S-MAX

Pixel4

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 11」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!正式版は2020年Q3にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 11」の開発者向けプレビュー版第2弾をリリース!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における開発者向けプレビュー版の第2弾「Android 11 Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

提供されているのは今年2月に公開された「Android 11 Developer Preview 1」(以下、DP1)と同様にAndroidエミュレーターのほか、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XLでテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download )から手動で導入するようになっています。

また同社ではファクトリーイメージをフラッシュする(焼く)のを少し簡単にするために「Android Flash Tool」を提供開始したとのこと。さらにすでにDP1またはその後に提供開始されていた不具合修正版の「Android 11 Developer Preview 1.1」を導入している場合はネットワーク経由のソフトウェア更新(OTA)も提供されます。

DP2ではPixelシリーズにおけるビルド番号が「RPP2.200227.009」で、すでにAndroidセキュリティーパッチレベルは「March 2020」のまま、Google Play servicesは「20.11.12」となり、エミュレーターでは32bitおよび64bitのx86がサポートされ、APIレベルは「R(DP2)」となっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込み。

続きを読む

Googleスマホに新機能「Pixel feature drops」が追加!169個の新絵文字やポートレートセルフィーなど。2020年3月のAndroidセキュリティーパッチも


Googleスマホ「Pixel」シリーズにおける新機能や2020年3月分のセキュリティーパッチが案内!

Googleは2日(現地時間)、昨年12月から実施している同社が開発・販売するスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供する新機能「Pixel feature drops」の第2弾を提供開始したとお知らせしています。

第2弾では169個の新絵文字追加やダークモードのスケジュールオン・オフ機能、最新フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズにおける「Motion Sense」に新しいジェスチャー追加、フロントカメラにおいて奥行きのある写真に対応し、ポートレートセルフィーなどが行えるようになるなどしています。

これらのPixel feature dropsはすでに提供が開始されており、今後数週間に渡ってソフトウェア更新およびアプリ配信マーケット「Google Play」における各アプリで順次配信される予定とのこと。なお、同社は合わせてAndroidの月次セキュリティーパッチの2020年3月分を提供開始しています。

Pixelシリーズについては2020年3月5日付けのAndroidセキュリティーパッチレベルを含むソフトウェア更新が提供開始されており、セキュリティー関連以外にも機能面でカメラのオートフォーカス改善やジェスチャーナビゲーションのアニメーション改善、Pixel 4の本体下部スピーカー改善、カーネルアップデートなどが行われているということです。

更新後のビルド番号は「Pixel 4」シリーズではグルーバル向けが「QQ2A.200305.003」、AT&T向けが「QQ2A.200305.004.A1」、「Pixel 3」シリーズおよび「Pixel 3a」シリーズ、「Pixel 2」シリーズでは「QQ2A.200305.002」となっており、すでにファクトリーイメージも配信開始されています。

続きを読む

Googleの次期スマホなど向けプラットフォーム「Android 11」の開発者向けプレビュー版をPixelで試してみた【レポート】


Google PixelスマホにAndroid 11 Developer Preview 1を入れてみた!の変更点を紹介

既報通り、Googleは19日(現地時間)がスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」を発表し、合わせて開発者向けプレビュー版「Android 11 Developer Preview 1(以下、Android 11 DP1)」を公開しています。

今回提供されたAndroid 11 DP1はAndroidエミュレーターのほか、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XLでテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download )から手動で導入するようになっています。

正式版のリリースまでのスケジュールは3月に「Developer Preview 2」、4月に「Developer Preview 3」、5月に初のベータ版となる「Beta 1」が提供され、6月にPlatform Stability版となる「Beta 2」、そして今年の第3四半期(Q3:7〜9月)にRC(Release candidate)版となる「Beta 3」を経て正式版がリリースされる予定。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供される予定となっています。今回はPixel 3a XLに実際にAndroid 11 DP1を導入してみたのでざっくりとユーザー目線での変更点を紹介したいと思います。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 11」を発表!開発者向けプレビュー版を公開。正式版は2020年Q3にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 11」の開発者向けプレビュー版をリリース!

Googleは19日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 11」における開発者向けプレビュー版「Android 11 Developer Preview 1」( http://developer.android.com/preview/ )を公開したと発表しています。

今回提供されたAndroid 11 Developer Preview 1はAndroidエミュレーターのほか、Pixel 2、Pixel 2 XL、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 4、Pixel 4 XLでテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、ファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download )から手動で導入するようになっています。

Pixelシリーズにおけるビルド番号は「RPP1.200123.016」で、すでにAndroidセキュリティーパッチレベルは「March 2020」となっており、Google Play servicesは「20.04.14」となります。またエミュレーターでは32bitおよび64bitのx86がサポートされ、APIレベルは「R(DP1)」となっているということです。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込み。

続きを読む

グーグルの最新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」でジェスチャー操作「Motion Sense」が利用可能に


Google Pixel 4シリーズにて日本でもMotion Senseが順次提供可能に!

グーグル(以下、Google Japan)は4日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」において本体に触れることなくジェスチャーだけで操作ができる機能「Motion Sense」と日々のタスク処理がより素早くなる新しい「Google アシスタント」が使えるようになったとお知らせしています。

両機能は同日2月4日から順次提供開始されるとのこと。なお、同社ではPixel 4シリーズの発表時に「日本では2020年春(予定)以降に利用可能となる」としていましたが、総務省による技術的条件の検討を経て利用できるようになっています。

なお、Motion Senseはジェスチャー操作だけでなく、顔認証の認証時にも本体を持とうとしたときなどの動作を事前に感知して他社製品よりも素早く顔認証が行えるようになっているほか、常時画面点灯機能「Always on Display」を近づいたときだけオンにするなどにも利用されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。