S-MAX

SO-03K

NTTドコモが国内最速の下り最大988Mbpsや5波CA、上り最大75Mbpsを5月18日より提供!Xperia XZ2 Premium・XZ2やGalaxy S9・S9+、AQUOS R2、HUAWEI P20 Proなどが対応


docomoが国内最速の下り最大988Mbpsをスタート!CA組み合わせも紹介

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新たに「2018年夏モデル」として10機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と1機種のAndroidタブレットなどを発表しました。

またこれらの2018年夏モデルのうちの最も早く投入される「Galaxy S9 SC-02K」および「Galaxy S9+ SC-03K」の発売に合わせて2018年5月18日(金)より高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において国内最速となる下り最大988Mbpsを提供します。

対応機種はGalaxy S9 SC-02KおよびGalaxy S9+ SC-03Kのほか、「Xperia XZ2 Premium SO-04K」および「Xperia XZ2 SO-03K」、「AQUOS R2 SH-03K」、「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の6機種で、256QAMと4x4 MIMO、3つの周波数帯を束ねたキャリアアグリゲーション(3CA)によって実現します。

サービス開始当初の提供エリアは東名阪の主要駅や東京ディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオなど。また同社では初の5波のCA(5CA)も対応し、東名阪では下り最大794Mbps、全国では下り最大744Mbpsに対応。対応機種は同じ6機種。また64QAMを導入して高速化する上り最大75Mbpsについても上記6機種に「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を加えた7機種が対応。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SO-03K」を発表!縦長な5.7インチFHD+液晶を搭載し、デザインを刷新。5月下旬発売で、価格は本体代9万4608円、実質3万2400円から


docomo向けにソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」が登場!

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、アスペクト比9:18の縦長な約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 SO-03K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2018年5月下旬を予定し、すでに本日5月16日12時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は本体代が94,608円、実質負担額が新規契約および機種変更で47,952円、他社から乗り換え(MNP)で32,400円。

続きを読む

Sony Mobile、5.7インチ「Xperia XZ2」と5.0インチ「Xperia XZ2 Compact」のフラッグシップスマホ2機種を発表!デザインを刷新し、縦長ほぼ全画面に。S845や4GB RAMなどを搭載


ソニーブランドのフラッグシップスマホ「Xperia XZ2・XZ2 Compact」が発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.7インチの「Xperia XZ2」および5.0インチの「Xperia XZ2 Compact」、ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」などを発表しています。

Xperia XZ2・XZ2 Compactは同社初の縦長画面を採用した“ほぼ全画面デザイン”を採用し、デザインを刷新して美しい曲線による丸みのある外観となりました。ともに解像度がフルHD+(1080×2160ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ」を採用し、前面と背面の両方を3Dラウンドガラスを用いています。またスペックも共通でQualcomm製の最新ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」や4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)を搭載し、引き続いて960fpsのスローモーション撮影に対応した「Motion Eyeカメラ」や防水・防塵などの特徴を備えています。

なお、Xperia XZ2およびXpeira XZ2 Compactはともに日本を含めた各市場で発売する予定で、海外ではXperia XZ2およびXperia XZ2 Compactともに3月以降に順次発売され、価格はフィンランドではXperia XZ2が799ユーロ(約105,000円)から、Xperia XZ2 Compactが599ユーロ(約79,000円)からとなっており、日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでも「Xperia」シリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

ソニーの次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」の画像がリーク!縦長5.7インチFHD+画面のほぼ全画面デザインに、5インチの小型モデル「Xperia XZ2 Compact」も


ソニーブランドの次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」の画像がリーク!?

さまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )は23日(現地時間)、海外メディア「VentureBeat(VB)」にてソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2」(仮称)のプレスリリース用画像をリークする記事を公開しています。

ソニーモバイルではスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせて現地時間(CET)の2018年2月26日(月)8時30分からプレスイベントを開催し、Xperia XZ2シリーズを発表予定。

公式発表のティザー画像では手のひらと曲線が描かれたイメージが公開されており、デザインが刷新されると見られており、公開されたリーク画像は確かにこれまでの「Xperia」シリーズよりは丸みのある印象で、どちらかというと「HTC U11」シリーズのようなデザインの見受けられます。

また同氏は小型モデル「Xperia XZ2 Compact」(仮称)もラインナップされているとし、ともにソニーモバイルでは初のアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用し、Xperia XZ2が約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)ディスプレイ、Xperia XZ2 Compactが約5.0インチフルHD+ディスプレイを搭載し、新たに指紋センサーは右側面から背面に移動していると紹介しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。