S-MAX

SNS

秋吉 健のArcaic Singularity:若者のSNS離れ……ならぬ「人々のSNS依存」。人はなぜ「いいね!」を欲しがり、そして疲れてしまうのか。SNSの現状とこれからを考える【コラム】


SNSと人々の関わり方について考えてみた!

突然ですが、筆者は自他ともに認める無類のTwitter廃人です。暇さえあれば(時には暇を作ってでも)タイムラインを眺め、気になる記事や話題を見つけては感想をつぶやいたりリツイートをしています。その頻度があまりにも多いため、フォロワーによっては相当迷惑しているだろうと思いつつも、ついついRTアイコンを押してしまうのです。

こんな筆者に限らず、世の中には似たようなソーシャルネットワーク(以下、SNS)依存の人は少なからずいるようです。いや、もしかしたら相当数の人々がSNS依存やインターネット中毒と呼ばれる状況にあるかもしれません。LINEの通知が常に気になる人、Instagramの「いいね!」の数に一喜一憂する人。そういった心理的な現象はなぜ起こるのでしょうか。またそれらは現実世界にどのような影響を与えるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は若者を中心とした人々とSNSとの関わりを中心に、その正しい利用方法やSNS依存からの脱却について考えてみたいと思います。

続きを読む

Twitter、複数のツイートをつなげて投稿できる「スレッド」機能を数週間のうちに提供へ!日本語など以外での280字拡大に続いて、情報量が多い内容への対応を拡充


Twitterが数週間のうちに「スレッド」機能を実装!

Twitter Inc.は12日(現地時間)、同社が提供・運営する短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter(ツイッター)」( https://twitter.com )において複数の投稿(ツイート)をつなげて投稿できる「スレッド」機能を提供すると発表しています。

数週間のうちにiOSおよびAndroid向けアプリ、そしてWeb版へ提供開始するということで、スレッド機能ではツイート作成画面に「+」ボタンを追加することで、スレッドを簡単に作れるようにしたもので、複数のツイートにすべて書き込んでから一斉に公開することができるとのこと。

またすでに公開しているスレッドの「ツイートを追加」をクリックして、新たなツイートを追加することも可能で、さらに「このスレッドを見る」のラベルを加え、すべてのスレッドをまとめて見ることも簡単にしています。

続きを読む

富士通、シニアなど向けSNS「らくらくコミュニティ」のiモード向けサービスを11月下旬に終了へ!iモードでの新規会員登録は7月13日に受付終了


富士通が「らくらくコミュニティ」のiモード向けサービスを終了に!spモードなどでは継続

富士通コネクテッドテクノロジーズは15日、同社製がNTTドコモの「らくらくホン」シリーズなどに提供しているシニア層向けSNS「らくらくコミュニティ」のうちのiモード携帯電話向けについて2017年11月下旬にサービスを終了する予定であるとお知らせしています。

また終了に先立って2017年7月13日(木)にiモード携帯電話向けサイトの新規会員登録の受付終了するとしています。なお、spモード対応のケータイやスマートフォン(スマホ)向けにはサービスを継続するということです。

続きを読む

Twitterが返信時の相手名(@〜)を140字の字数制限にカウントしないように!デフォルトアイコンはたまごから人型へ


Twitterで返信時の相手名が字数制限にカウントされないように!

Twitter(以下、ツイッター)は3月30日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )においてリプライの返信時に@username(アカウント名)といった相手名を140字までの字数制限にカウントしないようにしたとお知らせしています。

すでにAndroidやiOSの最新アプリやWeb版にて利用できるようになっており、リプライの返信時における相手の選択などのやり方が変わっています。Twitterでは140字制限にURLや画像を含めなくするなど、少しずつ緩和してきており、今回の変更でリプライの字数も少し多く投稿できるようになりました。

また同社は3月31日(現地時間)、自分用の画像をアイコンに設定していない場合のデフォルトのアイコンをこれまでのタマゴから人のシルエットに変更したと案内しています。

続きを読む

Twitter、1回のツイートにおける文字数制限を緩和!140字のままながら画像添付や引用リツイートのURL、返信時のアカウント名などがカウント対象外に


Twitterが字数制限を緩和!140字はそのままに画像添付時のURLなどをカウント対象外に

Twitter(以下、ツイッター)は24日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )において1回の投稿(ツイート)で制限されている字数を緩和すると発表しています。

緩和はこれまで通りに1回当たり140字以内であることは変わらないものの、返信ツイート時の宛先のほか、画像・動画添付時や引用リツイート(RT)時のURL(アドレス)などが字数制限のカウント対象外になるほか、自分のツイートをRTや引用RTできるようにするなどの仕様変更を今後数ヶ月に渡って順次行います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。