S-MAX

SIMフリー

格安スマホ「もしもシークス」が浅草ROX 3Gに新店舗をオープン!月25GBまでの「ギガ放題」や新製品も追加され、東海地方ではTVCMも放映開始【レポート】


もしもシークスがかけ放題のガラホをついに取扱い開始!写真は木野社長

仮想移動体通信事業者(MVNO)として実店舗でのサービスに強みを持つ携帯電話サービス「もしもシークス」を展開しているエックスモバイル。同社は3月31日に東京・浅草の商業施設「浅草ROX 3G」の1階に都内初出展となる「もしもシークス浅草店」をオープンしました。

また同日に取り扱うSIMフリーの新製品「AQUOS ケータイ SH-N01」や「Hello Kitty FIGURINE KT-01(以下、ハローキティーフォン)」など、そしてサービス「ギガ放題」の発表やテレビCMの告知などを目的とした内覧会を開催しました。今回は筆者も参加してきたのでさっそくその様子をレポートしていきます。

続きを読む

Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭り」でSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、「BlackBerry PRIV」などが割引!明日4月2日までの対象商品をまとめて紹介


アマゾン春のタイムセール祭りの4月1〜2日分のセール対象をチェック!

既報通り、アマゾン ジャパンは2017年3月31日(金)0:00から4月2日(日)23:59まで総合Webストア「Amazon.co.jp」にてプライム会員限定で「春のタイムセール祭り」を実施しています。

初日となった昨日3月31日は数量限定タイムセールにSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P9」、2in1 Windowsタブレット「HUAWEI Matebook」などが対象となり、例えば、HUAWEI Mate 9ではゴールドが100台限定ながら通常58,476円のところ48,672円とかなり割り引きされて販売されていました。

セールは特選タイムセールと数量限定タイムセールがあり、特選タイムセールでは本日4月1日限定でSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T1 7.0」が43%OFFの9,980円などとなっています。

その他、数量限定タイムセールは現時点でセール時の価格や数量などの詳細は明らかにされていませんが、一部のスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連商品もセール対象となっているのでプライム会員の人は是非チェックしてみてください。なお、金額はすべて税込表記。

続きを読む

DSDSブームはgooスマホが牽引する!IGZO液晶を採用した「g07+」やAIによる行動支援サービスなどが発表された「NTTレゾナント・メディアカンファレンス」を写真とともに解説【レポート】


「goo」20周年を記念したスマホ「g07+」も発表されたNTTレゾナントのメディアカンファレンスを紹介!

NTTレゾナントは27日、インターネット検索サービス「goo」の20周年を記念した報道向け説明会『NTTレゾナント「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催しました。

カンファレンスではgooが取り組んできた検索サービスの振り返りや現在研究と検証試験を行っている「AIによる行動支援サービス」の概要などが発表されたほか、gooのスマホブランドのDSDS対応SIMフリースマートフォン(スマホ)「g07+」などが発表されました。

g07+は2016年12月より発売が開始されているSIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版という位置付けで、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とセットで3月27日より予約が開始されています。

セット販売時の価格は19,800円。カラーはホワイトパネルとブラックパネルの2種類でホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定となっています。今回はこのメディアカンファレンスの模様を写真を交えて解説していきます。

続きを読む

ワイモバイル、SIMカード単体契約でもSIMフリースマホなどの端末保障が受けられるオプションサービス「故障安心パックライト」を4月11日より提供開始!月額540円で取替費用は8100円から


Y!mobileでSIMフリースマホなど向け「故障安心パックライト」を提供!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてSIMカード単体で契約した場合を対象にオプションサービス「故障安心パックライト」を2017年4月11日(火)より提供すると発表しています。

利用料は月額税別500円(税込540円)で、別途破損・故障時に取り替え費用として税別7,500円(税込8,100円)からがかかります。なお、加入翌月から6カ月目までの場合の取り替え費用は税別12,500円(税込13,500円)からで、取り替え費用は機種によって異なるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を4月13日に開催!ZenFone 3 ZoomやZenFone ARなどを発表か?


ASUS JAPANが4月13日に発表会「Zennovation」を開催!

ASUS JAPANは28日、新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を2017年4月13日(木)11時20分より開催すると報道関係者向けに案内を送っています。

案内ではASUSTeK Computer(以下、ASUS)が展開するスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズの新製品発表会であるとし、世界最先端テクノロジーを搭載する次世代ZenFoneの新製品を体験しつつ取材できるとしています。

ASUSでは今年1月にアメリカ・ラスベガスにて開催した「CES 2017」にてプレスカンファレンス「Zennovation」を実施しており、このときに「ZenFone 3 Zoom」や「ZenFone AR」を発表しているため、これらの機種の日本投入が発表されるのではないかと見られます。

続きを読む

バイオ、OSがAndroidになったSIMフリースマホ「VAIO Phone A」の予約を前倒しで開始!ソニーストアなどで、安曇野FINISHのアルミボディーが2万6784円


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」が予約開始!

