S-MAX

NTTCom

OCN モバイル ONEにてフルMVNOによるデータ通信専用SIMが提供開始!即日受渡カウンターはフルMVNOでないデータ通信専用SIMの申込継続


NTT ComがOCN モバイル ONEの個人向けフルMVNOを提供開始!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は20日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/lp/af/ocn_mobile_set.html )においてフルMVNO基盤を採用したSIMカードの提供を2020年8月27日(木)11時(予定)より開始すると発表しています。

同社ではこれまでもフルMVNO基盤を採用したSIMカードを日本国外にて2019年4月から、日本国内では法人向けに2020年4月から提供してきましたが、今回、新たに個人向けにも提供開始しました。フルMVNO基盤にて提供される個人向けSIMカードは「データ通信専用SIM」および「SMS対応SIMカード」。

フルMVNO基盤におけるデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードの料金プランやサービス内容は従来と同じとなります。またフルMVNO基盤のデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはOCN モバイル ONEの公式Webサイトなどから新規申込をした場合が対象で、即日受渡カウンターからの申込は対象外となります。

即日受渡カウンターでは今後もデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードについてもフルMVNO基盤ではないSIMカードの提供が継続される一方、それ以外についてはデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはフルMVNO基盤でないSIMカードの申込は終了となっています。なお、フルMVNO基盤による「音声対応SIM」は現時点では提供されていません。

続きを読む

OCN モバイル ONEの音声通話SIMとセットで人気スマホが大特価セール!ZenFone Max (M2)・Max Pro (M1)やHUAWEI nova lite 3が一括1円など


goo SimsellerでOCN モバイル ONEの音声通話SIMとセットで人気スマホが大特価セール!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)およびNTTレゾナントは20日、NTTレゾナントが運営するスマートフォン(スマホ)などの製品を販売するオンラインストア「goo Simseller」において最新機種を含む人気スマートフォン(スマホ)を割り引く「大特価セール」を2019年11月20日(水)10:00から12月24日(火)11:00まで実施すると発表しています。

大特価セールでは、NTT Comが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )の音声通話SIMとセットで申し込むことで対象機種が一括1円から販売されています。

対象機種は「ZenFone Max (M2) ZB633KL」および「HUAWEI nova lite 3」、「ZenFone Max Pro (M1) ZB602KL」が1円ほか、「OPPO Reno A CPH1983」や「ZenFone 6 ZS630KL」、「HUAWEI P30」、「HUAWEI P30 lite」、「moto g7 power」、「moto g7」、「moto g7 plus」、「ZenFone Max Pro (M2) ZB631KL」、「AQUOS R2 compact SH-M09」、「AQUOS sense2 SH-M08」、「HUAWEI Mate 20 Pro」、「HUAWEI nova 3」、「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」の19機種。

また「iPhone XS」や「iPhone XS Max」、「iPhone XR」のメーカー認定整備済製品やiPhone 7・7 Plus・8・XS・XRの中古も販売されています。さらに一部商品はさらに申込時に対象オプション同時加入で1,000円OFFとなるとのこと。ただし、こららのうちのOPPO Reno Aについてはセールは11月26日(火)からとなっています。その他、新たに「AQUOS sense3 SH-M12」を11月25日(水)より販売受付開始し、音声通話SIMとのセットでは税別14,800円となるということです。

なお、OCN モバイル ONEでは同日より音声通話SIMでも最低利用期間や解約違約金がない新料金プランを提供開始しており、本体代金の他に初期費用として契約事務手数料(税別3,000円)とSIMカード手数料(税別394円/枚)がかかり、利用料が税別1,180円/月からとなっているので初月までの費用は合わせて税別4,574円(税込5,031円)とユニバーサルサービス料となります。

続きを読む

NTT Com、MVNOによる携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の新料金プランを発表!11月20日から提供され、最低利用期間・解約違約金なしで月額748円から


OCN モバイル ONEが縛りなしの新料金プランを発表!11月20日から申込開始

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は19日、NTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )において新しい料金コースの提供を2019年11月20日(水)より開始すると発表しています。

新料金コースは月当たりの高速データ通信容量が1GBから30GBまで6つのコースから選択でき、音声対応SIMの1GBコースでは月額980円(金額はすべて税抜)から電話とインターネットを最低利用期間なし、解約違約金なしで利用できます。

また月額850円で提供している「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」を月額300円で最大12カ月間利用できるとのこと。さらに新コース開始に合わせ、NTTレゾナントが運営する「goo Simseller」において最新機種を含む人気スマートフォン(スマホ)とOCN モバイル ONEとのセット商品を取り揃えた大特価セールを開催します。

大特価セールは「ZenFone Max (M2)」や「HUAWEI nova lite 3」が1円で購入できるなど、12月24日(火)11時まで実施します。加えてgoo SimsellerではOCN モバイル ONEの利用者や購入を検討しているお客さまが、お客さま同士で情報を交換したり、疑問を解決することができる「Q&Aコミュニティサイト」の提供開始するということです。

続きを読む

携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」にて音楽配信サービスのデータ通信量がカウントされない「MUSICカウントフリー」のトライアルが開始!追加料金なく、Spotifyなどの6つが対象


OCN モバイル ONEでMUSICカウントフリー」のトライアルがスタート!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は11日、NTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」において各種音楽配信サービスのデータ通信量がカウントされない「カウントフリー」なオプション「MUSICカウントフリー」を発表しています。

まずは試験提供(トライアル)となっており、既存のOCN モバイル ONEの契約者は2018年4月11日(水)から7月23日(月)までに申し込むと、2018年4月18日(水)から7月31日(火)まで対象の音楽配信サービスのデータ通信量がカウントされない状態となります。

火曜日から月曜日までの申込後に次の水曜日から適用され、例えば、5月14日(月)に申し込みの場合は5月16日(水)から、5月15日(火)に申し込みの場合は5月23日(水)から適用されます。なお、トライアルは延長される場合があるとのこと。

利用料はトライアルでは無料で、対象サービスは「AWA」および「dヒッツ」、「Google Play Music」、「Spotify」、「ひかりTVミュージック」、「レコチョクBest」の6つで、音楽のストリーミング以外の通信はカウントフリーにならない場合があるとしています。

続きを読む

携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」にて混雑時における通信速度改善を実施!https通信のペーシングを9月27日より導入し、YouTubeなどだけでなく全体で品質向上へ


OCN モバイル ONEが9月27日より順次https通信におけるページングで通信品質を改善!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は31日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html )において同社が持つトラフィックコントロール装置の機能を活用し、インターネット利用時の通信速度を改善する取り組みを2017年9月27日(水)より順次実施すると発表しています。

具体的にはユーザーの利用が集中する混雑時間帯に「https通信のペーシング」を導入し、暗号化通信の一種であるhttps通信が行われる際にトラフィックコントロール装置によってスマートフォン(スマホ)やタブレットなどの利用端末に届くデータパケットを最適なペースにコントロールするということです。

これにより、YouTubeのような動画配信サービスでもよく用いられているURLが「https://」で始まるWebサイトを読み込む際などのhttps通信にて通信品質が改善するとしています。なお、本施策は自動的に適用され、利用者が特に設定変更や申込手続きなどをする必要はありません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。