S-MAX

ROG

ASUS JAPAN、最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II ZS660KL」を発表!SIMフリーで11月22日発売。価格は11万6050円からで、各種周辺機器も販売


エイスースのゲーミングスマホ「ROG Phone II ZS660KL」が登場!

ASUS JAPANは20日、都内にて『「GAME CHANGER~この世界を、支配する。」ゲーミングスマートフォン新製品発表会』を開催し、ゲーミングブランド「ROG」を冠したゲーミングスマホ「ROG Phone」シリーズの最新機種「ROG Phone II(型番:ZS660KL)」(ASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しています。

発売日は2019年11月22日(金)で、価格はオープンながら希望小売価格および公式Webストア「ASUS Shop」では内蔵ストレージ(UFS 3.0)が512GB(型番:ZS660KL-BK512R12)が税別105,500円(税込116,050円)、1TB(型番:ZS660KL-BK1TR12)が税別125,500円(税込138,050円)となっており、販路はASUS Shopや直営店「ASUS Shop AKASAKA」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などの各所となっています。

なお、合わせて専用アクセサリーも販売され、ドック「TwinView Dock II」(型番:ZS660KL_TWINVIEW)が税別26,800円(税込29,480円)、ゲームパッド「ROG Kunai Core Gamepad」(型番:ZS660KL_GAMEPAD)が税別8,980円(税込9,878円)、ケース「ROG Phone II Lighting Armor Case」(型番:ZS660KL_LIGHTARMOR)が税別4,980円(税込5,478円)、バッグ「ROG Phone Bag」(型番:ROG_PHONEBAG)が税別4,580円(税込5,038円)。

さらにこれらのアクセサリーのうちのTwinView Dock IIとROG Kunai Core GamepadをROG Phone IIの本体とセットで通常購入するより税別14,000円がお得になるセット「ROG Phone II Game Changer Set」も数量限定で販売され、512GBモデルなら税別127,280円(税込140,008円)、1TBモデルなら税別147,280円(税込162,008円)となっています。なお、ROG Phone BagはASUS Shop限定とのこと。

続きを読む

東京ゲームショウ2019:最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」の展示もあった!ASUSブースに加え、Google PlayやHuawei AppGalleryをまとめて紹介【レポート】


TGS 2019のASUS・Google・HUAWEIブースをまとめてレポート!

千葉県・幕張メッセにて2019年9月12日(木)から15日(日)の4日間に渡って国内最大を誇るゲームとその関連製品などの展示会「東京ゲームショウ2019(TGS 2019)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました(12日・13日はビジネスデイで、14日・15日が一般公開日)。

東京ゲームショウではコンシューマゲーム機やパソコン(PC)用のゲームの展示はもちろん、スマートフォン(スマホ)など向けのゲームアプリなども多く展示されているのですが、それ以外にもASUS JAPANや華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)などのメーカーやグーグル(以下、Google Japan)などのスマホなど向けサービスの展示なども行われていました。

そこで本記事ではTGS 2019にてブース展開をしていたGoogle Japanの「Google Play」関連、ASUS JAPANの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」、ファーウェイ・ジャパンの独自アプリ配信マーケット「HUAWEI AppGallery」などの展示をまとめて紹介します。

続きを読む

ASUS、最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II ZS660KL」を発表!6.6インチFHD+有機ELやS855+、6000mAhバッテリーなどのモンスター級スペックに


エイスースの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II ZS660KL」が正式発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は22日(現地時間)、同社のゲーミングブランド「ROG」を冠した超高性能なゲーミングスマートフォン(スマホ)の新製品「ROG Phone II(型番:ZS660KL)」を発表しています。

中国では通常版とテンセント版があり、通常版の8GB RAM・128GBストレージ版が3,699人民元(約58,000円)、512GBストレージ版が6,199人民元(約97,000円)、テンセント版の8GB RAM・128GBストレージ版が3,499人民元(約55,000円)、512GBストレージ版が5,999人民元(約94,000円)となっています。

なお、既報通り中国向けは7月23日に中国・北京で発表会「ROG 2019新品发布会等你来」が開催され、発売時期は今夏以降に中国などにて発売され、ASUSのお膝元である台湾では8月1日(木)に発売されるということです。またグローバル向けには9月4日に発表される予定となっているとのことで、現時点で日本への投入については明らかにされていません。

続きを読む

次期ゲーミングスマホ「ROG Phone II」の外観画像が公開!ASUS_I001DAとASUS_I001DBが中国のMIITで認証。6.59インチFHD+有機ELや5800mAhバッテリーなど


エイスースの次期ゲーミングスマホ「ROG Phone II」の外観が明らかに!

中華人民共和国(以下、中国)の国務院に属する工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology;MIIT)は15日(現地時間)、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の中国法人である华硕电脑(上海)が未発表のAndroidスマートフォン(スマホ)「ASUS_I001DA」(許可証号:02-A742-192126)および「ASUS_I001DB」(許可証号:02-A742-192123)の認証を取得したことを公開しています。

公開されている情報には外観写真も掲載されており、ゲーミングブランド「ROG」のロゴである「REPUBLIC OF GAMERS」が記載されており、次期ゲーミングスマホ「ROG Phone II」であると見られます。なお、华硕电脑では中国・北京にて7月23日(火)14:00から発表会「ROG 2019新品发布会等你来」を開催し、ROG Phone IIなどを発表する見込み。

続きを読む

ASUSの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」の発売は7月以降か?スマートキーやトリプルスロットなどを搭載。ゲーミングスマホ「ROG Phone 2」も今年後半に発売予定


エイスースがハイエンドスマホ「ZenFone 6」と「ROG Phone 2」を2019年後半に発売!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は7日(現地時間)、台湾・台北にて同社の2019年第1四半期決算説明会を開催し、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6」とゲーミングスマホ「ROG Phone 2」を2019年下期(7〜12月)に投入すると明らかにしています。

同社はすでに5月16日にスペイン・バレンシアにてZenFone 6の発表会「ZenFone 6 Grand Launch - Defy Ordinary」( https://www.asus.com/event/zenfone6/ )を開催すると案内していますが、発売は7月以降になりそうです。なお、発表会は日本時間5月17日(金)3時からライブ中継( https://youtu.be/VBk8c1oHUcA )も実施される予定です。

新たなティザーも同社の公式Instagramアカウント( @asus )にて公開されており、公式にSnapdragon 855を搭載することが示されているほか、これまではエントリーからミッドレンジクラスに採用されていたデュアルSIM+microSDカードというトリプルスロットとなり、スマートキーやイヤホン端子が搭載されていることがわかります。

なお、昨年までの「ZenFone」シリーズではフラッグシップスマホとしてスタンダードモデルに加え、上位のプレミアムモデル「ZenFone 4 Pro」や「ZenFone 5Z」をラインナップしてきましたが、決算説明会でもZenFone 6がハイエンドとなるとしており、認証情報などから「ZenFone 6 ZS630KL」となると見込まれます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。