Androidを標的とした高度なマルウェア「SpyDealer」が登場!

セキュリティベンダーであるPalo Alto Networksが40種類以上のアプリから個人データを詐取し、Androidのユーザー補助機能を悪用して、アプリが行う通信から機密性の高いメッセージを傍受する高度なAndroid向けマルウェア「SpyDealer」を発見したと報告しています。

このSpyDealerは商用のroot権限取得アプリの脆弱性を利用して、端末のroot権限を奪取し、データを盗み出せるようにしているということです。

同社ではすでにGoogleには報告しており、感染源も「Google Playストア」では見つかっていないため、限定的だと見られますが、長期に渡ってバージョンアップが行われており、今後も注意したい内容となっています。

続きを読む