S-MAX

SO-04K

NTTドコモ、Xperia XZ2 SO-03KおよびXperia XZ2 Premium SO-04K、Xperia XZ2 Compact SO-05KにAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けXperia XZ2・XZ2 Premium・XZ2 CompactがAndroid 9 Pieに!

NTTドコモは8日、昨夏に発売した「2018年夏モデル」のうちのSonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 SO-03K」および「Xperia XZ2 Premium SO-04K」、「Xperia XZ2 Compact SO-05K」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2019年1月8日(火)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法およびパソコン(PC)に接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間はスマホ本体のみで行う方法なら各機種で約26分、パソコンに接続する方法ならXperia XZ2 SO-03KおよびXperia XZ2 Premium SO-04Kで約27分、Xperia XZ2 Compact SO-05Kで約28分。

ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

○主なアップデート内容
1)自動調整バッテリー
 自動調整バッテリーを設定すると、使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池が長持ちします。アプリの使用状況は時間の経過とともに、スマートフォンが学習します。
2)ワンタッチ固定
 縦画面に固定中、横画面の表示に変更したいシーンはありませんか?画面に表示されるボタンをタップすることで、ワンタッチで横画面に固定することができます。
 ※本機能に対応したアプリを利用する必要があります。
3)カメラアプリのUI刷新
 シンプルで使いやすいUIに刷新。基本画面では「撮影(フォト)」と「録画(ビデオ)」の撮影の切替のみに単純化し、スーパースローなどの多彩な撮影機能は「モード」ボタンに集約しました。HDR動画撮影のUIもわかりやすくなります。さらに静止画縦横比1:1の撮影モードにも対応します。
 ・シンプルで使いやすいUIに刷新
 ・HDRのUI改善
 ・縦横比1:1の撮影モードに対応
4)3Dクリエーター
 作成した3Dモデルに表情をつけて遊ぶことができるようになります。
5)アルバムアプリの進化
 アルバムアプリのヘッダースライドショーの設定ができるようになります。

○改善される事象
6)音楽データのアーティスト名が正しく表示されない場合がある。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年11月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

NTTドコモ、最新プレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium SO-04K」を7月27日に発売!5.8型4K HDR液晶やデュアルカメラ、S845、6GB RAMなど。本体価格11万2752円の実質5万544円から


docomo向けにソニーの最新最上級スマホ「Xperia XZ2 Premium」が7月27日発売!

NTTドコモは23日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちの約5.8インチ4K HDR(2160×3840ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Premium SO-04K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2018年7月27日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は本体代が112,752円、実質負担額が新規契約および機種変更で67,392円、他社から乗り換え(MNP)で50,544円となっています。

なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って7月25日(水)10時より購入手続きを開始するとのことで、ドコモオンラインショップ限定でXperia XZ2 Premium SO-04Kを8月31日(金)までに購入した人の中から先着1万人に「ソニーストア」で使える5000円分の商品券がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

続きを読む

ソニーの最新プレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium」を徹底解説!スマホでは世界初の4K HDR撮影や超高感度撮影を可能とした「Motion Eye Dual」技術に迫る【レポート】



ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)は19日、各通信キャリアより8月中の発売が予定されている新型Androidスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Premium」のカメラ機能に関する技術説明会を報道関係者向けに開催しました。

Xperia XZ2 Premiumは同社のスマホシリーズの中でもフラッグシップにあたるハイエンドモデルで、NTTドコモ向け「Xperia XZ2 Premium SO-04K」とau向け「Xperia XZ2 Premium SOV38」の発売が予定されており、発売時期はNTTドコモが今夏、auが8月中旬以降と案内しています。

本機の背面にはカメラユニットを2つ搭載した「Motion Eye Dual」と名付けられたデュアルカメラ仕様となっていますが、この2つのカメラユニットの役割や構成には画質向上のための大きな理由があります。技術解説にて語られた内容を写真とともにご紹介します。

続きを読む

初のデュアルカメラ搭載!4K HDRの撮影と視聴が可能なソニーのプレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium」のカメラをテストしてみた【レビュー】


SONYのプレミアムスマホ「Xperia XZ2 Premium」のカメラ機能をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が今夏に投入する約5.8インチ4K HDRディスプレイを搭載するAndroidスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Premium」。日本ではNTTドコモから「Xperia XZ2 Premium SO-04K」、auから「Xperia XZ2 Premium SOV38」として8月中旬以降に発売予定だ。

Xperia XZ2 Premiumの製品の特徴は4K HDRのコンテンツ視聴と4K HDRの動画撮影が可能であることに加え、ソニーモバイルの「Xperia」シリーズとして初のデュアルカメラ仕様となり、背面にカラーセンサーとモノクロセンサー2つのカメラを搭載して暗所での撮影が強化されている点にある。

今回は発売が近づいてきたこともあり、ソニーモバイルよりXperia XZ2 Premiumの試作機を試す機会を得たので、新しいカメラ機能について実際に撮影した写真や動画を含めて紹介したいと思う。なお、これまでに「HUAWEI P20 Pro」や「Galaxy S9+」、「iPhone X」などのXperia XZ2 Premiumを含めた注目7機種のカメラ比較も行っているので是非合わせてご覧いただきたい。

続きを読む

NTTドコモの「2018夏モデル」のデュアル&トリプルカメラは何が違う?Xperia XZ2 PremiumやGalaxy S9+、AQUOS R2、P20 Pro、dtab Compactの異なる機能を紹介【レポート】


多眼カメラは各機種で組み合わせが違う!?docomoの2018年夏モデルの特徴をまとめ

既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売する「2018年夏モデル」として新たに全11機種のスマートフォン(スマホ)とタブレットを発表した。すでに発売日が最も早い「Galaxy S9 SC-02K」と「Galaxy S9+ SC-03K」は販売開始されており、法人向け「TOUGHBOOK P-01K」とタブレット「dtab Compact d-02K」以外の9機種についても公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施している。

新しく発表された11機種のうち、およそ半分にあたる5機種が背面のリアカメラにデュアルもしくはトリプルカメラといった多眼カメラを搭載している。すでに標準仕様に近くなってきた多眼カメラだが、実はメーカーや機種によってカメラのセンサーやレンズの構成が異なり、できることが機種によって違うのだ。

そこで今回は、NTTドコモの2018年夏モデルにおけるデュアルもしくはトリプルカメラの性能の違いに迫ってみる。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。