S-MAX

P9

Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭り」でSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、「BlackBerry PRIV」などが割引!明日4月2日までの対象商品をまとめて紹介


アマゾン春のタイムセール祭りの4月1〜2日分のセール対象をチェック!

既報通り、アマゾン ジャパンは2017年3月31日(金)0:00から4月2日(日)23:59まで総合Webストア「Amazon.co.jp」にてプライム会員限定で「春のタイムセール祭り」を実施しています。

初日となった昨日3月31日は数量限定タイムセールにSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、2in1 Windowsタブレット「HUAWEI Matebook」などが対象となり、例えば、HUAWEI Mate 9ではゴールドが100台限定ながら通常58,476円のところ48,672円とかなり割り引きされて販売されていました。

セールは特選タイムセールと数量限定タイムセールがあり、特選タイムセールでは本日4月1日限定でSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T1 7.0」が43%OFFの9,980円などとなっています。

その他、数量限定タイムセールは現時点でセール時の価格や数量などの詳細は明らかにされていませんが、一部のスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連商品もセール対象となっているのでプライム会員の人は是非チェックしてみてください。なお、金額はすべて税込表記。

続きを読む

Amazon.co.jpで「春のタイムセール祭り」が4月2日まで開催中!SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、「BlackBerry PRIV」なども数量限定で対象に


Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭り」でモバイル関連製品も割引!

アマゾン ジャパンが展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にてプライム会員限定で「春のタイムセール祭り」を2017年3月31日(金)0:00から4月2日(日)23:59まで実施しています。

現時点ではセール時の価格などの詳細は明らかにされていませんが、一部のスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連商品もセール対象となっているのでプライム会員の人は是非チェックしてみてください。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリースマホがAmazon.co.jpがお買い得!HUAWEI novaが3万1806円、HUAWEI P9が4万1926円、HUAWEI Mate 9が5万3190円からなど


ファーウェイのSIMフリースマホがお安く!HUAWEI novaが3.2万円程度など

日本のSIMフリー市場で人気となっているHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のスマートフォン(スマホ)が大手Webストア「Amazon.co.jp」にて「OCN ルナルナ特典付き音声SIMセット」でお買い得になっています。

SIMセットですが、購入後に申込を行わなければスマホのみの単体購入となり、発売されたばかりの「HUAWEI nova」が31,806円(すべて税込)から、昨年12月に発売された最上級スマホ「HUAWEI Mate 9」が53,190円から、フラッグシップスマホ「HUAWEI P9」が41,926円から、低価格で人気の「HUAWEI P9 lite」が21,041円からに。

続きを読む

発売直後の「HUAWEI nova」やフラッグシップ「HUAWEI Mate 9」などのSIMフリースマホを実際に体験できるタッチ&トライイベントを関東や関西で開催!会場の様子を紹介【レポート】


発売されたばかりの新製品「HUAWEI nova」の実機も試せる!

SIMフリーのスマートフォン(スマホ)やタブレット端末の販売が好調な華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2017年2月25日(土)より関東および大阪の家電量販店(具体的な店舗は後述)においてタッチ&トライイベントを実施しています。

このイベントでは2月21日に発表されたばかりの新しいスマホ「HUAWEI nova」(以下、nova)やフラグシップモデルスマホ「HUAWEI Mate 9」(以下、Mate 9)などといったHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製品を試すことが可能です。

筆者もさっそくイベントを実施している店舗のひとつである「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」に行ってみたのでその様子をレポートします。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、SIMフリースマホ「HUAWEI P9」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2月14日より順次提供開始


SIMフリースマホ「HUAWEI P9」がAndroid 7.0 Nougatに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は13日、現在販売中のHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年2月14日(火)以降順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンでは昨年12月よりHUAWEI P9にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供してきましたが、今回新たに正式版がリリースされました。ファーウェイ・ジャパンのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップは1月に提供開始した「honor 8」に続いて2機種目。

ソフトウェア更新によってAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン5.0になるなどするということです。

更新内容は以下の通り。なお、約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象のHUAWEI P9に更新通知が届くようになっています。

1)Android 7.0 / EMUI 5.0へのアップデート
2)システムの最適化、安定性向上
3)アプリケーション汎用性の向上
など


続きを読む

【年末企画】新しさを生み出せずに苦しむメーカーと勢いに乗るSIMフリー勢に不安を覚えた2016年を振り返る(個性派端末愛好ライター・河童丸編)


相も変わらず独創的過ぎて、さして役にも立っていない河童丸の2016年振り返り!

