S-MAX

Redmi

Xiaomiがソニー製1/1.7型6400万画素CMOS「IMX686」を含むクアッドリアカメラを搭載したミッドハイレンジスマホ「Redmi K30」と「Redmi K30 5G」を発表


Xiaomiがミッドハイレンジスマホ「Redmi K30」と「Redmi K30 5G」を発表!

Xiaomi Technology(小米科技)は10日(現地時間)、同社のサブブランド「Redmi」シリーズにおける新しいミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Redmi K30」および「Redmi K30 5G」(ともにXiaomi Communications製)を発表しています。まずは中国にて2020年1月より販売され、すでに予約を受け付けています。

Redmi K30シリーズは事前にQualcommの最新チップセット(SoC)「Snapdragon 765G」を搭載することが予告されていましたが、Snapdragon 765Gを搭載するのはRedmi K30 5Gのみで、Redmi K30は「Snapdragon 730G」を搭載するとのこと。またそれぞれ内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが異なる複数モデルが存在します。

中国での価格はRedmi K30の6GB RAM・64GBストレージが1599人民元(約25,000円)、8GB RAM+128GBストレージが1899人民元(約29,000円)、8GB RAM+256GBストレージが2199人民元(約34,000円)、Redmi K30 5Gの6G RAM・64GBストレージが1999人民元(約31,000円)、8GB RAM+128GBストレージが2299人民元(約35,000円)、8GB RAM+256GBストレージが2599人民元(約40,000円)。

続きを読む

価格破壊を引き起こしたシャオミの真骨頂!日本未発売でコスパ抜群なスマホ「Xiaomi Redmi Note 4」を写真で紹介【レビュー】


シャオミのコスパ抜群なスマホ「Xiaomi Redmi Note 4」をレビュー!

中国・北京で2010年に設立され、それまでの常識を覆す破格な価格設定で世界を圧巻した「シャオミ(中国語名:小米科技、英語名:Xiaomi Technology)」。シャオミは本体価格を下げた分、クラウドサービスへの収益へ視線を変えたことによって常識はずれな低価格・高品質を実現しました。

このシャオミの成功を受けて、映像配信サービスを展開する「LeTV」を始めとした企業が相次いでスマートフォン(スマホ)市場に参入して市場競争を激化させています。

そんな中でシャオミは「格安ハイエンド端末」とも言える「Mi(小米)」シリーズから、価格面を重視した「Redmi(紅米)」シリーズに販売の主軸を動かし始めています。

今回は、スマホなどのWeb通販を手がける「Gear Best」より、Redmiシリーズの中でも大型の部類に当たる新製品「Redmi Note 4」をお借りしたので写真付きでレビューします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。