニングコストの面でもより使いやすくなりました。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーではモックのみの展示となりましたが、その外観や従来機からの機能的な変更点などを写真や動画とともにご紹介します。なお、端末の詳細なスペックや機能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

NTTドコモがCAで4波を束ねた下り最大644Mbpsを10月末より提供開始!Sペン対応の最新6.3インチ外画面スマホ「Galaxy Note8 SC-01K」の対応周波数帯とCAの組み合わせも公開


NTTドコモが下り最大788Mbps対応スマホを4機種追加!Galaxy Note8の対応周波数帯なども明らかに

既報通り、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、LTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において新たに4つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(4CA)を導入して下り最大644Mbpsを全国480都市(2017年11月末時点)で2017年10月末より提供開始すると発表しました。

これにより、すでに提供されている4x4 MIMOと3CA、256QAMによる下り最大788Mbpsのエリア以外でも通信速度が向上されるということです。対応機種は「Xperia XZ1 SO-01K」および「Xperia XZ1 Compact SO-02K」、「Galaxy Note8 SC-01K」、「V30+ L-01K」、「JOJO L-02K」のほか、今夏モデルの「Xperia XZ Premium SO-04J」および「AQUOS R SH-03J」はOSバージョンアップによって対応予定。

また同社では10月26日に発売されるGalaxy Note8 SC-01Kの詳細な仕様を公開し、携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯やCAの組み合わせを明らかにしています。

続きを読む

どれを買う?NTTドコモ「2017-2018冬春モデル」の13機種をスペックを比較!Galaxy Note8やXperia XZ1・XZ1 Compact、M、V30+、JOJOなど個性的&魅力的な機種が揃う


docomoの2017-2018冬春モデルをまとめて比較!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、13機種のスマートフォン(スマホ)と2機種のタブレットを発表しました。

発表された機種はスマホが「Xperia XZ1 SO-01K」および「Xperia XZ1 Compact SO-02K」、「Galaxy Note8 SC-01K」、「MONO M-01K」、「M Z-01K」、「arrows NX F-01K」、「V30+ L-01K」、「JOJO L-02K」、「Disney Mobile on docomo DM-01K」、「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」、タブレットが「arrows Tab F-02K」および「dtab d-01K」。

また今夏モデルとして販売中の「Xperia XZ Premium SO-04J」に「Rosso」、「Galaxy Feel SC-04H」に「Aurora Green」の各新色が追加されます。そこで今回は各機種の主な仕様を表でまとめて比較したいと思います。

なお、これらのうちの年内に発売されるXperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、Xperia XZ Premium Rosso、arrows NX F-01K、Galaxy Note8 SC-01K、Galaxy Feel SC-04H Aurora Green、MONO MO-01K、AQUOS sense SH-01Kの8機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。

続きを読む

鮮やかな“赤”がまぶしい!大人気のNTTドコモ向けプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」の新色「Rosso」を写真と動画で紹介【レポート】


NTTドコモから“真っ赤”なプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」が登場!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.5インチの4K HDR(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileやクアッドコアCPU、Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の新色「Rosso」を発表しました。

発売日は10月27日となっており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付中で、価格(税込)は既存色と同じ本体代93,960円、実質負担額で新規契約および機種変更で39,528円、他社から乗り換え(MNP)で15,552円となっています。

またドコモオンラインショップでは10月25日(水)10時以降に購入手続きが開始され、予約順に在庫が確保されて購入手続きが可能となりますが、出荷順は予約順ではなく購入手続きを完了した順番となるため、発売日に手に入れるには予約だけでなく購入手続きも早く実施したほうが良いでしょう。

さらに新色Rossoの発売を記念してRosso購入者限定「Xperia XZ Premium ロッソ限定 オリジナルの赤い卓上ホルダ」を先着1万人(Aコース)または全色購入者対象「赤い商品を集めたカタログギフト50,000円相当」を抽選で500人(Bコース)にプレゼントするキャンペーンを実施します。対象購入期間は2018年1月8日(月)まで、応募期間は2018年1月14日(日)まで。

今回は発表会における展示会場でXperia XZ Premium SO-04J Rossoの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真でチェックしていきます。なお、既存色も含めたXperia XZ Premium SO-04Jには12月以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されており、製品詳細については「NTTドコモ、5.5インチ4K HDRディスプレイ搭載の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」に真紅の新色「Rosso」を追加!Android 8.0 Oreoで3Dクリエイターや4CAにも対応 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を予約受付中!気になる各社での価格をまとめて紹介


