S-MAX

SHV34

KDDI、au向け最新ハイスペックスマホ「AQUOS SERIE SHV34」の価格を案内!本体価格8万円半ば、実質価格4〜5万円前後に――指紋認証を省き、眼認証に対応


au向け最新ハイエンドスマホ「AQUOS SERIE SHV34」の価格を紹介!

auから6月中旬以降に「2016年夏モデル」として発売予定のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載の最新スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE SHV34」(シャープ製)。

約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)ハイスピードIGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルで、新たにディスプレイの上と左右の縁(ベゼル)が狭い「EDGEST」をやめて外観がリニューアルされているほか、NTTドコモなどの他社向けでは搭載されている指紋センサーが省かれ、眼認証に対応しています。

そんなAQUOS SERIE SHV34ですが、すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて6月1日より事前予約受付が実施されていますが、今回、新たにau Online Shopにて価格が案内されていたので紹介します。

なお、旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて先行展示が実施されているのでEDGESTからデザインを一新したメタルフレームボディーなどを事前にチェックしに行ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

EDGESTをやめてデザインを一新!ハイスペックと使いやすさを両立させたau向けフラグシップスマホ「AQUOS SERIE SHV34」を写真と動画で紹介【レポート】

au向けハイエンドアクオススマホはどこが変わった?!AQUOS SERIE SHV32を紹介

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは5月31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE SHV34」(シャープ製)を発表した。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、すでにauショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約を受付しているほか、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて先行展示中だ。

今回は、タッチ&トライ会場でAQUOS SERIE SHV34の試作機に触れることができたので、外観などを写真と動画で紹介していく。


続きを読む

KDDI、au向けスマホ「AQUOS SERIE SHV34」を発表!EDGESTデザインをやめ、メタルボディーでイメチェン――Snapdragon 820や3GB RAMなど


au向けAndroidスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE SHV34」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

シャープのau向けハイエンドモデル「AQUOS SERIE」シリーズの最新機種で、昨夏モデルで前機種「AQUOS SERIE SHV32」では約5.0インチサイズでしたが、新たに約5.3インチサイズになり、他社向けと同お湯に近接センサーになった「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)などによってより使いやすくなっているほか、新たに最近のAQUOSシリーズで定番となっていた上と左右のベゼルが狭い「EDGEST」デザインをやめ、メタルボディーになってリニューアルしています。

また今夏は他の「Xperia X Performance SOV33」や「Galaxy S7 edge SCV33」と同様に下り最大370Mbpsとなっており、NTTドコモ向けの今夏モデル「AQUOS ZETA SH-04H」の下り最大337.5Mbpsより高速になっています。

続きを読む

KDDI、au向け2016年夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種、ガラホ1機種、ルーター1機種の合計10機種で、第2弾も用意ーー大きく変わる長期利用者向けプログラムも


auが2016年夏モデルを合計9機種を発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を都内で13時から開催し、すでに先行して発表されている2機種を含めてAndroidスマートフォン(スマホ)6機種、Androidタブレット1機種、Androidケータイ1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種と、既存スマホの新色1機種を加えた合計10機種が発表されました。

発表されたのはスマホがすでに発表されている「Xperia X Performance SOV33」および「Galaxy S7 edge SCV33」に加え、「Qua phone PX」、「HTC 10 HTV32」、「AQUOS SERIE SHV34」、「AQUOS U SHV35」、「TORQUE G02」の新色、タブレットが「Qua tab PX
、ケータイが「AQUOS K SHF33」、モバイルWi-Fiルーターが「Speed Wi-Fi NEXT W03」。

なお、発表会の模様は特設Webサイト( http://www.au.kddi.com/pr/presentation/ )にて各動画配信サイトにてライブ配信されており、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していき、Twitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」などにて発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

au向けシャープ製スマホがFCC通過!2016年夏モデルのフラッグシップスマホ「AQUOS SERIE SHV34」として5月31日に発表か


au向けシャープ製スマホがFCC通過!写真は「AQUOS SERIE SHV32」

米連邦通信委員会(FCC)は26日(現地時間)、au向けシャープ製スマートフォン(スマホ)と見られる機種(FCC ID「APYHRO00234」)が通過したことを公開しています。

資料にはホーム画面などが示されており、その中に「au」ロゴやau向けのEメールアプリのアイコンなどが見られるほか、UQコミュニケーションズが展開する高速通信サービス「WiMAX 2+」に対応することが示されています。

恐らく5月30日12時より開催される「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」にて正式発表されると見られ、これまでのau向けのシャープ製や他社の状況から考えると「AQUOS SERIE SHV34」となると予想されます。

なお、シャープではすでにNTTドコモ向け「AQUOS ZETA SH-04H」やSoftBank向け「AQUOS Xx3 506SH」を2016年夏モデルとして発売することを発表しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。