S-MAX

Pixel4XL

NTTドコモとauはGoogleの最新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」を販売せず!KDDIでは相互接続性試験(IOT)完了製品に追加


Google Pixel 4・4 XLがauのIOT完了製品に!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)およびソフトバンクは16日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」を2019年10月24日(木)に発売すると発表しています。

販路はGoogleの公式Webショップ「Google ストア」およびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、すでに各所で本日10月16日より予約受付を開始しています。

価格(税込)はGoogle ストアではPixel 4の64GBが89,980円、128GBが103,950円、Pixel 4 XLの64GBが116,600円、128GBが128,700円、ソフトバンクオンラインショップではPixel 4の64GBが87,840円、128GBが101,760円、Pixel 4 XLの64GBが114,240円、128GBが126,720円で、SoftBankでは「トクするサポート」の対象機種となっており、48回払いで購入して各種条件を満たすと24回分の割賦金が免除されます。

一方、これまで「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」を販売してきたNTTドコモはPixel 4およびPixel 4 XLを取り扱わず、また従来通りにKDDIおよび沖縄セルラー電話でも携帯電話サービス「au」にてPixel 4およびPixel 4 XLを取り扱わないことが明らかとなりました。ただし、auではすでにPixel 4およびPixel 4 XLについてau回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しています。

これにより、Pixel 4およびPixel 4 XLは日本ではGoogle ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用可能となっています。なお、NTTドコモでは現時点でPixel 4およびPixel 4 XLをIOT完了製品に追加していませんが、問題なく利用できると思われます。

続きを読む

Google、新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」を発表!光学2倍ズームに対応する広角+望遠のデュアルカメラ搭載。日本でも発売へ


新フラッグシップスマホ「Google Pixel 4・4 XL」が登場!

Googleは15日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて新製品発表会「Made by Google 2019」を開催し、新たに最新OS「Android 10」を搭載したスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」、Chrome OS搭載ノートパソコン「Pixelbook Go」、スマートスピーカー「Nest Mini」、メッシュWi-Fi対応ルーター「Nest WiFi」、完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds(第2世代)」などを発表しています。

Pixel 4およびPixel 4 XLの1次販売国・地域では2019年10月24日(木)に発売され、発表会が行われたアメリカでは同日10月15日より事前注文が開始されており、価格はPixel 4が799ドル(約87,000円)から、Pixel 4 XLが899ドル(約98,000円)から。なお、日本での販売については明らかにされていませんが、新機能のSoliを用いたジェスチャー操作「Motion Sense」が「日本を除くすべての販売される1次販売国・地域で使える」とされているため、日本でも販売されると見られます。

また公式Webページ「Pixel スマートフォンのハードウェア技術仕様 - Pixel Phone ヘルプ」にはPixel 4とPixel 4 XLともに北米向け(モデル「G020I」および「G020J」)とその他の地域向け(モデル「G020M」および「G020P」)に加え、日本向け(モデル「G020N」および「G020Q」)が存在し、おサイフケータイ(FeliCa)に加えてeSIMにも対応することが記載されています。日本向けについても近く正式発表される見込み。

続きを読む

Made by Googleの新製品発表会が10月15日に開催!ティザーも公開され、ライブ中継も実施。次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズなどが発表へ


Googleが次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズなどの新製品発表会を10月15日に開催!

Googleは16日(現地時間)、同社のハードウェア製品「Made by Google」における新製品発表会をアメリカ・ニューヨークにて現地時間(EST)で2019年10月15日(火)10:00から開催すると報道関係者など向けに招待状を送っています。またYouTubeにてライブ中継を実施するとしてティザーページ( http://g.co/madebygoogle19 )を公開しています。

招待状には「Made by Googleのいくつかの新しい製品を見に来てください」と記載されており、詳細は明らかにされていませんが、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」シリーズやスマートスピーカー「Nest Hub Mini」などの新製品が発表されると見られます。なお、発表会は日本時間(JST)では10月16日(水)0:00から。

続きを読む

Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」と見られる未発表の6つの型番「G020I・J・M・N・P・Q」がFCC通過!60GHz帯のSoliに対応


Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズと見られる6つの型番がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は3日(現地時間)、Google製スマートフォン(スマホ)として「G020I」および「G020J」、「G020M」、「G020N」、「G020P」、「G020Q」という6つの型番が認証取得していることを公開しています。FCC IDはG020Iが「A4RG020I」、G020Jが「A4RG020J」、G020MとG020Nが「A4RG020MN」、G020PとG020Qが「A4RG020PQ」です。

それぞれすでにGoogleが明らかにした次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズで対応するジェスチャー操作で利用される60GHz帯におけるモーションセンサー「Soli」(Low Power Transmitter)に対応していることからPixel 4シリーズだと見られ、例年通りならベースモデル「Pixel 4」と大画面モデル「Pixel 4 XL」になると思われます。

なお、直近の「Pixel」シリーズは日本向けに「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」と販売されており、各々がおサイフケータイ(FeliCa)に対応するものの、eSIMに対応しないという日本市場限定のハードウェアとなっていますが、現時点ではざっと公開された資料を見る限りでは日本向けと考えられる情報は見当たりません。

一方で認証を受けている通信方式・周波数帯からG020IとG020Jは北米向け、G020MとG020NおよびG020PとG020Qはともに共通のハードウェアでグローバル向けと予想されますが、型番のアルファベット順で言えば「G020K」と「G020L」が抜けているため、もしかしたらそれらがPixel 3・3 XLやPixel 3a・3a XLのような日本向けとなる可能性もありそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。