S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモ、iPhone 6s・6s Plusを新規でも一括約1万円からに値下げ!端末購入サポートに追加し、下取りなど0円にも――32GBモデルは本体価格も値下げ


docomoがiPhone 6sシリーズを新規でも一括約1万円からに値下げ!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」における新規契約について12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加するとお知らせしています。

対象は両機種ともに16GBおよび32GB、64GB、128GBモデルで、これまでにも他社から乗り換え(MNP)で端末購入サポートによる割引に切り替わっていましたが、新たに新規契約でも端末購入サポートに追加され、一括10,368円(分割432円/月)からとなっています。

また32GBモデルについては本体価格も値下げされています。なお、機種変更ではその分だけ「月々サポート」が減額されて実質負担額は変わっていませんが、一括支払いする場合には購入しやすくなっています。

複数台同時購入で5,184円が割り引かれる「家族まとめて割」や今もしくは以前使っていた製品を買い取ってくれる「下取りプログラム」を利用すれば「iPhone 5s」(良品)が15,000円、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」なら22,000円が割り引かれます。

続きを読む

NTTドコモがiPhone 7・7 Plusの新規契約を値下げ!月々サポート増額で実質1万5552円からに――iPhone 6以降下取りで実質0円以下、iPhone 5sでも実質数百円


今度はdocomoのiPhone 7とiPhone 7 Plusが新規で実質値下げに!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新規契約時における月々の利用料から割り引く「月々サポート」を2017年1月20日(金)より増額するとお知らせしています。

対象は両機種の32GBおよび128GB、256GBと全モデルで、割引額が約1万円増額された実質値下げとなり、例えば、iPhone 7の32GBモデルなら実質負担額15,552円となっています。今月10日に同様の内容を他社から乗り換え(MNP)で実施していまいましたが、新規でも行われたのでMNP転出料を考えるとよりお買い得になっています。

さらに今もしくは以前使っていた製品を買い取ってくれる「下取りプログラム」を利用すれば「iPhone 5s」(良品)が15,000円で実質552円になるほか、より新しい「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」以降なら実質0円以下にすることも可能です。

続きを読む

NTTドコモが最新スマホ「Xperia XZ SO-01J」と「Xperia X Compact SO-02J」、「arrows NX F-01J」の新規契約・機種変更を値下げ!下取りで0円以下にも可能


docomoのXperia XZやXperia X Compactなどが値下げ!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016-2017冬春モデル」のうちの「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Compact SO-02J」、「arrows NX F-01J」のスマートフォン(スマホ)3機種について新規契約および機種変更(契約変更含む)において2017年1月20日(金)より値下げするとお知らせしています。

これらの3機種はすでに新規契約および他社から乗り換え(MNP)では12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加されていましたが、新たに新規契約の割引額を増加してMNPと同じ一括15,552円(分割648円/月×24回)になっています。

また機種変更についても毎月の利用料から割り引く「月々サポート」の割引額を増額してキャンペーン「春のおとりかえ割」適用後の実質価格は、Xperia XZ SO-01Jとarrows NX F-01Jが25,920円(分割1,080円/月×24回)、Xperia X Compact SO-02Jが15,552円(分割648円/月×24回)となっています。

続きを読む

NTTドコモが最新ミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」と「arrows SV F-03H」を新規契約・機種変更・MNPともに一括5832円に!おサイフケータイが欲しい人にオススメ


docomoがAQUOS EVER SH-02Jとarrows FV F-03Hを一括約6千円に!

NTTドコモは20日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「AQUOS EVER SH-02J」(シャープ製)および「arrows SV F-03H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)のスマートフォン(スマホ)2機種について12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の条件を変更したとお知らせしています。

両機種ともにこれまでに他社から乗り換え(MNP)で端末購入サポートの対象でしたが、新たに新規契約・機種変更も対象となり、さらに本体価格も総務省のガイドライン対象にならない税別3万円になっています。

これにより、両機種ともに新規契約・機種変更・MNPのそれぞれにおいて割引後の支払額(すべて税込)が一括5,832円(分割243円/月×24回)となり、さらに複数台同時購入なら「家族まとめて割」で5,184円引きで一括648円/台になります。AQUOS EVER SH-02Jについては「下取りプログラム」も利用可能。

同社では発売時から一括648円で販売されている「MONO MO-01J」が話題となりましたが、AQUOS EVER SH-01Jも同じ「2016年冬モデル」で昨年11月に発売、arrows FV F-03Hも「2016年夏モデル」で昨年7月に発売と新しい機種。

ともにMONO MO-01Jが対応していないおサイフケータイ(FeliCa)などに対応しているのでそれらの機能が魅力な場合にはお買い得ではないでしょうか。なお、ドコモショップでも同様の施策が実施されていますが、ドコモオンラインショップなら頭金もなく、機種変更なら事務手数料も無料でお得に購入できます。

続きを読む

NTTドコモが「Disney Mobile on docomo DM-01J」と「キッズケータイ F-03J」、「Wi-Fi STATION N-01J」の事前予約受付を1月19日から開始!発売時期もより具体的に


docomoのDisney Mobile on docomo DM-01Jなど3機種が事前予約開始!

