S-MAX

Simeji

TCL、前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」を発表!日本でも今夏に発売予定。S660や6GB RAM、デュアルカメラなどを搭載し、日本語入力は新たに「Simeji」に


前面QWERTYキーボード搭載の最新スマホ「BlackBerry KEY2」が発表!

TCL Communicationは7日(現地時間)、同社がブランド利用のライセンスを結んでいる「BlackBerry」において新製品発表会「AN ICON REBORN」をアメリカ・ニューヨークにて開催し、新たに前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を発表しています。

発売時期は1次販売国・地域となるアメリカやカナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、UAEでは6月より、その他の国・地域では7月以降になるとし、価格はアメリカでは649ドル(約71,000円)から、ドイツ・フランスでは649ユーロ(約87,000円)から、イギリスでは579ポンド(約85,000円)からなど。

日本においてもすでにBlackBerryの正規代理店であるFOXより今夏にSIMフリー製品として発売することが案内されており、価格は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円(税別)、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円(税別)となっています。

続きを読む

iPhoneやiPadなどでも快適な日本語入力が可能に!最新「iOS 8」で文字入力アプリを変更する方法を紹介ーーSimejiやmazecが配信開始【ハウツー】


iPhoneやiPadなどをiOS 8にして日本語入力アプリを変更しよう!

いよいよ配信が開始されたiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 8」。既存機種でもiPhone 4S以降およびiPad 2以降、第5世代iPod touch以降で無料でアップデートできます。

iOS 8の注目機能のひとつはこれまで購入時から利用できるiOS標準の文字入力アプリしか利用できませんでしたが、新たにサートパーティー製の文字入力アプリを追加して、文字入力アプリを変更できるようになった点でしょう。

特に日本語入力は複雑な変換を伴うため、標準の文字入力アプリでは入力しづらかったので、日本語を利用する人にとっては非常に嬉しいアップデートとなっています。

すでにiOS 8に対応した日本語入力アプリもリリースされていますので、今回はまずiOS 8における文字入力アプリの変更方法について紹介したいと思います。

続きを読む

バイドゥ、Android向け日本語入力アプリ「Simeji」を6.0にバージョンアップ!スライドUIなど導入でより直感的で操作しやすく


Simejiがver.6.0に!

Baidu.jp(バイドゥ)は9日、Android向けの日本語入力アプリ「Simeji(シメジ)」をメジャーバージョンアップしたことを発表しています。最新バージョンは6.0。利用料は無料で、すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」からダウンロード・インストールすることができます。

今回のバージョンアップは、日本語だけでなく、顔文字やスタンプなどあらゆる情報により高度な入力を効率良く行えることを目的とした「スライドUI」などのユーザーインターフェース(UI)や機能を盛り込んでいるとのこと。

続きを読む

中国検索大手バイドゥがAndroid向け日本語入力システム「Simeji」を取得!取得額は数億円か

acc01c1e.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

中国検索大手のバイドゥ(百度)は、13日、Android向け日本語入力システム「Simeji」に関する事業の全権を取得したと発表しました。

Simejiは、人気のフリーのAndroid向け日本語入力アプリで、Mushroom(マッシュルーム)というプラグインシステムやSkin(スキン)というキーボードをデコレーションできる機能を独自に開発して搭載しています。Androidの黎明期から提供されており、ダウンロード数は数百万にのぼります。

今後は、バイドゥのクラウド入力システムを取り込み変換精度を高めるなど、さらに高品質な日本語入力システムの提供をめざすということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。