0d8df215.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

Kyoceraは8日(現地時間)、ニューオリンズ(アメリカ)にて8日から10日まで行われている無線技術関連イベント「CTIA Wireless 2012」において2つの新しいAndroidスマートフォン「Hydro」と「Rise」を発表しています。

基本仕様はほぼ共通で、Android4.0、3.5インチHVGA(480×320)IPS液晶、1GHzシングルコアCPU(MSM8655)、512MB RAM、2GBストレージ、320万画素カメラ、1,500mAhバッテリーなどを搭載します。

2機種の違いは防水機能と物理キーボードの有無で、「Hydro」は防水対応のフルタッチ式のモデル、「Rize」は横スライド式キーボードを搭載したモデルとなっています。

続きを読む