S-MAX

PrimeNow

アマゾン、Amazonプライム会員向け即配サービス「Prime Now」においてマツモトキヨシやココカラファイン、三越日本橋本店の商品を取扱開始!合計最大7万点以上に拡大


アマゾンのプライム会員向け即配サービス「Prime Now」が取り扱い点数を拡大!百貨店やドラッグストアの商品も

アマゾン ジャパンは18日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」において有料会員「Amazonプライム」向けに午前6時の注文から深夜1時まで商品を1時間以内に配達する「Prime Now」( https://amazon.co.jp/primenow )の取り扱い商品を2017年4月18日(火)より拡大したと発表しています。

これまでは主にAmazon.co.jpで販売している商品の中から日用品などを中心に販売していましたが、新たに提携店である「ココカラファイン」や「マツモトキヨシ」(以下併せて、ドラッグストア)、「三越日本橋本店」(以下、百貨店)による商品が追加されます。

現時点でのドラッグストアや百貨店の合計出品商品数は約1万1000点で、これにより、都内の対象エリアにおけるPrime Nowの取扱商品は最大7万点以上に拡大します。

続きを読む

アマゾン、Amazonプライム会員向けに最短1時間以内に配送する「Prime Now」の提供エリアを東京23区全域に拡大!本日11月15日22時59分まで1時間以内配送が実質無料になるキャンペーンも


アマゾンが1時間以内に配達するプライム会員向け「Prime Now」がエリア拡大!

アマゾン ジャパンは15日、同社が運営する総合Webストア「Amazon.co.jp」においてAmazon プライム会員向けに午前6時の注文から深夜1時まで商品を1時間以内に配達する「Prime Now」( https://amazon.co.jp/primenow )の提供エリアを東京23区全域に拡大したと発表しています。

日本ではおおよそ1年前の昨年11月19日にサービスを開始し、当初は東京都の世田谷区および目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)より開始し、順次対象エリアを拡大していました。

今回、新宿、池袋を含む城北エリアで拡大し、中野区、豊島区、北区、板橋区、練馬区がサービス対象区に新たに加わったことで東京23区全区で利用可能となりました(一部地域を除く)。

利用料は配送料は午前6時から深夜1時の配送時間を選べる「1時間以内配送(配送料金:税込890円)」と午前6時から深夜0時の間で2時間単位の配達時間を選べる「2時間便(配送料金:無料)」。

なお、日本でのPrime Now 1周年を記念し、Prime Nowの1時間以内配送を利用できるすべてのエリアを対象として、本日2016年11月15日(火)の12時から22時59分までの間に「1時間配送 実質無料キャンペーン」を実施し、1時間以内配送を利用した人に次回以降使える配送料890円分のクーポンをプレゼントするということです。

続きを読む

アマゾン、Amazonプライム会員向けに最短1時間以内に配送する「Prime Now」を日本で提供開始!送料は1時間以内なら890円、2時間なら無料――まずは東京の8区でスタート


アマゾンが1時間以内に配達するプライム会員向け「Prime Now」を提供開始!

アマゾン ジャパンは19日、同社が展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」においてAmazon プライム会員向けの新たなサービスとして午前6時の注文から深夜1時まで商品を1時間以内に配達する「Prime Now」( https://amazon.co.jp/primenow )を2015年11月19日(木)より提供開始すると発表しています。

商品数は約1万8000点でスマートフォン(スマホ)などから注文でき、注文は1回あたり2,500円(税込)以上で商品は1個からでも利用可能。配送時にはGPSによる現在位置測定機能を使って配送状況を地図上で確認できるほか、注文時にメモ欄を使って配送方法の詳細指示を伝えられるということです。

なお、配送料は午前6時から深夜1時の配送時間を選べる「1時間以内配送(配送料金:税込890円)」と午前6時から深夜0時の間で2時間単位の配達時間を選べる「2時間便(配送料金:無料)」があり、対象エリアは東京都の世田谷区および目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)より開始し、順次対象エリアを拡げていく予定。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。