S-MAX

NewMacBook

Apple、12インチRetinaディスプレイ搭載パソコン「MacBook」をリニューアル!Skylake搭載で、新たにローズゴールドが追加――すでに予約受付中で、4月20日発売


Appleの12インチMacBookがリニューアル!

Appleは19日(現地時間)、昨年4月に発表・発売した12インチRetinaディスプレイを搭載したプラットフォームに「Mac OS X」を採用したノートパソコン「MacBook」(以下、12インチMacBook)を新たにチップセットをIntelのSkylake世代にリニューアルしたモデルを発表しています。

また、新しくiPhoneやiPadシリーズで導入しているカラーバリエーションのローズゴールドも追加され、4色展開となりました。

すでに公式Webストア「Apple Online Store」などにて予約受付が実施されており、発売日は2016年4月20日(水)となっています。

価格(税別)はチップセットと内蔵ストレージ(SSD)がCore m3・256GBで148,000円、Core m5・512GBで184,800円。なお、直販ではCore m7も選択可能。

続きを読む

新しいMacBookやNexus 5X、Nexus 6PなどのUSB Type-C端子搭載機種で使える有線LAN端子付きUSBハブ「Inateck HB4103C」をゲット!小型アルミユニボディーで持ち歩きもしやすく【レビュー】


USB Type-C端子搭載機種で使えるUSBハブ!

今年に入ってからApple製ノートパソコン「新しいMacBook」やGoogleブランドのノートパソコン「ChromeBook Pixel」、そして、スマートフォン(スマホ)「Nexus 5X」や「Nexus 6P」などと新しい標準規格「USB Type-C」を採用した製品が続々と投入されており、今後はさらに増えて現在のmicroUSBなどに取って変わっていく予定です。

そんなUSB Type-Cですが、特に新しいMacBookではノートパソコンではありつつ、外部端子がUSB Type-Cしかないため、従来までのUSB機器がこれまでのUSB Type-A対応ケーブルでは利用できなくなっています。

そこで、USB Type-CとUSB Type-Aの変換ケーブルなどもありますが、どうせなら複数のUSB機器を同時に利用できるUSBハブのほうが良いという人も多いでしょう。今回はそんな人に向けて新しいMacBookにも合ったアルミユニボディーのInateck製USBハブ「HB4103C」を紹介します。

HB4013は有線LAN端子も付いているタイプで3つのUSB Type-A端子のあるUSBハブですが、有線LAN端子がなく4つのUSB Type-A端子のある「HB4102C」もあり、それぞれAmazon.co.jpではHB4103Cが3,899円、HB4102Cが2,299円で販売されています。

また、Inateckでは2015年10月28日(水)0時1分~11月3日(火)23時59分まで「ハロウィーンセール」を開催し、HB4103CおよびHB4012Cの場合にはクーポン「W35BO26T」を入力することでそれぞれ先着300台が10%OFFになりますのでこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Apple製ノートパソコン「新しいMacBook」用のInateck製ケース2種類が販売開始!フェルト素材ベースのシックなプロテクターケースを写真で紹介【レビュー】


新しいMacBook専用のケースを紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどの周辺機器を開発・販売するInateckがApple製ノートパソコン「The new MacBook」(以下、新しいMacBook)専用のケース2種類を販売開始しています。

1つは持ち手の付いた「Inateck 12インチ インナーケース New MacBook 12/ウルトラブック/ネットブック用(型番:LB1200B/G)」、もう1つはマグネット式の蓋が付いた「Inateck 12インチ ラップトップスリーブ New MacBook 12/ウルトラブック/ネットブック用 プロテクターケース(型番:LC1201)」でそれぞれAmazon.co.jpでは2,199円および2,099円で販売されています。

今回はちょうど新しいMacBookのケースをどうしようか迷っていたのもあり、プロテクターケースのほうをゲットしてみましたので写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。