S-MAX

PolaSma

今度はシックなオトナ向け!ポラロイドブランドのSIMフリースマホ「LINEAGE」を写真でチェック――秋にLTE対応新機種を投入へ【レポート】

6c3fcff1.jpg
大人向けにカスタムされた“ポラスマ”の新モデルを写真でチェック!

クロスリンクマーケティングは今月2日に新発売となった「Polaroid(ポラロイド)」ブランドのスマートフォン「PolaSma(ポラスマ)」の大人向けモデル「LINEAGE(リネージュ)」のブロガー向けモニター座談会を2014年7月8日(火)に開催しました。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」もさっそく参加してきましたので、実際にLINEAGEの実機を触って試したところを写真と動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

子供向け機能もマニアックな使い方もバッチリ!ポラロイド製SIMフリースマホ「ポラスマ」を写真でチェック(後編)【レビュー】


「ポラスマ」の機能を写真で見てみよう!

全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアで4月25日より販売中のポラロイド製スマートフォン(スマホ)の「ポラスマ(PolaSma)」(なお、販売はクロスリンクマーケティングが行っています)。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではこれまでに開封レポート外観の写真レビューを公開してきましたが、今回はプリインストールアプリやストレージなど、主にソフトウェアの部分を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

子供だけじゃない!?大人もがっつり使えるポラロイド製SIMフリースマホ「ポラスマ」を写真でチェック(前編)【レビュー】


鮮やかな本体カラーも魅力なポラスマをじっくりと見てみよう!

すでに「開封の儀」として紹介したように全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアで4月25日より販売中のポラロイド製スマートフォン(スマホ)の「ポラスマ」(なお、販売はクロスリンクマーケティングが行っています)。

ポップなカラーリングやペアレンタルコントロール機能を搭載していることから子供向けスマホとされていますが、前回紹介したようにパッケージに同梱されている内容がなかなかマニアックで大人も十分に使える機種となっています。そこで、今回は引き続き、ポラスマの外観などを写真で解説していきたいと思います。

続きを読む

子供向けに見えて実は大人でもオススメ!なポラロイド製スマートフォン「ポラスマ」を買ったので開封の儀をしてみた【レビュー】


トイザらス専売!子供向けの皮を被った超個性派スマホを購入

既報通り、クロスリンクマーケティングは25日、子供向けスマートフォン(スマホ)として「ポラスマ」(ポラロイド製)を全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアでの発売を開始しました。

ペアレンタルコントロール機能搭載の子供向けスマホとして発売されていますが、細かい撮影設定が可能なカメラ機能や国内向けスマホとしては非常に珍しいデュアルSIMカードスロット搭載といった“尖った”特徴も持ち合わせており、子供向けでなく一般の大人が使っても非常に面白いスマホとなっています。

今回、さっそくこのポラスマを購入してきたので、まずは開封した模様と同梱品などを写真でレポートしたいと思います。

続きを読む

Polaroidブランドの子ども向けスマホ「PolaSma」がトイザらスで4月25日発売!デュアルSIM対応のSIMフリーで現在予約受付中


ゼロから始めるスマートフォン

子ども向けスマートフォン(スマホ)として「Polaroid(ポラロイド)」ブランドの「PolaSma(ポラスマ)」が全国のトイザらスの店舗およびトイザらスオンラインストアで2014年4月25日(金)に発売されます。価格は税込30,238円。なお、すでに4月2日(水)より予約受付が開始されています。

PolaSmaは子ども向けとしては大型でみやすい5インチディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンで、デュアルSIM対応のSIMフリー機種であることも特徴となっています。これにより、格安SIMを利用することで毎月の通信料を削減したり、2枚のSIMを使ってシーンによって回線を切り替えるなどができます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。