S-MAX

NestWifi

Google ストアにて「Google 22 周年記念キャンペーン」を2日間限定で開催中!SIMフリースマホ「Pixel 4 XL」やNestシリーズが22%還元


Google 22 周年記念キャンペーン!9月28日まで各商品が22%還元中

Google Asia Pacificが運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にて日本時間(JST)の2020年9月27日(日)0:00から9月28日(月)23:59まで「Google 22 周年記念キャンペーン」を実施するとお知らせしています。

今回のキャンペーンはGoogleが米国で1998年9月27日に設立されたことを記念して行われており、対象商品を購入すると購入金額の22%をGoogle ストアで使えるクレジットで還元します。なお、取得したクレジットは1人2回まで利用可能とのこと。

対象商品はスマートフォン(スマホ)「Pixel 4 XL」やスマートスピーカー「Nest Mini」、スマートディスプレイ「Nest Hub」および「Nest Hub Max」、無線LAN(Wi-Fi)ルーター「Nest WiFi」、スティック型ストリーミング端末「Chromecast」および「Chromecast Ultra」となっています。

続きを読む

グーグル、メッシュ機能に対応したホームルーター「Google Nest Wifi」を11月29日に発売!価格は1万9800円、スマートスピーカーも兼ねる拡張ポイントは1万8150円


メッシュWi-FiやGoogleアシスタントに対応したホームルーター「Google Nest Wifi」が11月29日発売!

グーグル(以下、Google Japan)は28日、Googleが今年10月に発表した無線LAN(Wi-Fi)の利用できる範囲を広げられる「メッシュWi-Fi」(IEEE802.11s準拠)に対応したホームルーター「Google Nest Wifi」(Google製)を日本で2019年11月29日(金)に発売すると発表しています。

Google Nest Wifiは親機となる「Google Nest Wifi ルーター」と子機となる「Google Nest Wifi 拡張ポイント」からなり、Google Nest Wifi ルーターだけでも通常のホームルーターとして利用できますが、子機のGoogle Nest Wifi 拡張ポイントを利用することでメッシュWi-FiによってWi-Fiエリアを広げることができます。

またGoogle Nest Wifi 拡張ポイントはAI(人工知能)による音声サポートサービス「Google アシスタント」に対応したスマートスピーカーとしての機能も備えています。なお、今後はIEEE802.15.4スレッド(2.4GHz)が有効化される予定で、ドアセンサーや人感センサー、ドアロックなどのスマートホームデバイスに安全な接続を提供できるようになるということです。

価格はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「Google ストア」ではルーターが税別18,000円(税込19,800円)、拡張ポイントが税別16,500円(税込18,150円)、ルーターと拡張ポイントパックが税別29,000円(税込31,900円)となっています。

販路はGoogle ストアのほか、エディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフトバンクショップ、ソフマップ、TSUKUMO、ノジマ、PCデポ、ビックカメラ、ベイシア電器、ベスト電器、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、楽天ブックスといった量販店やECサイトなどです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。