S-MAX

RakutenUN-LIMIT

Googleの新スマホ「Pixel 5」と「Pixel 4a (5G)」で楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」を使ってみた!nanoSIM・eSIMともにOK【レポート】


グーグルのSIMフリースマホ「Pixel 5」や「Pixel 4a (5G)」で楽天モバイルのMNOが使えるかどうか試してみた!

既報通り、Googleが新たに5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「Pixel 5」および「Pixel 4a (5G)」を発表し、日本でも公式Webショップ「Google ストア」にて本日10月15日に発売されます。価格(金額はすべて税込)はPixel 5が74,800円、Pixel 4a (5G)は60,500円。

また日本ではSoftBankからPixel 5とPixel 4a (5G)auからPixel 5が同じく10月15日から販売され、価格はSoftBankのPixel 5が87,840円、Pixel 4a (5G)が65,520円、auのPixel 5が79,935円で、SoftBankではトクするサポート+、auではかえトクプログラムの対象となっています。

これにより、特典を利用した場合の実施負担額はSoftBankのPixel 5が1,830円/月×24回(総額43,920円)、Pixel 4a (5G)が1,365円/月×24回(総額32,760円)、auのPixel 5が1,905円/月×23回(総額43,815円)となっています。

日本国内の移動体通信事業者(MNO)では他のNTTドコモや楽天モバイルでは販売されませんが、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 5やPixel 4a (5G)ををこれらの回線やその仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できると思われます。

特に楽天モバイルではPixel 3シリーズやPixel 3aシリーズはきちんと使えない状態ですが、その後の「Pixel 4」や「Pixel 4 XL」、「Pixel 4a」を「楽天回線対応製品」としており、正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」(現在は5Gにも対応した「Rakuten UN-LIMIT V」)におけるnanoSIMカード(4FF)およびeSIMで各サービスが利用できるようになっています。

そこで、本記事ではPixel 5およびPixel 4a (5G)をグーグル(以下、Google Japan)にお借りしたので、実際にPixel 5およびPixel 4a (5G)でも楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vが使えるかどうか試してみましたので紹介します。結論としてはPixel 4シリーズやPixel 4aと同様にnanoSIM・eSIMともに「使えた」ため、恐らく近いうちに楽天回線対応製品に追加されるのではないかと思われます。

続きを読む

楽天モバイルがRakuten UN-LIMIT Vとセット購入でOPPO Reno3 AやGalaxy Note10+、AQUOS sense3 plus、arrows RXのポイント還元を増額


Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーンで一部スマホの還元額を増額!

楽天モバイルは13日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において実施している最大26,300円相当分をポイント還元する「Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン」を2020年10月13日(火)9:00より一部改定したとお知らせしています。

改定によって「OPPO Reno3 A」(型番:CPH2013)および「Galaxy Note10+」(型番:SM-N975C)、「AQUOS sense3 plus」(型番:SH-RM11)、「arrows RX」の4機種の還元ポイント数を増額したとのこと。期間は公式Webサイトでは2020年11月4日(水)8:59まで、店舗では2020年11月3日(火)閉店まで。

なお、従来通りにRakuten UN-LIMIT V お申し込みキャンペーンは申込キャンペーン(3,300ポイント還元)、オンライン申込キャンペーン(3,000ポイント還元)、対象製品+プランセット購入サポートキャンペーン(最大20,000ポイント還元)で構成されています。

今回、これらのうちの対象製品+プランセット購入サポートキャンペーンの還元額が4機種で増額されており、arrows RXが19,999ポイント還元、残りのOPPO Reno3 AおよびGalaxy Note10+、AQUOS sense3 plusが15,000ポイント還元となり、arrows RXは本体価格が20,000円(金額はすべて税込)なので実質0円以下となっています。

続きを読む

楽天モバイルがSIM交換手数料を10月12日から無料化!「SIMカード再発行手数料」や「eSIM再設定手数料」、「SIM交換手数料」が0円に


楽天モバイルのSIM交換手数料が0円に!

楽天モバイルは12日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において手数料を2020年10月12日(月)9時より一部改定するとお知らせしています。

改定されたのは「SIMカード再発行手数料」および「eSIM再設定手数料」、「SIM交換手数料」といったSIM交換手数料で、これまではそれぞれ税抜3,000円(税込3,300円)でしたが、10月12日より0円となっています。なお、同社では各SIM交換の無料化はのような期間限定の対応ではないとしており、各SIM交換はオンラインサポート「my 楽天モバイル」から申込手続きを行います。

続きを読む

楽天モバイルが楽天回線エリアの拡大予定をエリアマップで公開!2020年10月末および2020年12月末、2021年春以降が確認可能


楽天モバイルのサービスエリアに拡大予定が追加!地図上で確認可能に

楽天モバイルは5日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )におけるサービスエリアを更新して新たに拡大予定を追加しています。

楽天モバイルのサービスエリアは公式Webページ「通信・エリア | 楽天モバイル」にてエリアマップを公開しており、これまでは現在使えるエリアが案内されていましたが、新たに今後拡大予定として2020年10月末、2020年12月末、2021年春以降が選択できるようになっています。

続きを読む

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT VをSIMのみ申込で最大1万2300ポイントプレゼント!iPhoneやPixelなどの手持ちのスマホ利用でOK


楽天モバイルがSIMのみ申込で最大12,300ポイントプレゼントキャンペーン!

楽天モバイルは9日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」をSIMのみで申し込んだ場合に新たに6,000ポイントの楽天ポイントをプレゼントする「Rakuten UN-LIMIT Vプラン(SIM)のみお申し込みキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

期間はオンラインでは2020年10月9日(金)9:00~2020年11月4日(水)8:59まで、店頭では2020年10月9日(金)開店~2020年11月3日(火)閉店まで。これにより、別途実施している3,300ポイントプレゼントの「お申し込みキャンペーン」や3,000ポイントプレゼントの「オンラインお申し込みキャンペーン」と合わせて最大12,300ポイントがプレゼントされます。

申込対象は楽天モバイルの公式Webサイトまたは店頭にてRakuten UN-LIMIT Vを新規申込もしくは他社から乗り換え(MNP)、楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後に申し込み。条件は申込の翌月末日23:59までに開通およびRakuten UN-LIMIT Vを申し込んだ回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用すること。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。