S-MAX

Padfone

ASUS、PadFone 2購入者全員を対象に「IIJmioプリペイドパック」をプレゼントする「PadFone 2 購入者限定!絶対もらえるキャンペーン」を3月9日から開始

a0d279e8.jpg

PadFone 2を購入してSIMカードをもらおう!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS;エイスース)は8日、今年1月に日本国内向けに発売を開始した「PadFone 2」において、購入者を対象にした「PadFone 2 購入者限定!絶対もらえるキャンペーン」を9日から実施すると発表した。

PadFone 2は、Andoridを採用したスマートフォン「PadFone 2」とタブレット型ドック「PadFone 2 Station」で構成された、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用可能な製品。

スマートフォンでありながら、国内のキャリア(通信事業者)からの販売ではなく、主にASUSのPC販路で展開している。そのため、SIMフリー機ではあるが、SIMは別途用意する必要がある。

今回のキャンペーンでは、このSIMカードをプレゼントするというもので、「IIJmioプリペイドパック」が用意された。

続きを読む

ASUS、通話にも対応した7インチAndroidタブレット「Fonepad」およびキードックと合体できるスマホ「Padfone Infinity」を発表

01fad89c.jpg

FonepadとPadfone Infinityを発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は25日、2013年2月25日(月)からスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の携帯電話・通信関連イベント「Mobile World Congress 2013(MWC2013)」にてプレスカンファレンスを開催し、音声通話にも対応した7インチサイズのAndroidタブレット「Fonepad」およびキードックと合体できるAndroidスマートフォン「Padfone」の次世代モデル「Padfone Infinty」の2機種を発表しています。

Fonepadは、SIMロックフリーモデルを2013年3月からアジアで249ドルで販売予定とのこと。また、Padfone Infinityは現在販売中の「Padfone 2」の後継機種で、キードック側のディスプレイがフルHD(1080p)に対応しており、2013年4月に欧州で出荷予定で、市場予想価格が999ドルということです。

続きを読む

【スマートフォンとしてもタブレットとしても使える!SIMロックフリーの画期的な合体スマホ「PadFone 2」特集】

d05a639f.jpg

ASUSの合体スマホ「PadFone 2」特集!

2013年1月12日(土)に日本市場向けに発売が開始された、ASUS(エイスース)製のスマートフォン「PadFone 2(パッドフォン・ツー)」は、Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)を採用し、スマートフォン本体の「PadFone 2」と、タブレット型ドックの「PadFone 2 Station」で構成された珍しいプロダクトです。

スマートフォンとしてはもちろん、タブレット型ドックにスマートフォンをドッキングさせて10インチクラスのタブレットとしても利用できる点が最大の特長です。スマートフォン自体も特長的なデザインで、手に馴染みやすいサイズ感や質感を実現して、持ちやすく操作もしやすくなっています。

海外向けの製品として、昨年の10月に発表され海外市場では販売されていましたが、今年になって日本市場にも投入されました。キャリア(通信事業者)が取り扱う製品ではなく、パソコン販路による流通が中心となっているため量販店などのパソコンコーナーなどで実際に触れたり購入したりできるようになっています。

ネットワークにおいては、無線LAN IEEE802.11a/b/g/nによるWi-Fi接続以外に、W-CDMA(DC-HSDPA/900/2100MHz)の3G通信もサポートしており、SIMカードスロットを搭載したSIMロックフリーのスマートフォンです。

そんなPadFone 2ですが、今回は当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」で紹介してきたPadFone 2に関する記事を一気にまとめて紹介します!是非各記事をチェックしてみてください!

