S-MAX

SIMフリー

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」がAndroid 9.0 Pieに!

ASUS JAPANは11日、昨年5月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月11日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は単体で無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新ファイルは単体で行う方法なら約1.16GBで、更新は単体で行う場合には「設定」→「システム」→「システムアップデート」より行います。

更新後のビルド番号は「JP_ZS620KL_90.11.162.50_20190326」。ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認可能。対象製品はシャイニーブラック(型番:ZS620KL-BK128S6)およびスペースシルバー(型番:ZS620KL-SL128S6)。案内されている更新内容は以下の通り。

Android 9.0で利用可能となる主な機能
1)「ナビゲーションバー」の画面表示が仕様変更
 画面下のバーのうえで右や上にスワイプ、また長押しをすることで、アプリの履歴やGoogleアシスタントなど、表示するアプリを素早く切り替えられます。
2)「最近使用したアプリ」の画面表示が仕様変更
 画面右下の「マルチタスクボタン」をタップした時の表示仕様も変更になり、左から右へスワイプすると、起動中のアプリの履歴が表示されて、カードの下側にあるボタンで、「アプリ情報」の表示や「マルチウインドウ」にすぐ切り替えることができます。
3)「自動調整バッテリー」機能をサポート
 アプリの使用状況は時間の経過と共に、スマートフォンが学習します。使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池を長持ちさせる機能です。
4)通知がより細かく制御できるように仕様変更
 「設定」から「アプリと通知」を開き、「最近開いたアプリ」の項目からアプリを選択後に「通知」を選択することで、アプリ使用時に表示される通知内容を細かく制御できるようになりました。
5)端末の音量ボタン押下時の画面表示が仕様変更
 音量ボタンを押下後、 音量ボタンのすぐ近くに設定画面が表示されるようになり、端末を持ちながらでも音量の各種設定変更がしやすくなり、音量に関する詳細設定にも素早くアクセスできるようになりました。

※システムアップデート後も、従来のナビゲーション表示がデフォルト設定になります。[設定] -> [ディスプレイ] -> [ナビゲーションバー] -> [ナビゲーションバーのタイプ]から、新規追加されたナビゲーションバーへ変更することができます。


続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2 LE」が4月19日に発売!価格は5万9800円で、4月12日に予約開始


前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2 LE」が登場!

TCL Communication(以下、TCL)の正規代理店であるFOXは9日、TCLがブランド利用のライセンスを結んでいる「BlackBerry」シリーズにおける前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2 LE(型番:BBE-100)」を発売すると発表しています。

発売日は2019年4月19日(金)で、価格は税別55,370円(税込59,800円)。販路は直営店(FOX 阪急メンズ東京)および公式Webストア、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpで、発売に先立ってにて4月12日(金)より予約販売を開始するとのこと。

続きを読む

前面QWERTYキー搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」の限定100台「RED EDITION」が4月12日発売!価格は9万6984円で4月4日に予約開始


QWERTYキーボード搭載スマホ「BlackBerry KEY2」の赤い限定モデルが発売!

TCL Communicationの正規代理店であるFOXは3日、前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」の限定モデル「RED EDITION」を2019年4月12日(金)に発売すると発表しています。価格は公式Webストアにて税別89,800円(税込96,984円)で、4月4日より予約販売を開始しています。

RED EDITIONは現在販売しているBlackBerry KEY2の国内向けモデルのうちの内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)をベースに側面などのフレームが赤くなっており、限定100台で00から99のシリアルナンバーが入った高級レザー専用ケース(LORNA PASSONI製)が特典として付いてきます。

またRED EDITIONも現行モデルと同様に世界で唯一のBand 18に対応した日本国内向け製品となっており、日本国内のNTTドコモおよびau、ソフトバンクとその仮想移動体通信事業者(MVNO)の各回線に対応したSIMカードの利用可能です。

続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 20 lite」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月3日17時より順次提供開始


ファーウェイのSIMフリースマホ「Mate 20 lite」がAndroid 9.0 Pieに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は3日、SIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 lite(型番:SNE-LX2)」(Huawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月3日(水)17時より順次提供開始するとお知らせしています。

同社ではHUAWEI Mate 20 liteにAndroid 9 Pieの先行テスターを実施しており、4月初旬に正式版をリリースする予定だとしていましたが、今回正式版が4月3日より配信されることになりました。約1か月ですべての対象製品にて正式版のソフトウェア更新が可能となる予定。

更新が可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。また更新によって独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 9.0」も導入されます。更新内容は以下の通り。

・Android 9 / EMUI 9.0へのアップデート
・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化


続きを読む

シャープ、高性能な世界最軽量スマホ「AQUOS zero」のSIMフリー版「SH-M10」を発表!4月9日発売で、縦長6.2インチWQHD+有機ELやS845、6GB RAM、防水、FeliCaなど


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS zero SH-M10」が登場!

シャープは3日、昨年10月に発表した同社初の有機ELディスプレイを搭載した世界最軽量なフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」のSIMフリーモデル「AQUOS zero SH-M10」を発表しています。

発売日は2019年4月9日(火)より順次発売され、価格はオープンながら市場想定価格が税抜99,880円(税込107,870円)で、販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所となっています。

すでに各所にて予約受付がはじまっており、ヨドバシカメラでは税込107,870円(14,024ポイント還元の実質93,846円)、ビックカメラでは税込107,870円(10,787ポイント還元の実質97,083円)、Amazon.co.jpでは税込103,850円で販売されています。

MVNOでは楽天モバイルでは新規契約および他社から乗り換え(MNP)における一括払いの税込97,178円または分割払いの税込初回4,051円+4,049円×23回(総額97,178円)、機種変更におけるオンラインなら税込87,461円、店頭なら税込97,178円。

その他、gooSimsellerでは4月26日(金)11時までの期間限定で「OCN モバイル ONE」の音声通話SIMカードとセットによる税込73,224円となっているほか、mineoでも税込103,680円(分割4,320円/月×24回)で取り扱われることが発表されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。