S-MAX

Quatab

使わないときは時計やカレンダーになる便利な10.1インチタブレット!au向け「Qua tab PZ」を写真と動画で紹介【レポート】

インテリア時計にもなる防水・防塵対応タブレット「Qua tab PZ」をチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、今冬に発売するau向け「2016年冬モデル」のうちのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したタブレット「Qua tab PZ(型番:LGT32)」を発売した。夏に発売された「Qua tab PX」と同様にスマートフォン(スマホ)「Qua phone PX」との2台持ちを考慮しカラーバリエーションの統一がなされている。

主なスペックとして、約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 617(MSM8952)」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内部ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、4G LTEの受信最大150Mbpsおよび送信最大25Mbps、7000mAhバッテリー、無線LAN(Wi-Fi)規格IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth 4.2など。その他、防水(IPX5・IPX7)および防塵(IP6X)に対応し、重さ約486gと比較的軽量となっているる。

すでに紹介しているように公式Webストア「au Online Shop」での販売価格(税込)は本体一括価格が37,800円、毎月割適用で実質21,600円となる。今回はそんなQua tab PZの外観および製品の特長を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

KDDI、au向け10.1インチ防水タブレット「Qua tab PZ」を発表!ワンセグ・フルセグに対応して、お風呂やキッチンなどでテレビが見れる――12月上旬に発売予定


au向けタブレット「Qua tab PZ」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、今冬に発売するau向け「2016年冬モデル」として約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したタブレット「Qua tab PZ(型番:LGT32)」(LG Electronics製)を発表しています。

auオリジナルブランド「Qua」シリーズにおけるタブレット第4弾で、同シリーズとしてはじめてワンセグおよびフルセグに対応してテレビ視聴機能に対応しています。従来通り、防水・防塵にも対応しているため、お風呂でテレビを閲覧できるようになっています。

発売時期は2016年12月上旬を予定し、auショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などのau携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施する予定。なお、明日11月8日(火)より旗艦店「au SHINJUKU」および「auみなとみらい」、「au SAPPORO」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて順次先行展示するということです。

続きを読む

ホームユースから再びモバイルユースへ!ブルーライトカット機能も1ボタンで設定できるau向けミドルクラスタブレット「Qua tab PX LGT31」を写真と動画でチェック【レポート】

quatabpx-001
Qua phoneとの連携が楽しい!au向け8インチタブレット「Qua tab PX」を写真と動画で紹介

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約8.0インチWUXGA(1200×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用タブレット「Qua tab PX(型番:LGT31)」(LG Electronics製)を発表しました。

発売時期は2016年7月上旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されています。

メーカーブランドではなくauのキャリアブランドとして展開されている「Qua」シリーズに、今夏も新型タブレットが登場しました。これまで同シリーズは京セラが初代「Qua tab 01」、ファーウェイが2代目「Qua tab 02」の開発を担当していましたが、3代目となる本機ではLGが担当しています。

それぞれの世代ごとに各メーカーの特色が反映され特徴のある端末に仕上がっていますが、本機ではどのような特徴があるのでしょうか。発表会のタッチ&トライコーナーでQua tab PXの試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け8インチAndroidタブレット「Qua tab PX」を発表!防水・防塵対応で、Qua phone PXと一緒に使うとシェアリンクでより便利に


au向け8インチAndroidタブレット「Qua tab PX」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約8.0インチWUXGA(1200×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用タブレット「Qua tab PX(型番:LGT31」(LG Electronics製)を発表しています。

発売時期は2016年7月上旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

タブレットならではの大容量4800mAhバッテリーと省電力モードを搭載し、外出時でも電池持ちを気にせず安心して利用できるほか、防水(IPX5およびIPX7準拠)および防塵(IP6X準拠)にも対応し、場所を選ばずに利用可能で、同時に発表されたスマートフォン(スマホ)「Qua phone PX」を近づけるだけでauシェアリンクのペアリング設定が簡単にでき、写真を簡単操作で同期できるアプリ「au Gallery」を搭載するなど、より使いやすく進化しています。

続きを読む

KDDI、au向け2016年夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種、ガラホ1機種、ルーター1機種の合計10機種で、第2弾も用意ーー大きく変わる長期利用者向けプログラムも


auが2016年夏モデルを合計9機種を発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を都内で13時から開催し、すでに先行して発表されている2機種を含めてAndroidスマートフォン(スマホ)6機種、Androidタブレット1機種、Androidケータイ1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種と、既存スマホの新色1機種を加えた合計10機種が発表されました。

発表されたのはスマホがすでに発表されている「Xperia X Performance SOV33」および「Galaxy S7 edge SCV33」に加え、「Qua phone PX」、「HTC 10 HTV32」、「AQUOS SERIE SHV34」、「AQUOS U SHV35」、「TORQUE G02」の新色、タブレットが「Qua tab PX
、ケータイが「AQUOS K SHF33」、モバイルWi-Fiルーターが「Speed Wi-Fi NEXT W03」。

なお、発表会の模様は特設Webサイト( http://www.au.kddi.com/pr/presentation/ )にて各動画配信サイトにてライブ配信されており、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していき、Twitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」などにて発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。