S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモがGoogleスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を7月26日より値下げ!両機種ともに本体価格6万9984円で、スマホおかえしプログラムなら実質4万6656円から


docomoがGoogleスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を値下げ!

NTTドコモは26日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店にてスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」(ともにGoogle製)の2機種を値下げしています。

すでにドコモオンラインショップでは本日10時より値下げされた価格に変更されており、値下げされた価格は両機種ともに69,984円で、どちらも「スマホおかえしプログラム」の対象となっているので36回払いで購入して24回目を払った後に返却すれば残債が免除されて実質46,656円からとなります(金額はすべて税込)。

なお、ドコモオンラインショップではドコモショップなどで設定されている頭金がなく、事務手数料や送料も無料なのでお得に購入でき、いつでも注文できて自宅などで受け取れるため、待ち時間もなく楽に購入できるのでオススメです。

続きを読む

NTTドコモ、dポイント加盟店(街のお店)で通常の+3%還元キャンペーン「スーパーチャンス」を8月1〜31日に実施!スーパー還元プログラムと合わせて最大+10%還元に


dポイント スーパーチャンスキャンペーンが8月に実施!

NTTドコモは25日、dポイント加盟店(街のお店)で買い物した場合を対象に通常購入時に進呈するdポイントに加えてさらに購入金額の実質最大+3%のdポイント(期間・用途限定)を還元するキャンペーン「dポイント スーパーチャンス」を2019年8月1日(木)から8月31日(土)まで実施するとお知らせしています。

キャンペーンを利用するにはキャンペーンページ( https://dpoint.jp/ctrw/web2/src/dpc_lp_list_190801.html )からエントリーが必要で、すでに7月25日より事前エントリーの受付が開始されています。またキャンペーンはNTTドコモの携帯電話などの通信サービスを契約していない人も利用できますが、dアカウントを登録してdポイントクラブへの入会およびdポイントカードの利用者登録が必要となっています。

対象店舗は主要なコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーマーケット、飲食店、家電量販店などのdポイント加盟店(街のお店)とのこと。なお、dポイント加盟店ごとに進呈されるキャンペーンポイントが異なり、100円ごとに1ポイント進呈の加盟店の場合は通常ポイントが100円ごとに1ポイント進呈に加えてキャンペーンポイントが100円ごとに3ポイント進呈(決済金額100円未満は切り捨て)となります。

その他、iD(dカード)やd払い(街のお店)での決済が可能なdポイント加盟店(街のお店)では常時実施している「dポイント スーパー還元プログラム」(最大+7%)とdポイント スーパーチャンス(実質最大+3%還元)とを組み合わせることで最大+10%のdポイントを貯めることができるということです。

続きを読む

NTTドコモが1万台限定スマホ「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」を7月24日に発売!誰でも応募できる東京2020オリンピックの開会式や競技観戦のチケットなどが当たるキャンペーンも


docomoからオリンピック限定スマホ「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」が7月24日発売!

NTTドコモは18日、今夏以降に発売する「2019年夏モデル」のうちの東京2020オリンピック限定モデルのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」(Samsung Electronics製)を2019年7月24日(水)に発売すると発表しています。

Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lは最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10+」のPrism Whiteをベースにその高い性能や多くの機能はそのままに背面に東京2020オリンピックの大会エンブレムをあしらった限定デザインのほか、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」を同梱する特別な外装箱にて1万台限定で公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて販売されます。

価格(税込)は本体価格が114,696円となっていて新たに本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象で、返却が必要ながら実質負担額76,464円からとなります。すでに事前予約受付が実施されており、購入手続きは7月24日午前10時から、お届けは7月26日(金)から順次となっています。

また同社では発売日から2019年10月31日(木)までの期間に誰でも応募できて抽選で東京2020オリンピックの「開会式チケット」や「競技観戦チケット」、「ドコモオリジナル応援グッズ」が当たる「ドコモ 東京2020オリンピック 応援に行こう!キャンペーン」を実施するとお知らせしています。また応募した人にはもれなく「オリジナルスタンプ」をプレゼントするとのこと。

続きを読む

NTTドコモがiPhone XSやiPhone XS Max、Galaxy S9、AQUOS R2、LG styleを7月19日より最大1万9440円値下げ!オンラインストアなら事務手数料・送料が無料


docomoがiPhone XS・XS MaxやGalaxy S9、AQUOS R2、LG styleを値下げ!

NTTドコモは19日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店にてスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」(512GB)および「iPhone XS Max」(512GB)、「Galaxy S9 SC-02K」、「AQUOS R2 SH-03K」、「LG style L-03K」の5機種を値下げしています。

すでにドコモオンラインショップでは本日10時より値下げされた価格に変更されており、それぞれ値下げされた価格はiPhone XSの512GBが153,576円、iPhone XS Maxの512GBが167,184円、Galaxy S9 SC-02Kが66,096円、AQUOS R2 SH-03Kが56,376円、LG style L-03Kが27,216円となっています(金額はすべて税込)。

LG style L-03K以外の4機種は「スマホおかえしプログラム」も利用可能。なお、ドコモオンラインショップではドコモショップなどで設定されている頭金がなく、事務手数料や送料も無料なのでお得に購入でき、いつでも注文できて自宅などで受け取れるため、待ち時間もなく楽に購入できるのでオススメです。

続きを読む

NTTドコモの折りたたみ型フィーチャーフォン「arrowsケータイ F-03L」を写真と動画で紹介!ワンプッシュオープンや特大文字で使いやすさにこだわる【レポート】


富士通初のLTE対応ケータイ「arrowsケータイ F-03L」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが今夏以降に発売する「2019夏モデル」のうちの約3.4インチのFWVGA(480×854ドット)TET液晶を搭載したフィーチャーフォン「arrowsケータイ F-03L」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2019年7月19日(金)に発売します。

ドコモショップや量販店などの店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施しており、本体価格は31,104円(税込)となっています。なお、36回払いで購入すると24回目を支払った後に製品を返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」は対象外。

arrowsケータイ F-03Lは富士通ブランドで4年ぶりに発売される折りたたみ型ケータイで、LTE対応も初となります。防水・防塵・耐衝撃などのMIL規格14項目に対応したタフネス性能に優れているのが特長です。また特大文字やワンタッチで最大輝度にできる機能など、高齢の方にも嬉しい機能が搭載されています。

今回はそんなarrowsケータイ F-03Lの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については『NTTドコモが日本製のタフネス仕様で安心に使える折りたたみ型フィーチャーフォン「arrows ケータイ F-03L」を発表!7月上旬発売で、価格は3万1104円 - S-MAX』も合わせてご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。