S-MAX

P20Pro

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(お花編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!第3回目は花を撮ってみた

2018年夏モデルを含む今注目の機種におけるカメラ性能比較第3回目のテーマは「花」だ。得に女性は花を撮影する機会も多いのではないかと思い、各機種で花壇の花を撮影してみた。

また日中の撮影はもちろんだが、暗めの室内や夜など、暗所撮影にも強い機種がいくつかあるので、そのテストも兼ねて、夜の光源の少ない暗い環境でも撮影してみたので、まとめて紹介する。

第1回第2回と同様に使用する機種は、シャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種

なお、撮影条件は第1回目や第2回目と同じく初期状態のままでオートにて撮影している。またXperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(食べ物編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!2回目は食べ物を撮ってみた

2018年夏モデルを含む今注目の機種におけるカメラ性能比較の第2回目のテーマはズバリ「食べ物」。食事に行った際、ついついスマートフォン(スマホ)で撮影してしまうという人も多いだろう。特においしそうに撮れると“メシウマ”、まずそうに撮れてしまうのを“メシマズ”とも言われ、カメラの性能でも特に注目されている。

そこで今回は、前回と同様にシャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種を使って、食べ物を撮影してみたので、その画像を紹介する。

なお、撮影条件は第1回目と同じく初期状態のままでオートにて撮影しているため、基本的には食事や食べ物向けのモードとなる。またXperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(UI・風景編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!まずはUIと風景写真をチェック

携帯電話にカメラが搭載されて以降、スマートフォン(スマホ)のカメラ機能は今ではすっかり最も重要な要素として各社がしのぎを削り、日進月歩の勢いで進化し続けている。

特に最近はセンサーやレンズを複数使うことで、“スマホカメラ”ならではの進化を遂げており、今夏モデルでも飛躍的にデュアルレンズカメラの機種が増え、画質の進化もまだまだ向上しているのだ。

そこで今回は今夏モデルの注目機種であるシャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」に加え、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種のカメラテストをしてみた。

まず1回目として、各機種の紹介とカメラアプリ機動画面を紹介しつつ、日中の風景画像を比較していく。なお、Xperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む

今夏、“注目せずにはいられない”。ライカのトリプルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を購入!開封して外観や同梱品を紹介【レビュー】


日本ではdocomo専売のファーウェイ製スマホ「HUAWEI P20 Pro」を購入!

NTTドコモの「2018年夏モデル」として6月15日に発売になったHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」。ファーウェイが今年3月に発表し、海外では4月から販売されている「HUAWEI P20 Pro」のNTTドコモ版で、日本国内ではNTTドコモ専売となりました。

特徴はなんと言っても約4000万画素カメラを含む「トリプルカメラ」はライカによるチューニングが行われており、発表後から非常に評価が高く、カメラの評価団体「DxOMark」で最高得点の109点となっているほか、国内向けの機能として「おサイフケータイ(FeliCa)」に対応するなど、話題性も高く注目を集めています。

また基本スペックについてもAIに最適化されたNPUを搭載したオクタコアCPU「Kirin 970」を搭載し、内蔵メインー(RAM)は6GB、内蔵ストレージ(ROM)も128GB、約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ、さらに防水・防塵にも対応するなど、フラッグシップモデルらしい豪華な仕様になっています。

さっそくですが、筆者も発売されたばかりのHUAWEI P20 Pro HW-01Kを購入しましたので、今回は写真で開封レポートをお送りいたします。

続きを読む

NTTドコモ、トリプルカメラを搭載した最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を6月15日に発売!先着1万人に5千dポイントをプレゼントするキャンペーンも実施


docomo向けスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が6月15日発売!

NTTドコモは11日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:19の縦長な約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ(約408ppi)を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは6月13日(水)10時より購入手続きが開始されます。

価格(税込)は本体代金が103,680円(分割4,320円/月×24回)で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更(契約変更含む)なら57,024円(分割2,376円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら22,680円(分割945円/月×24回)。

なお、ケータイWatchなどにてHUAWEI P20 Pro HW-01Kがドコモオンラインショップで新規契約・MNPなら5,400円OFFになるクーポンを配布しています。リンクからクーポン発行ID「2KWA1806」をメモし、クーポン発行サイトにて入力すれば入手可能。現時点でもゲットできるようになっていますが、数量限定ということなので欲しい人はお早めに。クーポン利用期限は6月30日(土)まで。

またHUAWEI P20 Pro HW-01Kを購入して専用キャンペーンWebサイト( http://huawei-cpn.jp/ )から応募したdポイントクラブ会員の中から先着1万人にdポイント5,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施します。期間は購入が発売日から2018年8月31日(金)まで、応募が発売日から2018年9月10日(月)まで。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。