S-MAX

NTTドコモ

一括648円で買えるのに出費が1万円を超えちゃう!?ドコモオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」を使って感じた良い点と気になった点をまとめてみた【レビュー】


NTTドコモ独自ブランドのシンプルスマホ「MONO MO-01J」の感想をまとめ!

NTTドコモから12月9日に発売された同社オリジナルブランドのスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)。端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛りが発生する代わりに大幅な端末価格の割引を得られる施策「端末購入サポート」によって一括価格税込648円で購入可能ということで話題となっています。

MONO MO-01Jは、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能などを搭載していないものの、CPUにはミドルハイクラスの「Snapdragon 625」を採用するなど、前回紹介した内蔵アプリやホーム画面、ベンチマーク結果などの記事でも示したように機能面ではシンプルながら動作そのものは快適に動くようになっている製品となっています。

一方で、前々回の開封レポートでわかった通り、付属品も少なく、製品そのものの質感などはかなり良いものの、本当にシンプルと言う言葉が当てはまると思われます。そこで今回は、筆者が「MONO MO-01Jを実際に利用していて気がついたこと良い点や悪い点」などをまとめてみました。


続きを読む

NTTドコモ、Androidベースのフィーチャーフォン「ARROWS ケータイ F-05G」と「AQUOS ケータイ SH-06G」を機種変更でも一括0円に!旧料金プランのままでも割引対象


NTTドコモが「ARROWS ケータイ F-05G」と「AQUOS ケータイ SH-06G」の機種変更も一括0円に!

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてOSにAndroidベースを採用したフィーチャーフォンの「ARROWS ケータイ F-05G」と「AQUOS ケータイ SH-06G」の機種変更を12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

これにより、これまでにもそれぞれの機種で月々サポートによって実質負担額0円でしたが、これが割引施策「ドコモケータイ(spモード)特別割引」と合わせて端末購入サポートに変更されて一括0円になり、約1年で解除料がかからずに次の機種に乗り換えることが可能となります。

またXi(LTE)に対応しないFOMAのケータイのため、FOMA向け旧料金プラン(新料金プラン「カケホーダイ」以外)のままでも端末購入サポートの割引は受けられるため、既存のAndroidをベースにしていないフィーチャーフォンの生産・販売も年内で順次終了していくのでこの機にAndroidベースのものを試してみても良いかもしれません。

続きを読む

NTTドコモがiPadシリーズを新規・機変の全オーダーで端末購入サポート化!iPad mini 4やiPad Air 2が一括0円から、iPad Proも9.7インチが一括2.3万円から、12.9インチが一括5.1万円からに


NTTドコモがiPad mini 4やiPad Air 2を一括0円に!iPad Proも含めて全オーダーを端サポ化

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてApple製タブレット「iPad mini 4」および「iPad Air 2」、「iPad Pro」(12.9インチおよび9.7インチ)の4機種をそれぞれ新規契約および機種変更の全オーダーにて12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

iPad mini 4やiPad Air 2の32GB版がそれぞれ一括0円、iPad Pro 9.7の32GB版が一括2.3万円、iPad Pro 12.9の128GB版が一括5.1万円などとなっています。なお、期間は2017年1月9日(月)までで、ドコモオンラインショップ以外のドコモショップ店頭などでも実施されています。

これにより、これまでの月々サポートの場合には約2年利用した場合の実質価格でしたが、端末購入サポートなので約1年で解除料がかからずに次の機種に乗り換えることが可能となります。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZ」や「Xperia X Compact」など6機種を新規契約でも値下げ!最新スマホを期間限定で端末購入サポート化、下取りで一括0円も


NTTドコモが最新スマホを期間限定で新規契約でも端末購入サポートに追加!

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016年夏モデル」および「2016-2017冬春モデル」の6機種について期間限定で新規契約で12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

対象機種に追加されたのは「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Compact SO-02J」、「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「arrows NX F-01J」、「AQUOS EVER SH-02J」。

これらの機種は今月16日に他社から乗り換え(MNP)において端末購入サポートに追加されていましたが、新たに新規契約でも追加され、MNPと同様に夏モデルのGalaxy S7 edgeとAQUOS ZETAは一括15,552円、残りの2016-2017冬春モデルの4機種は一括26,568円となっています。

続きを読む

一括648円で話題!ドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリとベンチマーク性能をチェック――艦これも動かしてみた【レビュー】


基本性能は結構イイ!ウワサの格安スマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリやベンチマーク性能を紹介!

