S-MAX

RARZ

ソフトバンク、SoftBank 4G対応スマホ「RAZR M 201M」のAndroid 4.1 JellyBeanへのOSバージョンアップを再開

caeb26e4.jpg

RAZR M 201MのAndroid 4.1へのOSバージョンアップを再開!

ソフトバンクモバイルは15日、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「RARZ M 201M」(モトローラ・モビリティ製)に対して一時停止していた「Android 4.1(開発コード名:JellyBean)」へのOSバージョンアップを再開したとお知らせしています。

RARZ M 201MのAndroid 4.1へのOSバージョンアップについては、2013年3月19日(火)に開始し、その後、確認が必要な事項が発生したとして同22日(金)に一時停止していました。今回、必要となった事項が確認とれたということで、再開されています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank 4G対応スマホ「RARZ M 201M」にAndroid 4.1へのOSバージョンアップを3月19日から提供開始

caeb26e4.jpg

RARZ M 201MがAndroid 4.1に!

ソフトバンクモバイルは18日、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン「RARZ M 201M」(モトローラ・モビリティ製)に対して、より新しいプラットフォーム「Android 4.1(開発コード名:JellyBean)」へのOSバージョンアップを2013年3月19日(火)から提供開始するとお知らせしています。

RARZ M 201Mは、2012年冬春モデルとして発表され、ファーウェイ製「STREAM 201HW」に続いて、SoftBank 4G対応モデルの2機種目として2012年10月26日(金)から発売されたスマートフォンです。

発売時には、Android 4.0(開発コード名;IceCream Sandwich)を採用していましたが、今回、Android 4.1にバージョンアップするソフトウェアアップデートが提供されます。

続きを読む

Motorola、インテルAtomプロセッサ搭載スマートフォン「RAZR i」を発表!欧州や南米市場で10月発売


ゼロから始めるスマートフォン

Motorola Mobility(以下、モトローラ)は18日(現地時間)、インテルと共同でAndroidスマートフォンの新製品「Motorola RAZR i」を発表しています。

先日米国で発表した「RAZR M」と外観やスペックはほぼ同じですが、今回発表されたモデルではモトローラ初となるIntel Atomプロセッサが採用されています。CPUの最大周波数は2.0GHzとなっています。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。