S-MAX

SIMフリー

ファーウェイ、ダブルレンズカメラや4GB RAMなどの高性能でガラスボディーが美しいSIMフリースマホ「honor 9」を日本で10月12日に発売!公式Webストアや楽天以外でも販売


ファーウェイのSIMフリースマホ「honor 9」が発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「honor 9」(Huawei Technologies製)を日本で2017年10月12日(木)に発売すると発表しています。

価格(税別)はオープンながら希望小売価格はが53,800円で、これまで日本では公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」や楽天モバイルのみで販売されてきた「honor」シリーズですが、他のIIJmioやイオンモバイル、gooSimsellerなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)でも取り扱われる予定。

続きを読む

携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」にてau回線の「タイプA」が提供開始!KDDI傘下でついにマルチキャリア化、SIMフリースマホ「Moto G5S Plus」や「ZenFone 4」なども販売


ビッグローブがマルチキャリアMVNOに!au回線の携帯電話サービスをスタート

ビッグローブは10日、大手携帯電話会社(以下、MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」( http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/ )において新たにau回線を用いたサービスを2017年10月10日(火)より提供開始すると発表しています。

これまで同社ではNTTドコモ回線を用いたサービスを提供してきましたが、KDDIに買収されたことから新たにau回線によるサービスも提供し、ケイ・オプティコム「mineo」やインターネットイニシアティブ「IIJmio」などと同様にマルチキャリアとなります。

BIGLOBEモバイルではこれまでのNTTドコモ回線のサービスを「タイプD」、新しく開始したau回線のサービスを「タイプA」とし、タイプAでも好評なエンタメSIMやシェアSIMのほか、各種オプションサービスは利用可能とします。

また新しくSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5s Plus」や「ZenFone 4」、「ZenFone 4 Selfie Pro」も販売開始すると発表しています。

続きを読む

携帯電話サービス「ワイモバイル」にてSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite for Y!mobile 608HW」が10月12日に発売!事前予約受付中で、価格は本体代2万6460円の実質540円から


Y!mobileからSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite for Y!mobile 608HW」が発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite for Y!mobile(型番:608HW)」(Huawei Technologies製)を2017年10月12日(木)に発売すると発表しています。

発売に先立ってワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて10月6日(金)より事前予約受付を実施しており、価格(税込)はワイモバイルオンラインショップでは本体代金が26,460円で、月額割引を引いた実質負担額が540円からとなっています。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが10月10日14時から「新製品発表会」を開催!ティザー画像からデュアルカメラ搭載スマホ「honor 9」を投入か――ターゲットは“若者”に


ファーウェイが10月10日に新製品発表会を実施!honor 9を発表へ

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は5日、同社の公式Twitterアカウント( @huawei_japan_pr )にてティザー画像を投稿し、新製品発表会を2017年10月10日(火)14時より開催するとお知らせしています。

投稿ではハッシュタグ「 #若者達よ次はHUAWEIだ 」が付けれており、ティザー画像には「デザインと機能の融合」や「2000万画素+1200万画素」とあり、海外で発表されている「honor 9」ではないかと思われます。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーでデュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」を10月6日より順次発売!価格は4万1904円で、事前予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」が10月6日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは2日、海外では今年8月1日に発表したデュアルカメラ搭載のAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載スマートフォン(スマホ)「Moto G5S Plus」(Motorola Mobility製)を2017年10月6日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜38,800円(税込41,904円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月6日より事前予約受付を開始しています。

販売される本体色はルナグレー(型番:PA6V0074JP)が10月6日発売で、ブラッシュゴールド(型番:PA6V0087JP)およびニンバスブルー(型番:PA6V0111JP)は順次発売となり、発売日は後日案内される予定。なお、同社では携帯電話ネットワークにおける多数の周波数帯に対応したことで現時点で日本国内すべてのキャリアで使えるSIMフリーモデルだとしています。

続きを読む

デュアルフロントカメラ搭載のSIMフリーススマホ「ASUS ZenFone 4 Selfie Pro ZD552KL」のプリインアプリを紹介!2のつのカメラアプリで撮影がもっと楽しくなる【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」のプリインアプリをチェック!カメラアプリは2つに

ASUS JAPANから9月23日(土)に発売された「ZenFone」シリーズのうちの自撮り(セルフィー)機能に注力したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」(ASUSTeK Computer製)。

最大の特長であるデュアル仕様のフロントカメラに注目が集まりがちですが、ミッドレンジクラスながら4GBという余裕のある内蔵メモリー(RAM)や発色鮮やかなAMOLED(有機EL)ディスプレイなどといったカメラ機能以外の面でも不足なく使っていける性能の高さも魅力となっています。

筆者も購入してこれまでに同梱品などを開封して紹介したり、外観や基本機能を紹介する記事をお送りしてきましたが、今回は製品版購入時にプリインストールされているアプリやカメラ機能をまとめてみたいと思います。

続きを読む

ASUSの新SIMフリースマホ「ZenFone 4」と「ZenFone 4 Pro」、「ZenFone 4 Selfie Pro」のデュアルレンズカメラの違いを解説!2つのカメラで新たな撮影領域へ【レポート】


日本で発売されるZenFone 4シリーズはそれぞれ3種類のデュアルカメラでスマホの写真撮影をサポート!

