S-MAX

SIMロック解除

総務省、スマホの端末購入補助適正化などにおける新ガイドラインを発表!SIMロック解除期間短縮や解約時原則解除、MVNO向けロック廃止、週末だけの短期間割引の是正など


総務省がスマホなど向け新ガイドラインを発表!

総務省は10日、昨年実施した「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」の取りまとめによる案への意見募集の結果を踏まえ、新たに「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の策定および「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正を行ったとお知らせしています。

これにより、これまでの「SIMロック解除の円滑な実施に関するガイドライン」および「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」が内容を改正されて「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」として統合され、「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」も改正されます。

新ガイドラインでは、SIMロック解除については現在およそ6ヶ月になっているSIMロック解除可能までの期間を分割払いなら100日程度以下に、一括払いなら支払確認ができるまでにし、解約時に原則SIMロック解除を行うこと、仮想移動体通信事業者(MVNO)向けSIMロックの廃止が求められています。

また、割引についてはフィーチャーフォン(3G)からスマホ(4G)への乗り換え時を自社だけでなく他社から乗り換え(MNP)などの事業者間でも同等にすること、週末だけなどの1ヶ月未満の短期限定の臨時割引増額の是正、端末購入者に求める合理的な額の負担明確化などが盛り込まれています。

続きを読む

総務省、スマホの端末購入補助適正化などにおける新ガイドライン案を公表!SIMロックは解除期間の短縮や解約時原則解除、MVNO向けロック廃止――週末だけの短期間割引の是正なども


総務省がスマホなど向け新ガイドライン案を公表!

総務省は18日、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の策定案および「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正案を公開し、施行に向けて2016年11月19日(土)から12月19日(月)まで意見募集をするとお知らせしています。

これはスマートフォン(スマホ)などの携帯電話端末販売における適正化をさらに進めるべく有識者による「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」を実施してきましたことを取りまとめたもの。

同省では今年4月に「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を施行し、各通信事業者に適正化を求めてきましたが、新たに購入補助=割引に加えて、SIMロック解除についてのガイドラインも改正する案となっています。

SIMロック解除については現在およそ6ヶ月になっているSIMロック解除可能までの期間を分割払いなら100日程度以下に、一括払いなら支払いを確認できるまでの期間とし、解約時に原則SIMロック解除を行うこと、仮想移動体通信事業者(MVNO)でも同じ回線を使っている場合にはSIMロックをかけないようにすることが求められています。

また、割引についてはフィーチャーフォン(3G)からスマホ(4G)への乗り換え時を自社だけでなく他社から乗り換え(MNP)などの事業者間でも同等にすること、週末だけなどの1ヶ月未満の短期限定の臨時割引増額の是正、端末購入者に求める合理的な額の負担明確化などが盛り込まれています。

続きを読む

ドコモオンラインショップで買った最新スマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を受取前にSIMロック解除してみた!オンラインなら24時間受付可能で手数料無料【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモ(以下、ドコモ)とauから本日5月19日に発売されるサムスン電子製最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」。今回はドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」のピンクゴールドを公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて購入した。

また、海外に渡航した際にも利用したいと思い、SIMロック解除に対応しているため、今回はまだ手元に届いていないが(上記写真は発表会時のもの)、さっそくSIMロック解除を実施ていてみたので紹介する。

なお、ドコモでは購入後180日(約半年)後の例外として購入した回線契約で前回にSIMロック解除をしてから180日経っていれば購入直後に実施できる仕組みを利用している。

続きを読む

プロジェクター内蔵のSoftBank向け多機能Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」のSIMロックを解除して他社のSIMカードを試してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
プロジェクター搭載の超個性派Androidをソフトバンク以外でも!

SoftBank向けに2015年11月から販売されているプロジェクター搭載という国内向けとしては非常に珍しい特長を持つZTE製Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」(ベースモデルは「Spro2」)。

Softbankを含む各携帯電話会社では2015年5月以降に発売した機種については基本的にSIMロック解除に対応させており、モバイルシアター 502ZTも正式にロック解除対象機種になっています。

そのため、モバイルシアター 502ZTも購入後半年経てば、他のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様にソフトバンクショップ店頭への持ち込みやサポートWebサイト「My SoftBank」でのSIMロック解除を行うことができます。

今回は、そんなモバイルシアター 502ZTのSIMロック解除をさっそく行ってみましたので、合わせてSoftBank以外のSIMカードを試してみました。それらの模様を紹介します。

続きを読む

NTTドコモやau、SoftBankのiPhone 6sやiPhone 6s PlusのSIMロック解除は3月23日以降順次可能に!各社の条件や解除手順をおさらい


もうすぐiPhone 6sシリーズのSIMロック解除が可能に!

