S-MAX

SC-02K

NTTドコモが国内最速の下り最大988Mbpsや5波CA、上り最大75Mbpsを5月18日より提供!Xperia XZ2 Premium・XZ2やGalaxy S9・S9+、AQUOS R2、HUAWEI P20 Proなどが対応


docomoが国内最速の下り最大988Mbpsをスタート!CA組み合わせも紹介

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新たに「2018年夏モデル」として10機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のAndroidタブレットなどを発表しました。

またこれらの2018年夏モデルのうちの最も早く投入される「Galaxy S9 SC-02K」および「Galaxy S9+ SC-03K」の発売に合わせて2018年5月18日(金)より高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において国内最速となる下り最大988Mbpsを提供します。

対応機種はGalaxy S9 SC-02KおよびGalaxy S9+ SC-03Kのほか、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」および「Xperia XZ2 SO-03K」、「AQUOS R2 SH-03K」、「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の6機種で、256QAMと4x4 MIMO、3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション(3CA)によって実現します。

サービス開始当初の提供エリアは東名阪の主要駅や東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオなど。また同社では初の5波のCA(5CA)も対応し、東名阪では下り最大794Mbps、全国では下り最大744Mbpsに対応。対応機種は同じ6機種。また64QAMを導入して高速化する上り最大75Mbpsについても上記6機種に「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を加えた7機種が対応。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9 SC-02K」と「Galaxy S9+ SC-03K」を発表!5月18日発売。公式オンラインショップではすでに購入手続きが開始


docomo向けに最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9・S9+」が登場!

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、アスペクト比9:18.5の縦長QHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」の約5.8インチ「Galaxy S9 SC-02K」および約6.2インチ「Galaxy S9+ SC-03K」(ともにサムスン電子製)のOSはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)を発表しています。

発売日はともに2018年5月18日(金)となり、本日5月16日12時00分からドコモショップ店頭や量販店などのNTTドコモ携帯電話取扱店では予約受付が開始されており、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ではすでに購入手続きが開始されています。

価格(税込)はGalaxy S9 SC-02Kが99,792円(分割4,158円/月×24回)で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更(契約変更含む)なら53,136円(分割2,214円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら36,288円(分割1,512円/月×24回)。

Galaxy S9+ SC-03Kが本体代金111,456円(分割4,644円/月×24回)で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更(契約変更含む)なら64,800円(分割2,700円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら47,952円(分割1,998円/月×24回)。

さらにGalaxy S9 SC-02KもしくはGalaxy S9+ SC-03Kを対象期間に購入して専用Webページ( http://www.galaxymobile.jp/discover/event/docomo2018s9 )から応募するともれなく全員にdポイント5,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施します。期間は購入が6月30日(土)まで、応募が7月8日(日)まで。

続きを読む

サムスン電子ジャパンが最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を日本先行展示!東京・原宿の「Galaxy Showcase」にて期間限定で4月30日から


日本で最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9・S9+」の先行展示!

サムスン電子ジャパンは27日、海外では今年3月16日より約70カ国・地域で販売している最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」を2018年4月30日(月・祝)より期間限定で東京・原宿で実施している「Galaxy Showcase」にて参考展示するとお知らせしています。

現時点では日本での販売については詳細が明らかにされていませんが、各種認証から昨年の「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」と同様にNTTドコモ向け「Galaxy S9 SC-02K」および「Galaxy S9+ SC-03K」、au向け「Galaxy S9 SCV38」および「Galaxy S9+ SCV39」として発売されると見られています。

なお、同社ではあくまで「国内発売については未定」とのこと。NTTドコモおよびauではゴールデンウィーク明けの5月中旬にそれぞれ「2018年夏モデル」を発表すると予想され、そこで正式に日本市場向けのGalaxy S9・S9+の発売が発表されることになります。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」がNTTドコモおよびauから発売へ!FCCにて「SC-02K」や「SC-03K」、「SCV38」、「SCV39」が認証


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のNTTドコモ&au版がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は27日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(FCC ID:A3LSC02K)および「Galaxy S9+ SC-03K」(FCC ID:A3LSC03K)、「Galaxy S9 SCV38」(FCC ID:A3LSCV38)、「Galaxy S9+ SCV39」(FCC ID:A3LSCV39)が認証を取得しています。

公開された資料ではそれぞれSC-02KおよびSC-03K、SCV38、SCV39という型番しか記載されていませんが、電池パックがSC-02KとSCV38は「EB-BG960ABA」と「Galaxy S9」、SC-03KとSCV39は「EB-BG965ABA」と「Galaxy S9+」と同じであるため、それぞれGalaxy S9およびGalaxy S9+であると予想されます。

また型番的にSC-02KおよびSC-03KがNTTドコモ向け、SCV38およびSCV39がau by KDDI向けであると予想されます。すでにサムスン電子の公式WebサイトにGalaxy S9およびGalaxy S9+の日本語ページが存在するため日本での発売も可能性が高いと見られていましたが、昨年の「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」と同様にNTTドコモとauから発売されそうです。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の日本語ページを公式Webサイトにて公開!日本でも発売の可能性高そう


Galaxy S9とGalaxy S9+は日本投入あるか!?日本語ページはすでに掲載中

サムスン電子ジャパンは26日、Samsung Electronicsから発表されたばかりの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9(メーカー型番:SM-G960**)」および「Galaxy S9+(メーカー型番:SM-G965**)」において日本語ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/ )を公式Webサイトにて公開しています。

過去の製品では日本語ページが掲載された場合は日本で発売されていることが多く、Galaxy S9およびGalaxy S9+についても投入される可能性は高そうで、日本語ページにはGalaxy S9とGalaxy S9+ともに海外で発表された4色のうちのMidnight BlackおよびTitanium Gray、Lilac Purpleの3色が掲載されているため、どちらの機種もCoral Blueは出ないのではないかと予想されます。

また最近の流れからすると、NTTドコモやauからとなりそうで、NTTドコモやau向けと見られる製品が各種認証を通過しており、順当に行けばNTTドコモ向けが「Galaxy S9 SC-02K」と「Galaxy S9+ SC-03K」、au向けが「Galaxy S9 SCV39」と「Galaxy S9+ SCV38」といったものになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。