S-MAX

Polaroid

CP+2016:ポラロイド、新発売のアクションカメラ「Polaroid Cube+」やフォトプリンター「Polaroid Zip」などを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
カメラの老舗ブランドのモバイルプリンターやアクションカムを紹介!

神奈川県にあるパシフィコ横浜/大さん橋ホールにてカメラや写真、光学関連機器を展示する展示会「CP+2016」(主催:一般社団法人カメラ映像機器工業会)が2016年2月25日(木)から2月28日(日)までの4日間に渡って開催されていました。

本記事では、インスタントカメラを始めとするさまざまなカメラ用品を展開している老舗メーカー「Polaroid(ポラロイド)」のブースを紹介したいと思います。

続きを読む

Polaroid、約5cm四方のコンパクトな光学8倍ズーム対応Instgram風デジタルカメラ「iZone」を発表!Wi-FiやNFCなどに対応で今春発売ーー車向けダッシュカメラも


小型な正方形デジカメ「Polaroid iZone」が発表!

Polaroid(ポラロイド)は6日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(火)から9日(金)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2015 International CES(CES 2015)」に出展し、1辺が約5cm(2インチ)の正方形なInstgram風デジタルカメラ「Polaroid iZone」を発表しています。

光学8倍ズームや約1800万画素イメージセンサー、32GB内蔵ストレージ、無線LAN(Wi-Fi)、NFCなどに対応し、AndroidおよびiOSアプリでスマートフォン(スマホ)などと撮影した写真を転送できるとのこと。発売時期は今春を予定しており、価格はアメリカでは179.99ドル(約21,500円)。

続きを読む

Polaroid、Android 5.0 Lollipop採用タブレット「L」シリーズを発表!7インチ「L7」と10インチ「L10」ーー回転式カメラ搭載スマホなどもCES 2015にて展示


ポラロイドが新しいAndroidスマホ&タブレットを展示!

Polaroid(ポラロイド)は6日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(火)から9日(金)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2015 International CES(CES 2015)」に出展し、最新プラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」を採用したタブレット「Polaroid L」シリーズを発表しています。

Polaroid Lシリーズは7インチディスプレイを搭載した「L7」と10インチディスプレイを搭載した「L10」の2種類をラインナップし、どちらもクアッドコアCPUを搭載し、無線LAN(Wi-Fi)モデルとなっており、発売時期は2015年春を予定し、価格はアメリカではL7が99ドル(約11,800円)、L10が149ドル(約17,800円)。

また、CES 2015にはこの他に「OPPO N」シリーズのような回転式カメラを搭載したスマートフォン(スマホ)「Polaroid Selfie」などを参考展示しているということです。

続きを読む

クロスリンクマーケティング、1万円&100gを切る3.5インチ小型SIMフリースマホ「Polaroid pigu」を2015年1月下旬に発売


3.5インチ小型SIMフリースマホ「Polaroid pigu」が発売!

クロスリンクマーケティングは11日、「Polaroid(ポラロイド)」ブランドで展開しているSIMロックのかかっていないいわゆる“SIMフリー”のスマートフォン(スマホ)第3弾として、より低価格なエントリーモデル「pigu(ピグ)」を2015年1月下旬より販売開始すると発表しています。価格は8,890円(税抜)。

約3.5インチディスプレイを搭載した小型モデルで、100gを切る約97gの軽量ボディーとなっており、デュアルSIMカードやmicroSDカードに対応しています。なお、国内では3G(W-CDMA)のみで、4G(LTEなど)には対応していません。

続きを読む

Polaroid、その場でプリントアウトもできる正方形のInstgram風Android搭載デジタルカメラ「Socialmatic Camera」を2015年1月1日に発売!Amazon.comなどにて予約受付中


デジカメ「Polaroid Socialmatic Camera」が来年1月1日に発売!