ASUS JAPANは20日、都内にて「次世代ZenFoneテクニカルセミナー」を開催し、デュアルレンズカメラを搭載するAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」、「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」、「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」のカメラ機能を中心に説明を行った。

既報通り、同社ではこれらの3機種を日本で発売することを発表しており、ZenFone 4 ZE554KLとZenFone 4 Selfie Pro ZD552KLはすでに9月23日より販売開始され、ZenFone 4 Pro ZS551KLについては10月下旬以降に発売予定となっている。価格は公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」でではZenFone 4 ZE554KLが61,344円、ZenFone 4 Selfie Pro ZD552KLが46,224円、ZenFone 4 Pro ZS551KLが96,984円だ(すべて税込)。

そんな新製品となるこの3モデルは製品スローガン「WE LOVE PHOTO」の元ですべて異なる“デュアルレンズカメラ”を搭載する。その違いはZenFone 4が背面に広角レンズと120°の広い画角をもつ超広角レンズを、ZenFone 4 Proが背面に35mm判換算25mmの広角レンズと59mmのレンズを搭載する。

またユニークなのが自撮りに特化した「Selfie」シリーズとなるZenFone 4 Selfie Proで、こちらは前面にデュアルレンズカメラを搭載し、ZenFone 4と同様に広角レンズと120°の超広角レンズを採用して多人数での撮影や背景をぼかしたポートレートモードや自撮りの4K動画撮影に対応するなど、新しい用途を開拓するモデルだ。

今回はセミナーイベントで紹介されたこれら3機種のZenFone 4シリーズのカメラ機能について紹介していく。

続きを読む

自撮り機能に大きくフォーカスしたエイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」の外観を写真で紹介!久しぶりの“赤いゼンフォン”はいかに!?【レビュー】


デュアルフロントカメラが目印なSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」の外観などを写真でチェック!

既報通り、ASUS JAPANから9月23日に発売された「ZenFone」シリーズの自撮り(セルフィー)機能に注力した新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」(ASUSTeK Computer製)。

すでに紹介したように筆者もZenFone 2以来の“赤”があるということで、ZenFone 4 Selfie Proのクラシックレッドを購入し、開封レポートをお届けしました。価格はオープンながら希望小売価格が46,224円(税込)で、公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」のほか、各ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売されています。

同社の最新スマホ「ZenFone 4」シリーズは日本国内において現時点では3機種が投入される予定で、そのラインアップの中で本機は自撮り(セルリー)機能へ大きく注力し、背面のリアカメラは一般的なシングルカメラですが、ディスプレイ側の前面に通常レンズと広角レンズの2基のカメラを搭載し、背面側とは別に前面にも自撮り撮影用のフラッシュライトまで完備し、まさに“自撮りのためのスマホ”となっています。

今回は開封レポートに続いて、そんなZenFone 4 Selfie Proの基本仕様をおさらいしつつ、外観や基本情報を写真や画像で紹介していきたいと思います。

続きを読む

ZTEジャパン、1万円台で買える低価格なSIMフリースマホ「BLADE E02」を発表!9月下旬より順次発売され、楽天モバイルなどが取り扱い――au VoLTEにも対応


エントリークラスのSIMフリースマホ「ZTE BLADE E02」が発売!

ZTEジャパンは25日、昨年に高いコストパフォーマンスが評価されて販売台数を伸ばしたエントリーモデル「BLADE E01」の後継モデルで低価格なSIMフリースマートフォン(スマホ)「BLADE E02」(ZTE製)を日本市場で2017年9月下旬より順次発売すると発表します。価格はオープンながら希望小売価格が17,800円(税別)。

また楽天は同日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」にてBLADE E02をオンラインでは2017年9月25日(月)より販売開始し、店頭では9月29日(金)より取り扱うと発表しています。

楽天モバイルでの価格は一括払いで16,800円(税別)、分割払い756円/月×24回(税込)で、長期優待ボーナス適用時の端末販売価格は3年契約の場合は20,000円割引、2年契約の場合は10,000円割引で、例えば3年契約なら0円+3,200円相当の楽天スーパーポイントプレゼントとなります。

続きを読む

自撮り機能が強化されたデュアルフロントカメラ搭載の最新SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 4 Selfie Pro」を購入!開封してパッケージや同梱物などを写真で紹介【レビュー】


エイスースの自撮り特化なZenFoneシリーズ新モデルを購入!同梱品をさっそくチェック

PC関連製品やスマートフォン(スマホ)、タブレットなどを発売しているASUS JAPANから2017年9月23日(土)に新しく「ZenFone」シリーズの自撮り(セルフィー)に注力したスマホ「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」発売されました。

ZenFone 4 Selfie Proは現時点で日本で販売される予定の最新「ZenFone 4」シリーズ3種のラインアップのうちの自撮り注力したミッドレンジクラスのSIMフリースマホで、前面にあるフロントカメラが2つあるデュアルレンズカメラとなり、自撮り撮影用のフラッシュも搭載しているのが大きな特長となっています。

またミッドレンジクラスながら4GBもの内蔵メモリー(RAM)を搭載するほか、内蔵ストレージも64GBと大容量なものになっており、外部メモリカードを利用しない「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」運用でもストレージ容量を気にせずバリバリ写真を撮れるのもポイントです。

今回はZenFone 2以来のカラバリが赤のモデルということで、ヨダレを垂らしながらフロントカメラ2基搭載というSIMフリースマホとしても自撮りを売りにした珍しい製品ということで、本体カラーの“クラシックレッド”を喜び勇んで購入しました。

そこでさっそく、開封の儀を執り行いましたので、ZenFone 4 Selfie ZD552KLのパッケージや同梱品などを写真でじっくりと紹介したいと思います。なお、ZenFone 4 Selfie ZD552KLの価格はオープンながら希望小売価格が46,224円(税込)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」のほか、各ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。