S-MAX

SHV40

KDDI、シャープのau向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月12日から提供開始


auスマホ「AQUOS sense SHV40」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2017年秋モデル」として販売されているシャープの新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年3月12日(月)より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS sense SHV40本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約40分、アップデートファイルサイズは約1.07GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.02」で、主な変更点は以下の通り。

主な変更点はシャープの公式Webサイト「OSアップデート|AQUOS sense SHV40サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

◯主な改善内容
1)AQUOS HOMEの機能改善
 ・スライドして一覧表示
 ・アイコンバッジ表示
2)ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)の対応
3)電話帳アプリの機能改善
 ・電話帳一覧画面の改善
 ・グループ機能の表示方法を変更
 ・「PHONE」アカウントの廃止
 ・ダイヤル画⾯の構成変更
 ・通話履歴画⾯(⼀覧/詳細)の変更
4)電話アプリの機能改善
 ・クイック返信の履歴表⽰
 ・連絡先をタブ内に表⽰
 ・着信中画⾯に戻るボタンを追加
5)通知機能の改善
 ・バックグラウンドでアプリが実行中の通知の表示
 ・アプリアイコンバッジが通知と連動
6)auベーシックホーム初回利用時のバッチの表示設定の追加

◯主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
7)電話アプリの発信中画面
8)音声検索アプリのアイコン削除

◯その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(6.4MB)


続きを読む

大人気のシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」の性能をベンチマークでチェック!数値に表れない快適さもあり、高コスパは間違いなし【レビュー】


この冬注目のスタンダードスマホ「AQUOS sense」でベンチマークテストを実施!

今冬にシャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として好評を博しています。

また販路も多く、auから11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月1日に発売されました。

そんなAQUOS senseですが、心臓部でもあるチップセット(SoC)としてQualcomm製の「Snapdragon 430(MSM8937)」を採用しています。同じシャープでも「AQUOS R」などの高性能スマホに搭載される800番台や、「AQUOS R compact」などに搭載される600番台よりも処理能力が落ちるものとなりますので、不安に感じるかもしれません。

そこで今回はau版のAQUOS sense SHV40を用いてベンチマークテストを実施しました。なお、ベンチマークの数値だけでは見えない使い心地についても紹介し、これまでレビューしてきたAQUOS senseの魅力を総括したいと思います。

続きを読む

撮りたい時にパシャパシャ撮れる手軽さがウリ!大人気のシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」で写真や動画を撮ってみた【レビュー】


この冬注目のスタンダードスマホ「AQUOS sense」のカメラ機能はいかに!?

今冬にシャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として注目を浴び、売れ行きも好調だとのこと。

auから11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月1日に発売されました。

そんなAQUOS senseですが、スマホで気になるのはやはりカメラ機能。この安さで本当にきちんと撮れるのか?と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。背面カメラは約1310万画素CMOS、前面カメラは約500万画素となっていますが、果たしてどんな写真が撮れるのでしょうか?

今回はau版のAQUOS sense SHV40のレビューの続きとして、カメラ機能を特に設定などをいじらず、さまざまなシチュエーションで写真や動画を撮ってみましたので作例などを紹介したいと思います。

続きを読む

UQ mobile向け5インチフルHD IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB RAM、FeliCaなどを搭載した新スタンダードスマホ「AQUOS sense」を11月22日に発売!価格は本体代約3万円の実質108円から


UQ mobileがた新スタンダードスマホ「AQUOS sense」を11月22日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は20日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」における「2017年冬モデル」のうちの約5.0インチフルHD(1920×1080ドット)IGZO液晶などを搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)を2017年11月22日(水)に発売すると発表しています。

UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭では11月22日より順次、公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」では11月22日9時より販売され、価格は31,212円(分割初回1,404円+1,296円/月×23回)の実質負担額108円から(すべて税込)。

続きを読む

キャリアアグリゲーションのあるなしで通信速度はどれだけ変わる?au向け新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」でスピードテストをやってみた【レビュー】


高コスパスマホ「AQUOS sense SHV40」はCA非対応ですが……その影響やいかに!?

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SHV40」(シャープ製)を11月2日に発売しました。

AQUOS sense SHV40はシャープが新スタンダードとして今冬に投入する新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾のau版で、すでにauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売中で、本体価格は32,400円(税込)となっています。

またAQUOS senseはNTTドコモ向けが11月10日に発売され、UQ mobile向けが11月下旬に発売予定となっており、スペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月上旬発売予定です。

そんなコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として注目を浴びているAQUOS senseですが、買い替えをお考えの方の中には、通信速度を速める「キャリアアグリゲーション(CA)」に非対応であることが気になるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

AQUOS sense SHV40はCA非対応機種で、通信速度は受信最大150Mbpsおよび送信最大25Mbpsとなっています。ハイスペックでCA対応している機種では例えばauなら「Galaxy Note8 SCV37」が受信最大708Mbps(東名阪のみ)および送信最大50Mbps(千葉県の一部)ということでやや差があるように感じます。

今回は筆者手持ちのCA対応機種(受信最大225Mbpsおよび送信最大25Mbps)である「Xperia Z5 SOV32」とAQUOS sense SHV40でスピードテストアプリで通信速度を比較し、どのくらいの違いがあるのかを調べてみました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。