S-MAX

SO-01J

NTTドコモ向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZ SO-01J」を購入!開封して付属品や本体デザインなどをチェック――Xperia Z5とも比較【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

ソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ」が日本では11月2日にNTTドコモおよびau、SoftBankといった大手携帯電話会社(以下、キャリア)から一斉に発売されました。

これまでは年に2回のペースでフラッグシップモデルが発売されてきた「Xperia」シリーズですが、キャリアの販売方針やソニーのモバイル市場への戦略などによって今夏は新しい「Xperia X」シリーズの上位モデルとして5インチサイズの「Xperia X Performance」が投入されました。

そのため、昨冬モデル「Xperia Z5」の真の後継機種は今回の同じ5.2インチサイズのXperia XZと言えるでしょう。今回、そんなXperia XZのNTTドコモ向け「Xperia XZ SO-01J」を購入したので開封して外観や付属品、さらにXperia Z5 SO-01Hと比較していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、ソニーの新フラッグシップマホ「Xperia XZ SO-01J」を11月2日に発売!気になる価格は本体代8万1648円で実質では2万6568円から


NTTドコモが新旗艦スマホ「Xperia XZ SO-01J」を11月2日に発売!価格も紹介

NTTドコモは27日、今冬から来春にかけて発売する「2016-2017冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年11月2日(水)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、今回、価格も案内されていましたので紹介します。

続きを読む

待望のフラグシップモデル!NTTドコモの最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ SO-01J」を写真と動画で紹介――Xperia X Performanceとも比較【レポート】


NTTドコモから発売される最新スマホ「Xperia XZ SO-01J」を写真と動画でレビュー!

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約・機種変更・契約変更で3万円台後半、MNPで2万円台後半を予定しています。

昨冬まで続いたソニーブランドのフラッグシップスマホ「Xperia Z」シリーズでは「Xpreia Z5」のように5.2インチサイズが中心でしたが、今夏に発売された新しい「Xperia X」シリーズの上位機種「Xperia X Performance」は5インチサイズとなっていました。

そういった中で今回、真にXperia Z5を継ぐ5.2インチサイズのフラッグシップスマホ「Xperia XZ」が今年9月に海外で発表され、日本でもこのNTTドコモ向けXperia XZ SO-01Jに加え、au向けおよびSoftBank向けが同時期の11月上旬に発売されます。

今回は発表会場のタッチ&トライコーナーにて試作機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。なお、詳細な仕様や性能などはこちらの記事を御覧ください。

続きを読む

NTTドコモ、最新エクスペリアスマホ「Xperia XZ SO-01J」を発表!256QAMや3CC CAで下り最大500Mbpsに対応――FeliCaやワンセグ、フルセグなども


NTTドコモが新スマホ「Xperia XZ SO-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約・機種変更・契約変更で3万円台後半、MNPで2万円台後半を予定。

Xperia XZ SO-01Jは今年9月に発表されたグローバル市場向け「Xperia XZ」のNTTドコモ版で、今夏モデル「Xperia X Performance SO-04H」に続くソニーブランドのハイエンドスマホです。

Xperia X Performance SO-04Hでは画面サイズが5.0インチでしたが、Xperia XZ SO-01Jではそれまでの昨年冬モデル「Xperia Z5 SO-01H」と同じ5.2インチとなり、実際にはXperia Z5 SO-01Hの後継機種といったほうが良いでしょう。

Xperia XZは日本国内で販売することが案内されていましたが、すでに発表されているSoftBank向け「Xperia XZ 601SO」や昨日のau版「Xperia XZ SOV34」に続いて、NTTドコモからも発売されます。

なお、海外向けにはXperia XZと同時に4.7インチの小型モデル「Xperia X Compact」も発表されていたものの、SoftBankやauからは発表されませんでしたが、NTTドコモからは防水・防塵に対応して「Xperia X Compact SO-02J」として同時に発表されました。

Xperia XZ SO-01Jは、新たにXperia X Perfomanceからさらにカメラ機能が強化され、色を識別するための「RGBC-IRセンサー」を搭載し、光源環境を正確に測定することよって撮影した写真の色再現性を高めているほか、動画撮影の手ぶれ補正も従来までの3軸からスマホでははじめて5軸に向上しています。

一方、Xperia Z3やXperia Z4、Xperia Z5からはデザインが新たにつぎ目のない「Unified Design」および持ったときのフィット感をより強くするために側面に丸みを持たせて断面が上下左右対称のループのように見える「Loop Surface」を導入し、2.5D強化ガラス「Gorilla Glass」(Corning製)と神戸製鋼のアルミニウム純度・輝度が高い金属素材「アルカレイド」を採用し、より強靭かつ持ちやすくなっています。

なお、NTTドコモ版は海外版との違いは背面中央の「SONY」ロゴが「docomo」ロゴに変わっており、背面右上に型番「SO-01J」が記載されているほか、SoftBank版やau版と同じく日本市場向けのおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグに対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。