S-MAX

P30litePremium

au向けのコストパフォーマンスに優れたスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」を写真と動画で紹介!128GBの内部ストレージに4GB RAM、トリプルカメラなど【レポート】


au向けの高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」が今月下旬に発売予定!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、au向け「2019年夏モデル」を発表し、トリプルカメラや128GBの大容量内部ストレージ(ROM)、3340mAhの大容量バッテリーを搭載したコストパフォーマンスに優れたスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」(Huawei Technologies製)を5月下旬に発売する。

同日、都内では報道陣向けの「au 発表会 2019 Summer」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を開始する予定。

価格は現時点では未定で、後日案内されるとのこと。華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)では「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念! キャッシュバックキャンペーン」を実施する予定。

続きを読む

au向け高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」が発表!5月下旬発売。6.1インチFHD+液晶やオクタコアCPU、4GB RAM、3340mAh、トリプルカメラなど


au向け高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として大画面&大容量バッテリーでしっかりと使える価格を抑えたコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」(Huawei Technologies製)を発表しています。

海外で今年3月に発表されたグローバルモデル「HUAWEI P30 lite」のau版で、低価格ながら画面上部中央にしずく型ノッチ(切り欠き)を備えたアスペクト比9:19の縦長な約6.1インチFHD+(1080×2312ドット)IPS液晶(約415ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、3340mAhバッテリーと十分な性能を備えたミッドレンジスマホで、Premiumな点はauのみで内蔵ストレージが128GBとなるということです。

また背面には約2400万画素裏面照射型CMOS/F1.8レンズ+約800万画素裏面照射型CMOS/F2.4レンズ(超広角120°)+深度測定用の約200万画素CMOS/F2.4レンズのトリプルリアカメラを搭載し、AI(人工知能)を活用した22種類の被写体やシーンを自動で認識するため、難しい設定不要で手軽に上級者 並みのテクニックを再現したキレイな撮影が可能です。

発売時期は5月下旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格43,200円の実質負担額29,376円からとなっています。

なお、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)では「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念! キャッシュバックキャンペーン」を実施し、購入して応募するともれなくau WALLET残高に3,000円、さらに抽選で500人に7,000円をキャッシュバック(チャージ)します(ともに非課税)。

期間は購入が6月30日(日)まで、応募が7月10日(水)まで。購入対象は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)の全オーダー。キャッシュバック時期は8月上旬以降を予定しているとのこと。その他、キャンペーンの詳細な情報や応募は公式Webページ( http://huawei-cpn.jp/aup30lite/ )をご参照ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。