NTTドコモから12月9日に発売された「端末購入サポート」適用(端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛り)で価格が一括648円(税込)で話題となっているスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。

おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能を搭載しないシンプルな製品としてだけでなく、NTTドコモの「2016-2017年冬春モデル」としては画面サイズが5インチ未満のモデルは「Xperia X compact SO-02J」(4.6インチ)とこのMONO MO-01J(4.7インチ)のみとなるため、片手で手軽に操作できる小型スマホを使いたいユーザーからも注目の1台となっています。

前回は箱も中身もシンプルだったことが判明した開封レポートをお送りしましたが、今回は内蔵アプリや初期状態のホーム画面の紹介、そしてベンチマークアプリをいくつか利用して、MONO MO-01Jの基本性能を調べましたのでまとめて紹介します。

続きを読む

シンプルなスマホはパッケージもシンプル!?NTTドコモのウワサの648円スマホ「MONO MO-01J」を購入!パッケージや内容物などをチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
今季のダークホース!NTTドコモの"648円スマホ"こと「MONO MO-01J」を購入&開封レポート

NTTドコモから12月9日に「2016-2017年冬春モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。約1年間(端末購入翌月から12か月)のいわゆる縛りの発生する割引施策「端末購入サポート」の適用が必須ではあるものの、税込価格648円という破格の安さが発表当初より話題を呼んでいました。

製品としてもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどは搭載せずにコストを抑えつつ、防水やスライドスイッチによるマナーモード、VoLTE対応といった"わかりやすい便利機能"に対応し、いわゆる「格安スマホ」に対抗するような価格にミドルレンジクラスのスペックを備えています。

また、NTTドコモとしては初の自社ブランドスマホであり、非常にシンプルながら実用的という無印良品のブランドイメージのような製品に仕上がっています。

そんな注目のMONO MO-01Jのブラックを筆者の親の回線契約をダシにさっそく購入しましたので、まずは恒例の"開封の儀"を実施しました。そこで今回は、MONO MO-01Jの製品版における個装箱や本体細部、付属品などを写真で紹介したいと思います。


続きを読む

迫力あふれる観光360°VR動画を使って町おこし!山形県大石田町とNTTドコモ東北支社が「最上川花火大会」の360°VR動画を配信開始【レポート】

oishida01
花火大会を迫力のVR動画で楽しめる!

山形県北村山郡大石田町はNTTドコモ東北支社の制作した360°カメラを利用した「最上川花火大会」のVR動画を11月18日より配信開始し、11月25日にJR奥羽本線大石田駅1階の大石田町観光案内所にて説明会が行われました。

山形県の最上地方に位置し、スイカの産地でおなじみ尾花沢市の西隣に大石田町はあります。町の大きなイベントが8月のお盆時期に行われる最上川花火大会。3000発の花火が打ち上げられ、10万人を越える人が訪れる東北有数の花火大会です。

今回は町おこしの一環として、360°VR動画で花火大会を体感できるようにし、今後も四季折々さまざまな大石田町の魅力を配信していくとのことです。説明会の模様を紹介いたします。


続きを読む

NTTドコモ、タブレット「dtab d-01H」を一括0円や「arrows Tab F-04H」を一括約2万円に値下げ!端末購入サポートで新規・機変ともに対象――10インチのLTEモデルが欲しいならオススメ



NTTドコモは16日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にてタブレット「dtab d-01H」と「arrows Tab F-04H」の2機種を12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

これにより、支払額は新規契約および機種変更でdtab d-01Hが一括0円、arrows Tab F-04Hが一括20,736円(分割864円/月×24回)となっています。ともに10インチサイズで、特にarrows Tab F-04Hは防水・防塵が必要な場合にはSIMフリーのLTEモデルやWi-Fiモデルにはあまりないので注目したいところです。なお、以前により実施されている8インチタブレット「dtab Compact d-02H」の実質0円以下の販売も継続されています。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZ」や「Xperia X Compact」などを値下げ、下取りで一括0円も!最新スマホのMNPを期間限定で端末購入サポートに追加


NTTドコモが最新スマホを期間限定で端末購入サポートに追加!

NTTドコモは16日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016年夏モデル」および「2016-2017冬春モデル」の6機種について期間限定で他社から乗り換え(MNP)で12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

対象機種に追加されたのは「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Compact SO-02J」、「Galaxy S7 edge SC-02H」、「AQUOS ZETA SH-04H」、「arrows NX F-01J」、「AQUOS EVER SH-02J」。これにより、夏モデルのGalaxy S7 edgeとAQUOS ZETAは一括15,552円、残りの2016-2017冬春モデルの4機種は一括26,568円となっています。

続きを読む

NTTドコモの「2016-2017冬春モデル」のスマホなどがずらり!東京スカイツリータウンで開催中のVRライブ体験イベント「LIVE for YOU」を紹介【レポート】


新製品やVRライブを楽しめるイベントが25日まで開催中!

NTTドコモが東京スカイツリータウン内の「ソラマチひろば」にて同社が販売する「2016-2017冬春モデル」のAndroid搭載スマートフォン(スマホ)を体験したり、それらを使ったVR(仮想現実)ライブも楽しめるイベント「LIVE for YOU」を2016年12月15日(木)~12月25日(日)にかけて開催している。

筆者もNTTドコモの最新機種が触れることを期待しながらさっそく会場に足を運んでみた。そこで今回は、このイベントの様子をご紹介していこう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。