データ通信のみで月間500MBまでなら月額0円(ユニバーサル料除く)で利用できる「0 SIM by So-net」の登場など、毎月の利用料が安くなることから仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス、いわゆる「格安SIM」が注目されています。

多くのMVNOがNTTドコモの回線を利用しているため、NTTドコモの機種ならそのまま使えますが、一方、auやSoftBankなどの機種ではそのままでは使えない状況です。

それに対し、auやSoftBankなどの機種でも格安SIMを使えるように「SIMロック解除」が用意され、2015年5月の総務省によるガイドラインの改定によってこれまで対応していなかった「iPhone」や「iPad」シリーズでも利用できるようになりました。

各社のSIMロック解除の条件は例外はありますが、基本的には購入後約半年後から行えるため、2015年9月25日に発売された「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」については早い人なら2016年3月23日(水)から順次解除が可能となります。

そこで今回は、主にiPhone 6sシリーズを対象に各社のSIMロック解除の条件や手順などをまとめておきたいと思います。

続きを読む

海水にも対応したau向けタフネススマホ「TORQUE G02」のSIMロック解除をしてみた!他社のSIMカードでも使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
方法は簡単!タフネスモデル最高峰「TORQUE G02」をau以外でも使う

auから2015年7月に発売された海水にも持ち込めるタフネスモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「TORQUE G02」(京セラ製)。

以前にも紹介しているように2015年5月以降に販売開始された製品は基本的にSIMロック解除に対応しており、TORQUE G02も例外ではありません。今回、auのSIMロック解除の条件である購入後から180日が経過したので、公式にSIMロックの解除が行えるようになりました。

解除方法としては「Galaxy S6 edge SCV31」で実施したように3,000円を支払ってauショップへ持ち込んで解除する場合と、購入時での回線契約中に限りますが、無料でauお客さまサポートから自分で解除手続きを行なう場合の2つの方法があります。

今回は、筆者購入のTORQUE G02をauお客さまサポートから無料でSIMロック解除を実行しましたので、その手順とSIMロック解除後にau以外のSIMカードを装着して使ってみたのでその模様を紹介します。

続きを読む

SIMロック解除したau向けスマホ「Galaxy S6 edge SCV31」でテザリングを試してみた!au系とNTTドコモ系のMVNOでも可能【ハウツー】


SIMロック解除したGalaxy S6 edge SCV31でテザリング!

以前にauから販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge SCV31」の白ロムを購入してSIMロック解除を行ったことを紹介しました。

SIMロック解除したGalaxy S6 edge SCV31ではauのSIMカードはもちろん、au系の仮想移動体通信事業者(MVNO)である「mineo」など、そして、NTTドコモとNTTドコモ系MVNOでも利用できました(ソフトバンク系は試していませんが、恐らくSoftBankやY!mobileの公開されているAPNは利用できると思われますけど未検証)。

ただし、前回使えると言っていたのは主に通話とSMS、そして、通常のデータ通信だけでした。記事にテザリングはできないの?と読者からコメントをいただいたので試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

au向け「Galaxy S6 edge SCV31」の白ロム購入品を店頭でSIMロック解除してみた!mineoなどのVoLTE対応SIMやNTTドコモ系MVNOで利用でき、中古品でも解除できるのは魅力【レビュー】


au向け「Galaxy S6 edge SCV31」を店頭でSIMロック解除!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーから販売されているau向け「Galaxy S6 edge SCV31」が今年5月から施行されている「SIMロック解除に関するガイドライン」の改定に伴い、2015年10月20日からSIMロックの解除に順次対応しています。

その後、さらに「isai vivid LGV32」が11月25日、「HTC J butterfly HTV31」および「AQUOS SERIE SHV32」が12月2日から順次対応しており、続々とau向け機種でもSIMロック解除が可能となってきています。

NTTドコモやSoftBank、Y!mobileでも5月以降は購入後180日以降にSIMロック解除可能となっていますが、auだけの利点としてauから直接購入していない場合についても店頭で手数料を支払うことによってSIMロック解除ができます。

つまり、白ロムと呼ばれる新古品や中古品を買っても対象機種かつ対象期間であればSIMロック解除が行えるわけです。そこで今回は、少し遅くなってしまいましたが、今年4月に購入したGalaxy S6 edge SCV31を店頭でSIMロック解除してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

購入日が早いものやSIMロック解除済みは高騰必死!?SIMロック解除が開始されたau向け「Galaxy S6 edge SCV31」の新品同様な白ロムが4万円台半ばから販売中


shimajiro@mobiler

KDDIおよび沖縄セルラーから販売されているau向け「Galaxy S6 edge SCV31」が今年5月から施行されている「SIMロック解除に関するガイドライン」の改定に伴い、すでに紹介したように本日10月20日からSIMロックの解除に順次対応する。

そんなGalaxy S6 edge SCV31だが中古屋などが販売する白ロムが発売当初に比べてだいぶ値下がりしてきており、例えば、大手Webストア「Amazon.co.jp」では48,000円程度になっている。

続きを読む

本日からauのSIMロック解除が可能に!KDDIおよび沖縄セルラーの製品におけるSIMロック解除のメリットと注意点をまとめてみた


shimajiro@mobiler

KDDIおよび沖縄セルラーが発売した製品は2015年4月23日から販売されているau向け「Galaxy S6 edge SCV31」を含む「2015年夏モデル」以降として発売されたスマートフォン(スマホ)やタブレットのSIMロック解除が順次可能となる。

auではSIMロック解除対応機種であれば購入180日後にSIMロックが解除可能となる。そのため、例えば、発売日が最も早いGalaxy S6 edge SCV31なら発売日に購入した場合には本日10月20日よりSIMロック解除が可能になるというわけだ。

その他の機種も発売日から180日後から順次、SIMロックが可能となる。今回はauのSIMロック解除についてメリットと注意点をまとめてみた。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。