続きを読む

一体“誰”に売るの?ASUS製の「PadFone 2」に見る、一筋縄ではいかない日本におけるSIMフリー端末の展開【コラム】

aea904ea.jpg
意欲的ではあるけれど……

ASUS(エイスース)が「PadFone 2」を国内で販売を初めておよそ1ヶ月経ちました。通信事業者(キャリア)を通さないで販売されるSIMロックフリー端末は日本では非常に珍しく、タブレット状のドッキングステーション「PadFone 2 Station」と組み合わせるとタブレット端末としても使えることと併せて非常に注目を集めている機種でもあります。

しかしながら、このPadFone 2、正直言って誰に売りたいのか分からないし、どうやって売りたいのか見えてこないのです。

そこで、報道関係者向けの説明会に参加したり、短期間ながら同機種を使ったりする中で、PadFone 2についてあれこれ考えてみました。

続きを読む

一台二役のドッキングスマートフォン「PadFone 2」とタブレット型ドック「PadFone 2 Station」を写真でチェック【レビュー】

6aaecb7e.jpg

ASUSの新端末を2つの視点から紹介!

1月12日に発売されたASUS(エイスース)製の合体スマートフォン「PadFone 2」は、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用できる珍しい製品です。

前回の開封レポートに引き続き、今回はスマートフォン本体となるPadFone 2とタブレット型ドック「PadFone 2 Station」を写真を中心に紹介していきます。

続きを読む

スマートフォンとタブレットの両方を兼ね備えるASUS製「PadFone 2」を購入したので開封してみた【レビュー】

17f877d8.jpg

スマートフォンとタブレットの1台2役のスーパーフォン!

既報の通り、12日にASUS(エイスース)からタブレット型のドックと合体することができるAndroidスマートフォン「PadFone 2」が国内向けに発売されました。

PadFone 2は、画面サイズ4.7インチのオーソドックスな前面フルタッチのスマートフォン「PadFone 2」と、画面サイズ10.1インチのタブレット型ドック「PadFone 2 Statione」がセットになった製品で、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用できる点が特長です。

さらにSIMフリーのスマートフォンで、W-CDMA(DC-HSDPA)の通信方式、900MHzおよび2100MHzの周波数帯に対応しています。価格は79,800円(税込)で、本体カラーはブラックのみの1色展開となっています。

そんなPadFone 2を発売日に入手しましたので開封レポートをお届けします。

続きを読む

ASUS、タブレットにもなる合体スマホ「Padfone 2」を1月12日から日本でも発売開始

bfd4ba9b.jpg

Padfone2が日本市場向けに発売!

ASUSは10日、新しいAndroidスマートフォン「Padfone 2」を日本向けに発売することを発表しました。Padfone 2は、タブレット型ドックと合体できるスマートフォン「Padfone」の後継機種で、同様にタブレット型ドックに装着できるモデルとなっています。SIMフリーで、2013年1月12日(土)より販売開始されます。希望小売価格は79,800円(税込)。

続きを読む

ASUS、タブレットにもなる合体スマホ「Padfone 2」を正式発表!4.7インチIGZO液晶やクアッドコアCPUなど搭載

ccc25f7b.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

ASUSは16日(現地時間)、新しいAndroidスマートフォン「Padfone 2」を正式発表しています。Padfone 2は、タブレット型ドックと合体できるスマートフォン「Padfone」の後継機種で、同様にタブレット型ドックに装着できるモデルとなっています。

ディスプレイは4.7インチHD(1280×720)IPSパネルで、シャープのIGZO液晶が採用されており、最大550nitの明るさを実現しています。CPUは1.5GHzクアッドコア(Qualcomm APQ8064)で、ソニー製の1,300万画素裏面照射型CMOSカメラと、120万画素フロントカメラを採用。最大100枚の連写機能や、30fpsでの1080pフルHD動画撮影、60fpsでの720pHD動画撮影などに対応しています。

続きを読む

ASUS、タブレットドックと合体するスマートフォン「PadFone」を正式発表!4月発売

c6f7a8a8.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

ASUSは2月27日、バルセロナ(スペイン)で先月27日から開催されていたモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2012(MWC2012)」においてタブレットドックと合体する風変わりなスマートフォン「PadFone」を発表しています。

昨年5月から何度か披露されてきましたが、今回が正式な発表となり、詳細なスペックを公開しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。