S-MAX

OPPOR17

オッポジャパンが画面内指紋センサー搭載スマホ「OPPO R17lite」を日本市場で発売へ!年内にさらなる新機種も投入示唆。上位モデル含めてOPPO R17シリーズとして発表か


OPPO Japanが年内にさらに複数機種を投入へ!画面内指紋センサー搭載スマホが技適通過

既報通り、オッポジャパンは19日、都内にて「OPPO Japan Find X記者発表会」を開催し、スライド式カメラを搭載した全画面デザインの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しました。

同社はこれまで今年8月に開催した「OPPO R15 Pro(型番:CPH1833)」および「OPPO R15 Neo(型番:CPH1851)」の発表会において「日本市場において年内に少なくとも2機種を投入する計画」であることを明らかにしていましたが、その1機種がOPPO Find Xになりました。

一方で10月19日に発表会ではさらに「年内に後1機種だけではないかもしれない」とし、少なくとも2機種としていた残りの1機種に加えて、さらに年内に追加投入できる可能性が高まったことを示唆しました。

そうした中で総務省が公開する「技術基準適合証明等を受けた機器」においてオッポジャパンが日本では未発表の「CPH1893」を電波法に基づく工事設計認証(018-180317)に通していることが判明しており、この製品がOPPO Find Xと同時期の9月11日に通過していることから日本で発売される可能性が高くなっています。

CPH1893は海外では「OPPO K1」や「OPPO R15x」として展開している製品と同等であり、Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGでは「OPPO R17lite」として登録(Declaration ID:D041486)されています。

仮に日本ではOPPO R17liteとして発売されるのであれば、同時に「OPPO R17」や「OPPO R17 Pro」といった上位モデルも一緒に発表されそうで、それが年内にさらに追加される機種と予想することもでき、海外ではアジア1位、世界でも4位まで上り詰めた勢いを日本でも少なくとも製品投入ペースでは見せつけるのかもしれません。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズを発表!ノッチが水滴型で小さくなり、上位モデル「OPPO R17 Pro」はトリプルカメラ搭載に。中国で8月30日より順次発売


最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズが発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は23日(現地時間)、同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)としてアスペクト比9:19.5の縦長で画面上部中央に“水滴”型の切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機EL(OLED)ディスプレイ(約402ppi)を搭載した“ほぼ全画面デザイン”の「OPPO R17」とその上位版「OPPO R17 Pro」を発表しています。

同社では中国時間(CST)の8月23日(金)に上海にて発表会を実施。価格は中国ではOPPO R17の6GB RAM(内蔵メモリー)モデルが3,199人民元(約52,000円)、8GB RAMモデルの流光藍と霓光紫が3,499人民元(約57,000円)、霧光漸変色が3,599人民元(約58,000円)、OPPO R17 Proが4,299人民元(約70,000円)。

中国での発売日は8GB RAMモデルが2018年8月30日(木)、6GB RAMモデルが2018年9月7日(金)、OPPO R17 Proが2018年10月中旬を予定。なお、OPPOは今年2月に日本市場に参入し、これまでに「OPPO R11s」を発売したほか、9月に「OPPO R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」を発売予定となっており、年内にさらに2機種以上投入予定であることが明らかにされていますが、現時点でOPPO R17シリーズが日本で販売されるかどうかは不明です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。