S-MAX

SONY

SonyがCES 2018に合わせて日本時間1月9日10時からプレスカンファレンスを開催!ライブ中継も実施し、スマホ「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia L2」などを発表か


ソニーが現地時間1月8日17時よりプレスカンファレンスを実施!

Sonyは5日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2018年1月9日(火)から12日(金)まで開催される世界最大級のIT・家電関連展示会「CES 2018」に合わせて2018年1月8日(月)17時(PST)からプレスカンファレンスを開催するとお知らせしています。

プレスカンファレンスを同社の公式Webサイト内の特設ページにてライブ中継するとのこと。日本時間(JST)では1月9日10時からで、特設ページではカウントダウンも行われています。場所はLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)のセントラルホール内のソニーブース(No.17300)。

モバイル関連は2月に開催される「Mobile World Congress」があるため、ここ最近は少なめですが、今年は「Xperia」シリーズのうちの「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia L2」(ともに仮称)といったミッドレンジモデルが発表されると見られています。

続きを読む

ソニーモバイル、nuroモバイル向けスマホ「Xperia XZ Premium」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!Jアラートなどの緊急速報メールにも対応


nuroモバイルのプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium G8188」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソニーモバイルコミュニケーションズは27日、ソニーネットワークコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )から販売されているプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium(型番:G8188)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年12月26日(火)15時より順次提供開始したとお知らせしています。

アップデート後のビルド番号は「47.1.E.4.13」。主な変更点は以下の通り。その他、詳細な変更点は「nuroモバイル XperiaのAndroid 8.0対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト」にて確認できます。

・Android 8.0対応OSバージョンアップ(主な新機能はこちら)
・Jアラートからの配信を含む緊急速報メールに対応、他


続きを読む

【年末企画】今年のベストバイに推すガジェットはカメラ!圧倒的な撮影性能を宿したソニーの「サイバーショット DSC-RX10M4」を徹底解説(フリーランスライター・秋吉編)


筆者が選ぶマイベスト・オブ・ザ・ガジェット2017はこれだ!

みなさんこんにちは。今年物凄く中途半端なタイミングで唐突に執筆者名をこれまでのハンドルネーム「あるかでぃあ」から本名に切り替えた秋吉です。本名にした最大の理由は「なんとなく」なんですが。

そんな「なんとなく」毎日を生きている筆者ですが、振り返れば今年はあまりモバイル機器を購入することもなく、そんなんでモバイル系ライター名乗れんの?とダメ出しされそうな1年でした。

正直購入したものといえばスマートフォン(スマホ)では「iPhone 8」くらいしか思い出せません。あ、スマートスピーカー「Google Home Mini」も買いましたが、まだ箱も開けてません。やる気なしライターで本当にすみません。

そんな筆者ですが、今年は最後の最後に10年分くらい感動するモバイル機器を1つ購入しておりました(昨年もAirPodsの記事で10年来の衝撃だったとか書いたような気もしますが気にしないでください)。それがソニーのデジタルスチルカメラ「サイバーショット DSC-RX10M4」(以下、RX10M4)です。

本媒体でもいつレビューを書こうかとネタだけ温めていたのですが、今年のマイベスト・オブ・ザ・ガジェットとして紹介するのが適しているだろうと考えた次第です。

続きを読む

nuroモバイルの「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を徹底レビュー!通勤・通学ラッシュなど混雑時間帯の通信速度は?都内の超過密スポットでMVNOの限界に挑む【レポート】


nuroモバイルの「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を徹底検証!

ソニーネットワークコミュニケーションズがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )。いわゆる「格安SIM」の1つですが、ソニーグループを活かしてようやく11月28日よりソニーブランドのプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」の取り扱いを開始しました。

またこれと同時に同端末専用の通信回線オプション「Xperia限定プレミアム帯域オプション」の取り扱いも開始。一般的な通信契約では1つの帯域を複数のユーザーでシェアして利用しますが、Xperia限定プレミアム帯域オプションではユーザー専用の通信帯域が割り当てられ、混雑時でも快適な高速通信が利用できるというものです。

その仕組み上料金は高めとなり、オプション料金として別途月額2,000円が必要となりますが、それだけの価値は十分にあるというのが同社の見解です。基本料金自体は安く済むnuroモバイルなので、月額2,000円を上乗せしてもきちんと速度が出るのであれば、NTTドコモなどの移動体通信事業者(MNO)と比べても魅力があるとなる算段です。

そこで今回は、nuroモバイルのXperia XZ PremiumとXperia限定プレミアム帯域オプションにて、本当に通信速度は快適なレベルで利用できるのか、また月額2,000円の価値があるのかについて検証してみました。

続きを読む

ディスプレイが追加されたソニーのバンド型ウェアラブル「wena wrist」新製品を写真と動画で紹介!これこそスマートウォッチの完成形!?【レポート】


自分の好きな時計と組み合わせができるスマートウォッチの完成形!?wena wristの新製品をチェック

既報通り、ソニーは7日、都内にて「wena wrist新商品説明会」を開催し、質感と高級感にこだわった「wena wrist pro」とスポーティーなデザインの「wena wrist active」を発売すると発表した。

wena wristは、既存のスマートウォッチとは異なり、センサーや通信モジュールを組み込んだ腕時計のバンド部分を、wena wristのヘッド部や既存のバンドが交換できる腕時計の時計部分などに取り付け可能なウェアラブル製品だ。

メタルバンドのwena wrist proは、12月21日発売。価格はオープンながら市場推定価格はシルバーが35,000円(価格はすべて税抜)、ブラックが37,000円。なお、予約数が多いため、一時的な品薄となっているようだ。また、スポーツバンド仕様のwena wrist activeは2018年3月上旬発売予定で、市場推定価格は30,000円。

さらにwena wristシリーズ初の機械式およびソーラー式のヘッド部を同じく12月21日に発売する。機械式の「Mechanical head」の市場推定価格は、シルバーおよびホワイトが54,000円、ブラックが55,000円、ソーラー式の「Three Hands solar head」の市場推定価格は、シルバーが33,000円、ブラックが34,000円、同じくソーラー式の「Chronograph solar head」のシルバーが43,000円、ブラックが44,000円。

そんなスマートウォッチを腕時計として見た場合に既存の腕時計の良さとスマートウォッチの機能を融合したwena wristの新製品について、今回は発表会で紹介された新しい機能を含めて写真や動画を交えて紹介していく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。