最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」のdocomoとau、SoftBankの価格をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズから日本でも11月上旬以降に販売開始される最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」。新たにHDRに対応した約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶に加え、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載し、外観も従来までの「Xperia」シリーズを踏襲したまさに王道を征く製品となっています。

現時点ではNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が11月上旬、au向け「Xperia XZ1 SOV36」が11月中旬に発売予定となっており、すでに各社では各店頭や公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。そこで今回は、これらの3機種についてまとめて価格(税込)を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモのシンプルスマホ「MONO MO-01K」を写真と動画で紹介!2年間利用で実質負担額がマイナス1万円以上となる圧倒的な高コスパを実現【レポート】


NTTドコモのハイコストパフォーマンススマホ「MONO MO-01K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しました。

昨年末に発売された同社初のオリジナルスマホ「MONO」シリーズにおける第1弾製品「MONO MO-01J」(以下、初代)は「端末購入サポート」を適用して一括購入価格が648円(税込)という衝撃的な低価格であったことが話題となり、必要十分な性能とシンプルなデザインが好評でした。

シリーズ2代目となる今回の機種では「docomo with」の対象機種となったことでさらに値引額が進み、本体価格は25,272円(1,053円/月×24回)で、2年間利用した場合の実質負担額がマイナス13,608円(税込)となるなど、圧倒的なコストパフォーマンスを獲得しています。

当然ながら性能面でも初代からブラッシュアップされており、「性能よりもまずは価格」という層には注目の機種に仕上がっています。発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。

続きを読む

ついに発表されたNTTドコモの「2017-2018冬春モデル」を東京と名古屋の直営店で先行展示中!さっそくXperia XZ1・XZ1 CompactやGalaxy Note8、V30+などを試してきた【レポート】


ついに発表されたdocomoの2017-2018冬春モデルをひと足早く体験!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」としてスマートフォン(スマホ)11機種とタブレット2機種の合計13機種を新たに発売することを発表しました。発売時期は機種ごとによって異なり、早い製品では10月下旬より順次販売が開始されます。

発売に先駆けて、同社では「ドコモショップ丸の内店」(東京)および「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」(愛知)の直営の旗艦店2店舗では発表されたばかりの新製品を先行展示しています。

そこで筆者もさっそくこれらの先行展示されている新製品をドコモショップ丸の内店にて試してきたので、写真多めでご紹介します。

続きを読む

NTTドコモの10インチAndroidハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を写真と動画で紹介!ワコムのペン入力機能を搭載でプロの似顔絵師も納得の描き心地【レポート】


シリーズで初めてスタイラスペンが付属したハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて「NTTドコモ 2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

本機は「arrows」の名前を冠したNTTドコモ向けのタブレットシリーズとしては6代目、製造メーカーが富士通から富士通コネクテッドテクノロジーズへと移ってからは2代目となる製品です。今回の最大の特長はワコムの技術を利用した「スタイラスペン」が付属し、メモやイラストなどを快適に描けるようになった点です。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーでは試作機に触れることができたほか、プロの似顔絵師による即興での似顔絵体験なども行われましたので、その模様を写真や動画とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

NTTドコモ、富士通の新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!コンクリート落下で画面割れしないタフネス性能や虹彩認証は継承し、指紋認証対応のなぞって操作するセンサー「Exlider」を搭載


docomoが新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!12月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年12月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が88,128円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら38,232円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

およそ1年ぶりの富士通のフラッグシップスマホ「arrows NX」シリーズの最新モデルで、新たに構成認証だけでなく、指紋認証に対応し、さらになぞって操作するセンサーキー「Exlider」を搭載してより使いやすくなりました。また基本性能も内蔵メモリー(RAM)が前機種「arrows NX F-02H」の3GBから4GBに増量され、より快適に操作できるようになっています。

さらに注力してきたタフネス性能も継承し、画面割れに強く傷つきにくい構造ながら美しいデザインを保ち、1.5mの高さからコンクリートに落としても画面が割れにくい耐衝撃性能などの各耐性試験をクリアし、安心して長期間使えるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。