Polaroid(ポラロイド)が今年1月に開催されたイベント「CES 2014」にて発表したその場でプリントアウトもできる正方形のInstgram風Android搭載デジタルカメラ「Polaroid Socialmatic Camera」を2015年1月1日に発売します。

すでに「Amazon.com」などにて予約が受け付けられており、価格は299ドル(約36,000円)。Amazon.comでは日本への配送(送料別)も可能となっています。カラーバリエーションはWhite(ホワイト)とBlack(ブラック)の2色展開。

続きを読む

今度はシックなオトナ向け!ポラロイドブランドのSIMフリースマホ「LINEAGE」を写真でチェック――秋にLTE対応新機種を投入へ【レポート】

6c3fcff1.jpg
大人向けにカスタムされた“ポラスマ”の新モデルを写真でチェック!

クロスリンクマーケティングは今月2日に新発売となった「Polaroid(ポラロイド)」ブランドのスマートフォン「PolaSma(ポラスマ)」の大人向けモデル「LINEAGE(リネージュ)」のブロガー向けモニター座談会を2014年7月8日(火)に開催しました。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」もさっそく参加してきましたので、実際にLINEAGEの実機を触って試したところを写真と動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

クロスリンクマーケティング、ポラロイドブランドのSIMフリースマホ「LINEAGE」を7月2日に発売!第2弾は大人向けで価格は2万6677円


ポラロイドブランドのSIMフリースマホ「LINEAGE」が7月2日に発売!

クロスリンクマーケティングは10日、「Polaroid(ポラロイド)」ブランドで展開しているSIMロックのかかっていないいわゆる“SIMフリー”のスマートフォン第2弾として、第1弾の「PolaSma(ポラスマ)」が主に子供向けだったのに対し、大人向けとする「LINEAGE(リネージュ)」を2014年7月2日(水)に発売すると発表しています。

販売拠点は各家電量販店やWebショップを中心とし、すでに6月10日からヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpで予約を受け付けています。なお、価格は2万6677円(税抜)。

続きを読む

子供向け機能もマニアックな使い方もバッチリ!ポラロイド製SIMフリースマホ「ポラスマ」を写真でチェック(後編)【レビュー】


「ポラスマ」の機能を写真で見てみよう!

全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアで4月25日より販売中のポラロイド製スマートフォン(スマホ)の「ポラスマ(PolaSma)」(なお、販売はクロスリンクマーケティングが行っています)。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではこれまでに開封レポート外観の写真レビューを公開してきましたが、今回はプリインストールアプリやストレージなど、主にソフトウェアの部分を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

子供だけじゃない!?大人もがっつり使えるポラロイド製SIMフリースマホ「ポラスマ」を写真でチェック(前編)【レビュー】


鮮やかな本体カラーも魅力なポラスマをじっくりと見てみよう!

すでに「開封の儀」として紹介したように全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアで4月25日より販売中のポラロイド製スマートフォン(スマホ)の「ポラスマ」(なお、販売はクロスリンクマーケティングが行っています)。

ポップなカラーリングやペアレンタルコントロール機能を搭載していることから子供向けスマホとされていますが、前回紹介したようにパッケージに同梱されている内容がなかなかマニアックで大人も十分に使える機種となっています。そこで、今回は引き続き、ポラスマの外観などを写真で解説していきたいと思います。

続きを読む

子供向けに見えて実は大人でもオススメ!なポラロイド製スマートフォン「ポラスマ」を買ったので開封の儀をしてみた【レビュー】


トイザらス専売!子供向けの皮を被った超個性派スマホを購入

既報通り、クロスリンクマーケティングは25日、子供向けスマートフォン(スマホ)として「ポラスマ」(ポラロイド製)を全国のトイザらスおよびトイザらスオンラインストアでの発売を開始しました。

ペアレンタルコントロール機能搭載の子供向けスマホとして発売されていますが、細かい撮影設定が可能なカメラ機能や国内向けスマホとしては非常に珍しいデュアルSIMカードスロット搭載といった“尖った”特徴も持ち合わせており、子供向けでなく一般の大人が使っても非常に面白いスマホとなっています。

今回、さっそくこのポラスマを購入してきたので、まずは開封した模様と同梱品などを写真でレポートしたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。