NTTドコモは18日、すでに発表している昨冬から今春に発売する「2016-2017冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープ製)および子ども向けケータイ「キッズケータイ F-03J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)、モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)の3機種を2017年1月19日(木)より事前予約受付するとお知らせしています。

事前予約受付はドコモショップ店頭などのNTTドコモの携帯電話取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」。すでに「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)と「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)についても1月13日より予約受付が実施されており、これで発表されている機種はすべて予約が実施されることになりました。

なお、同社では合わせてこれまでおおまかな発売予定時期のみを案内していましたが、Disney Mobile on docomo DM-01Jが2月上旬、キッズケータイ F-03Jが2月下旬、Wi-Fi STATION N-01Jが3月中旬に発売予定としています。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZ」や「Xperia X Compact」、「arrows NX F-01J」、「AQUOS EVER SH-02J」をMNPでさらに約1万円値下げ!最新スマホが端末購入サポートで一括約1.5万円


docomoのXperia XZやXperia X CompactなどがMNPでさらに値下げ!

NTTドコモは10日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016-2017冬春モデル」のうちの4機種について他社から乗り換え(MNP)における12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の割引額を増加したとお知らせしています。

MNPの端末購入サポートが増額されたのは「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Compact SO-02J」、「arrows NX F-01J」、「AQUOS EVER SH-02J」。

これらの機種は昨年12月16日からMNPにおける端末購入サポートに追加されていましたが、新たに割引額が約1万円増加され、2016年夏モデルの「Galaxy S7 edge SC-02H」や「AQUOS ZETA SH-04H」と同じ一括15,552円となっています。

続きを読む

NTTドコモが「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」をMNPで約1万円の実質値下げ!月々サポート増額で、iPhone 6以降の下取りで実質0円以下、iPhone 5sでもほぼ実質0円に


docomoのiPhone 7とiPhone 7 PlusがMNPで実質値下げに!

NTTドコモは10日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の他社から乗り換え(MNP)時における月々の利用料から割り引く「月々サポート」を2017年1月10日(火)より増額するとお知らせしています。

対象は両機種の32GBおよび128GB、256GBと全モデルで、おおよそ1万円が増額されているため、実質負担額で値下げとなり、例えば、iPhone 7の32GBモデルなら実質負担額が15,552円となっています。

さらに今もしくは以前使っていた製品を買い取ってくれる「下取りプログラム」を利用すれば「iPhone 5s」(良品)が15,000円でほぼ実質0円に、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」なら22,000円で実質0円以下になります。

続きを読む

NTTドコモが「V20 PRO L-01J」と「らくらくスマートフォン4 F-04J」の事前予約受付を1月13日から開始!発売時期もより具体的に2月の下旬と中旬へ


ドコモスマートフォン「V20 PRO L-01J」と「らくらくスマートフォン4 F-04J」が予約開始!

NTTドコモは12日、すでに発表している昨冬から今春に発売する「2016-2017冬春モデル」のうちの「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)と「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)のスマートフォン(スマホ)2機種を2017年1月13日(金)より事前予約受付するとお知らせしています。

事前予約受付はドコモショップ店頭などのNTTドコモの携帯電話取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」。同社では合わせてこれまで2月に発売予定としていた発売時期についてもV20 PRO L-01は2月下旬、らくらくスマートフォン4 F-04Jは2月中旬とより具体的に案内しています。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZ SO-01J」と「Xperia X Performance SO-04H」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoのXperia XZ SO-01JとXperia X Performance SO-04HがAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは12日、同社が販売中の製品において新たに2016年冬モデルの「Xperia XZ SO-01J」および2016年夏モデルの「Xperia X Performance SO-04H」のスマートフォン(スマホ)2機種に対して「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」のOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年1月12日(木)より提供開始したとお知らせしています。

すでにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧をNTTドコモでは案内していますが、昨年12月の「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)に続いてAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップがXperiaシリーズでも提供開始されました。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMA回線によるOTAと、パソコンにUSBケーブルで接続して実施する方法の2通りが用意されており、更新にかかる時間はどちらの方法でもXperia XZ SO-01Jが約40分、Xperia X Performance SO-04Hが約50分。なお、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があります。

続きを読む

スマホやタブレット、SIMフリーなど……携帯電話市場の2017年はどうなる?NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、UQ、ファーウェイの年頭所感をチェック


2017年はどうなる!?大手携帯電話会社などの年頭所感を紹介

昨年「2016年」は「年末企画」にて各ライターが書いていたように総務省によるタスクフォースによって大手携帯電話会社(以下、キャリア)の販売奨励金がより少なくなり、低価格帯モデル以外の一括0円や実質0円がほぼ姿を消し、SIMフリー市場がさらに拡大しました。

一方で、SIMフリーも格安SIMなどを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の"キャリア化"も見られたり、デュアルカメラなどを搭載したより高い性能を備えた価格がより高い製品も人気となり、格安SIMや格安スマホ以外の様相も見られるようになってきました。

また3大キャリアは「Galaxy Note 7」の爆発問題も影響し、従来よりもラインナップが減少してきている印象も否めず、それに対して「iPhone 7」シリーズが念願の防水やFeliCaに対応したことでより比重が増し、シェア・人気ともに高くなってきています。

そういった流れを払拭して欲しいところではありますが、まずはauが1月11日に「2017年春モデル」の発表会を予定しているため、ここで注目度の高い製品があればいいなと思われます。

そんな「2017年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI(au)、ソフトバンクグループ(SoftBank・Y!mobile)、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)の年頭所感を以下にまとめて紹介します。

※一部整形し直したりしていますが、基本的に原文そのままを掲載しています。これらから各社がどのように事業を進めていくのか……それぞれ妄想しながら2017年のスマホやタブレットに思いを馳せてみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。