S-MAX

OPPOReno

オッポジャパン、10倍ハイブリッドズーム対応プレミアムスマホ「OPPO Reno 10x Zoom」の記者発表会を7月3日に開催!日本でいよいよ発売へ


オッポジャパンが7月3日に「OPPO Reno 10x Zoom」の発表会を実施!

オッポジャパンは13日、報道関係者向けに『オッポジャパン 新スマートフォン「Reno 10x Zoom」記者発表会』を2019年7月3日(水)に開催すると案内しています。10倍ハイブリッドズーム対応プレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno 10x Zoom(型番:CPH1919)」の日本市場投入について詳細が発表される見込み。

なお、同社ではすでに紹介しているようにOPPO Reno 10x Zoom CPH1919については日本市場向けに電波法に基づく工事設計認証(いわゆる「技適」)を4月15日付で取得しており、日本での発売に関しても「OPPO Reno」シリーズを投入予定であるとしていました。

また同社では他にも約6.4インチFHD+ディスプレイやSnapdragon 710、デュアルカメラなどを搭載したミッドハイレンジスマホ(型番:CPH1983)が5月15日付で技適を取得しており、合わせて発表される可能性もあり、オッポジャパンでは「OPPO R15 Pro」に続いておサイフケータイ(FeliCa)や防水に対応した製品も継続して投入することを明らかにしているため、それらへの対応も期待されます。

続きを読む

10倍ハイブリッドズーム対応プレミアムスマホ「OPPO Reno 10x Zoom CPH1919」が工事設計認証(技適)を取得!グローバル仕様でSIMフリーで発売へ


プレミアムスマホ「OPPO Reno 10x Zoom」が技適通過!写真は10倍ハイブリッドズーム対応の試作機

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、2019年4月後半の電波法に基づく技術適合証明および工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得した機器を追加し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「CPH1919」が認証技術支援センターにて工事設計認証(認証番号:018-190111)を4月15日付で取得していることが明らかとなりました。

CPH1919はすでに海外で発表されているOPPOの新シリーズ「OPPO Reno」の上位モデルで10倍ハイブリッドズームに対応したプレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno 10x Zoom」であり、恐らくグローバルモデルと同じ型番となっているため、SIMフリーで海外仕様ほぼそのままで発売されるのではないかと予想されます。

日本法人のオッポジャパンではOPPO Renoシリーズを日本に投入することを予告しており、先行して試作機ながら「MWC Wrap-up説明会」として日本で10倍ハイブリッドズームの体験会を開催していましたが、工事設計認証を取得したことで正式発表や発売も近づいてきたのではないでしょうか。

続きを読む

OPPOが新スマホ「Reno」シリーズを正式発表!上位モデルは10倍ハイブリッドズームに対応で日本にも投入予定。4月19日より順次発売され、価格は約5万円から


最新プレミアムスマホ「OPPO Reno」が登場!10倍ハイブリッドズーム対応

OPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)は10日(現地時間)、中国・上海にて新製品発表会を開催し、同社の新しいスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno」シリーズにおけるスタンダードモデル「Reno 标准版」および10倍ハイブリッドズームに対応した上位モデル「Reno 10倍变焦版」を発表しています。

中国ではReno 标准版が4月19日(金)に発売され、同日より予約販売が開始され、Reno 10倍变焦版が5月上旬に発売される予定。なお、オッポジャパンではOPPO Renoシリーズを日本にも投入することを明らかにしています。その他、5Gに対応したReno 10倍变焦版5Gも発表されました。

また中国での価格はそれぞれ内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージが6GB+128GB、6GB+256GB、8GB+256GBの3種類ずつ用意されており、Reno 标准版が2,999元(約50,000円)、3,299元(約55,000円)、3,599元(約60,000円)、Reno 10 倍变焦版が3,999元(約66,000円)、4,499元(約74,000円)、4,799元(約79,000円)となっています。

続きを読む

OPPOが開発する次世代スマホの最新カメラ技術「10倍ハイブリッドズーム」を体験してきた!新シリーズ「Reno」やFeliCa・防水対応モデルの日本投入も予告【レポート】


オッポジャパンが10倍ハイブリッドズームと5Gを搭載した試作機を公開!

オッポジャパンが都内にて「MWC Wrap-up説明会」を3月18日に開催し、スペインバルセロナで開催された「MWC 2019 Barcelona」で発表した次期スマートフォン(スマホ)に搭載するテクノロジーの解説を行った。

その中で、革新的なカメラ機能として16mm(35mm換算)の超広角レンズによるカメラと約4800万画素CMOSのメインカメラ、さらにペリスコープ(屈曲光学)構造で薄型化を図った望遠レンズにおるカメラのトリプルカメラを用いた16mmから160mmまでの10倍ハイブリッドズームについて説明が行われた。

これは光学8.1倍に加え、各カメラの出力を800万画素に統一することで、10倍までズームを行っても理論上画質が劣化しない技術を実現している。合わせて同社ではこの10倍ハイブリッドズームに対応したスマホを日本市場に投入すると予告した。

また5Gにも積極的に取り組んでおり、今回試作機として5Gモジュールを内蔵した10倍ハイブリッドズーム端末を用意し、説明会にて展示した。なお、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)ではすでに新しいスマホ「Reno」シリーズの発表を予告しており、5Gと10倍ハイブリッドズームに対応するとしている。

そのため、Renoシリーズの試作機とも取れる動機だが、展示では5Gについては電波がないために確認ができなかったが、10倍ハイブリッドズームのカメラを試すことができた。そこで今回は説明会のプレゼンテーションの内容とともに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

OPPO、次世代スマホ「Reno」を4月10日に発表すると予告!10倍ハイブリッドズームや5Gに対応し、日本でも発売予定。6.65インチFHD+ディスプレイやS855を搭載


オッポが次世代スマホ「OPPO Reno」シリーズを4月10日に発表へ!日本でも発売予定

OPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)は11日(現地時間)、同社の新しいスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno」シリーズを2019年4月10日(水)に発表すると予告しています。詳細は明らかにされていませんが、10倍ハイブリッドズームや5Gに対応するモデルが用意されるとのこと。

また20日(現地時間)、同社の5G対応スマホがCTC advancedにてSporton Internationalを通じて5GのCE認証を取得したと発表し、CE認証以外にもWi-Fi認証(Wi-Fi Alliance)やBluetooth認証(Bluetooth SIG)でも5Gに対応した「CPH1921」が通過したことが公開されています。

OPPO Renoシリーズにはいくつかのモデルがあると見られていますが、これらからCPH1921が5Gに対応したOPPO Renoシリーズになるのではないかと予想されています。なお、Bluetooth認証ではCPH1921と同等ながら5Gに対応していない「CPH1919」も同時に通過しています。

さらにオッポジャパンは18日、日本市場に向けた今後の取り組みを紹介する説明会を開催し、日本でもOPPO Renoシリーズを展開することを明らかにしました。なお、その他にもすでに「OPPO R15 Pro」で実現していますが、今後も防水やおサイフケータイ(FeliCa)に対応した製品を投入予定であるとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。