バイオは27日、今月22日に発表したSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」の事前予約受付を2017年3月27日(月)13時に開始したとお知らせしています。当初は3月30日(木)を予定していたものの、好評だったため前倒ししたという。

なお、発売日は4月7日を予定し、価格は市場想定価格が税別24,800円(税込26,784円)、販売拠点は公式Webショップ「VAIOストア」や「ソニーストア」のほか、各量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)など。

予約受付はVAIOストアやソニーストア以外にも「ヨドバシ.com」などでも開始されており、ヨドバシ.comでは税込26,780円の1%ポイント還元(268ポイント)となっています。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07+」を発表!au回線(CDMA2000)対応で3キャリアで使え、IGZO液晶パネルでタッチ精度も向上――キャンペーンで2千円引きの約2万円


gooのスマホ第7弾のマイナーチェンジモデル「g07+」が発売!

NTTレゾナントは27日、都内にて発表会『「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07+(グーマルナナプラス)」を発表しています。

g07+は昨年12月に発表・発売した3Gと4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応した「g07(グーマルナナ)」を改良したマイナーチェンジモデルです。

新たにau回線(CDMA2000)に対応したほか、より省電力かつ高精細なIGZO液晶パネル採用やカメラにIRカットフィルター追加、精度の高い電子コンパス、より高品質なアルミ加工を施すなどの改良が行われています。g07と同じCovia製で型番は「CP-J55aW」。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のエントリーパッケージとセットで19,800円(すべて税別)。発売はホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定。なお、発売に先立って本日3月27日11時より予約販売を開始しています。

また発売を記念してg07+を先着907人に2,000円分のgooポイント割引クーポン利用で購入できる「g07+新発売キャンペーン」を2017年4月20日(木)9時59分までの期間限定で実施し、17,800円で販売しています。

さらに既存機種のg07を公式Webストア「goo SimSeller」ではOCN モバイル ONEとのセットで従来から2,000円値下げした17,800円を通常販売価格として提供するということです。

続きを読む

ハイエンドクラスのカメラ機能を搭載するSIMフリースマホ!モトローラ「Moto G5 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


低価格ながらGalaxy S7 edgeにも採用されているデュアルピクセルオートフォーカスを搭載!

既報通り、モトローラ・モビリティは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、メタルボディーでAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus」および「Moto G5」、さらに「Moto Z」シリーズ用機能モジュール「Moto Mods」として「ビークル・ドック」など4種類の発売を発表した。

Moto G5 Plusは3月31日発売を予定しており販売価格は35,800円、Moto G5も3月31日発売予定で販売価格は22,800円、ビークル・ドックは2017年春以降の発売予定で販売価格は9,800円だ(価格はすべて税抜)。

今回は発表会のタッチ&トライコーナーでMoto G5 Plusの試作機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

LINEモバイルはTVCMと実店舗でタッチポイントを増やす次のステップへ!ビックカメラに女優のんさんが登場した「即日受渡しカウンターイベント」を写真と動画で紹介【レポート】


LINEモバイル即日受渡しカウンターを家電量販店に開設!

LINEモバイルは15日、同社が運営する仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )の即日受渡しカウンターをビックカメラ、ヨドバシカメラ全10店舗に開設した。

ビックカメラ 有楽町店では、LINEモバイルの親会社であるLINE Corp. 取締役CSMOの舛田淳氏、ビックカメラ 執行役員 有楽町店 店長の佐藤壮史氏、そしてテレビCMに出演する女優の「のん」さん(以前は「能年玲奈」として活動)が登壇し、店頭イベントが行われた。

イベントには報道陣のほか、早朝にもかかわらず一般の観覧者も多いものとなっていた。同日に即日受渡しカウンターが設置された店舗は、ビックカメラ 有楽町店、ビックロ、ラゾーナ川崎店、名古屋駅西店、なんば店、ヨドバシカメラ 新宿西口本店、マルチメディアAkiba、マルチメディア横浜、マルチメディア川崎ルフロン、マルチメディア梅田の10店舗。

イベントの挨拶にて舛田氏は「リアルなタッチポイントは今後数百規模で展開をしてまいります」と意気込みを見せた。今回はこのLINEモバイルの即日受渡しカウンターイベントおよび店内を紹介していく。

続きを読む

バイオ、SIMフリースマホ「VAIO Phone A」を発表!ハードウェアはVAIO Phone Bizと同じで、OSをAndroid 6.0に変更し、DSDSやVoLTEにも対応ーー価格も2万6784円とお手頃で4月7日に発売


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」が4月7日に発売!

バイオは22日、新たにAndroid搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」を2017年4月7日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場想定価格が24,800円前後(税別)で、発売に先立って3月30日(木)9時から予約受付を開始するとのこと。

昨年4月22日に発売されたWindows 10 Mobile搭載スマホ「VAIO Phone Biz(型番:VPB0511S)」」とハードウェアはまったく同じで、OSをAndroidに変更した製品で、OSの問題で対応できなかった3Gと4Gの「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」やNTTドコモ網における高音質通話サービス「VoLTE」に対応するなどしています。

なお、販売拠点は各量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)のほか、公式Webショップ「VAIOストア」や「ソニーストア」でも販売されます。VAIO Phone Aの発売後もVAIO Phone Bizの販売も継続して行われるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。