いよいよ2016年も残すところわずかになりましたが、みなさんは今年何台のガジェットを買いましたでしょうか?昨年末と同じ質問での切り出しに我ながら芸がないなと思いながら……。

今年の筆者は後ほど買った端末を述べていきますが、買ったガジェットはそれほど多くないのですが、それもひとえに"個性溢れる挑戦的な製品"の登場がほぼなかったからなのではないでしょうか。

特に国内の大手携帯電話会社3社から製品を発売しているメーカー各社は奇をてらった製品の投入をほぼやめてしまい、昨年以上に無難な、そして面白味の薄い製品が多かったように思います。

一方で、FREETEL(プラスワン・マーケティング)やZTEジャパン、ファーウェイ・ジャパンといったSIMフリー製品を中心に展開しているメーカーからは個性のある面白い機種が見られたように感じました。

今回は、年の瀬恒例の「年末企画」ということで、筆者が購入したガジェットを発売日順にざっと紹介しつつ、その中で筆者にとって特に良かった製品を3つ挙げていこうかと思います。


続きを読む

ファーウェイがP9などを使ったフォト・イラストコンテストの表彰式「HUAWEI Christmas Award Party」を開催!最優秀賞にはMate 9とMateBookをプレゼント【レポート】

HUAWEI P9とMateBookを使った作品から優秀賞を発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は13日、都内にて「HUAWEI Christmas Award Party」を開催し、同社のフラグシップモデルライカダブルレンズを搭載するスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」(以下、P9)のフォトコンテスト、ならびに筆圧感知に対応するMateペンが使えるWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」(以下、MateBook)を利用したイラストコンテストの表彰式を行った。

表彰式の開催にあたって、ファーウェイ・デバイス ジャパン コリア リージョナルプレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏は「おかげさまでファーウェイは日本市場において大きな飛躍を遂げた1年となりました。SIMフリースマートフォンでは2016年の販売が好調で第一位を獲得しております。BCNのデータによりますと、スマートフォン全体では第4位となります。今日はふたつのフラグシップモデルHUAWEI P9、HUAWEI MateBookの作品がどのようなものなのかワクワクしております」と挨拶した。

表彰式には特別審査員として高橋真麻さんと、安田美沙子さんが登壇し趣味の写真やクリスマスの過ごし方などを語るなど盛り沢山の内容だった。今回はこのフォトコンテストおよびイラストコンテストの受賞作品を紹介していく。

続きを読む

【年末企画】2016年に購入した三者三様のスマホからiPhoneとAndroid、Windowsのそれぞれを取り巻く状況をほんのり考察(アプリ開発エンジニア・えど編)

今年買ったスマホはiOS・Android・Windowsの各1台!年末企画で2016年を振り返る

気が付けば2016年ももうすぐ終わり。筆者がそんな2016年に購入したスマートフォン(スマホ)は3台で、物欲が控えめ(?)な1年でした。しかしながら、iOSが1台、Androidが1台、Windows 10 Mobileが1台と、結果的にバランスよく、いろいろな環境を試せていたように思います。

そこで本記事では、年末企画としてこれらの購入した3台を振り返りながら、iOSやAndroid、Windowsといった各スマホなど向けプラットフォームを取り巻くそれぞれの状況を振り返っていきます。

続きを読む

ファーウェイのダブルカメラ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッド・ブルーがAmazon.co.jpにて10%引きの5万円切り!赤はすでに在庫が少ないのでお早めに


ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドとブルーが10%OFFに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から販売されているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9(以下、P9)」(Huawei Technologies製)。

今年6月に発売して以降、老舗カメラレンズメーカー「ライカ(Leica)」と共同開発したデュアルカメラを含めて高い評価を得ており、11月には新色のレッドとブルーを限定1000台ずつ発売。同時にメーカー希望小売価格(税抜)も59,800円から50,800円に値下げしました。

先日、さらに上位の最上級のフラッグシップスマホとして「HUAWEI Mate 9」が発売されましたが、画面が5.9インチサイズとかなり大きいこともあり、手の小さい人などは5.2インチサイズのP9のほうが良いという人もいるかと思います。

そんなP9のレッドとブルーが大手Webストア「Amazon.co.jp」にて10%OFF(5,309円引き)の税込49,555円に値下げされているので是非、この機会に気になっていた人はチェックしてみてください。特にレッドはすでに店頭在庫のみでファーウェイ・ジャパンのほうにはないようなので最後チャンスかもしれないですよ。

続きを読む

深みのある赤に酔いしれる!ファーウェイのダブルカメラ搭載なSIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドを購入ーー外観や製品の魅力を紹介【レビュー】


筆者はこれを待っていた!SIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドをゲット

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から11月25日に発売されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」(以下、P9)の限定追加カラー「レッド」と「ブルー」。合わせてこれらの色も含めてメーカー希望小売価格(税込)も59,800円から9,000円値下げした50,800円に値下げされました。

P9はファーウェイ傘下のHiSillicon製チップセット「Kirin 955」でオクタコアCPUと最大900MHzのGPU「RM Mali-T880 MP4」を内蔵し、3GB内蔵メモリー(RAM)や指紋認証センサー、そして最大の特長とななるダブルレンズカメラ「DUAL CAMERA」搭載と、ファーウェイのハイエンド帯に位置付けられているフラッグシップスマホとなっています。

製品としては日本でも今年6月に発売し、これまでにも何度かレビューなどで紹介していますが、新色としてレッドとブルーが今年の9月に海外で発表され、その後、約3か月経った11月25日についに日本でも各1000台ずつの限定追加カラーとして発売されました。

赤い製品を愛してやまない筆者も当然のようにこのP9のレッドを発売日に入手しました。そこで今回は紹介が少し遅くなりましたが、開封して"その赤っぷり"に浸りつつ、P9の魅力について現在日本の4都市で開催されているイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」で語られた内容とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。